Saving page now... https://www.nikkei.com/business/ As it appears live September 26, 2020 11:52:14 AM UTC
生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。
有機ELの新星、深圳のロヨル 生産を3倍に
家電や衣類など様々な製品で曲がるパネルの採用を目指す(ロヨルのショールーム)

有機ELの新星、深圳のロヨル生産を3倍に

中国の広東省深圳市を代表するスタートアップで、有機ELパネルを手掛ける柔宇科技(ロヨル)が投資攻勢に出ている。パネルの曲がる特性を生かし、折り畳み可能なスマートフォンなど需要の開拓を進めてきた。2021年からパネル工場を増築する計画で、安定した供給先の確保が課題だ。 広東省深圳市の郊外、約10万平方メートルもの敷地にあるロヨルの工場は、生産ラインの周辺に従業員がほとんど見当たらず、多くを機械が自…

小宮一慶「良い会社には、良いお客さまが続く」

第3回で社長にはやらないといけない仕事が3つあり、限られた時間を機会追求にどれだけ充てられるかが重要ということをお伝えしました。ここでは会社の良しあしを決める「お客さまとの向き合い方」について、私の考えをお話しします。 私は経営コンサルタントをもう長くやっていまして、クライアントが抱えるお客さまを見ていますと、クライアント自身のことが大体分かるんですね。やはり良い会社には良いお客さまが続いている…

テナント1140店純減 モールに迫る空洞化の足音

大型商業施設の「空洞化」懸念が出ている。日本経済新聞は商業施設データを分析するリゾーム(岡山市)の協力を得て、全国約2800カ所の商業施設の1~6月のテナントの出退店データをまとめた。アパレルや外食を中心に、期間中に1140店のテナントが純減。施設の飽和感に加えて、ネット通販に押されるなど競争環境は厳しさを増す。さらに新型コロナウイルスによる集客力の落ち込みが追い打ちをかけた。巨大施設の存在意義…

北京自動車ショー開幕 EVなど780台、コロナ下で最大

【北京=多部田俊輔】世界最大級の自動車展示会、北京国際自動車ショーが26日、開幕した。新型コロナウイルスの感染拡大で米デトロイトのショーなどが相次ぎ中止となるなか、感染拡大後に世界で開かれる最大の自動車ショーとなる。電気自動車(EV)を中心に約780台を展示する。 日米欧の新車販売が低迷するなか、トヨタ自動車など世界大手は感染封じ込めでいち早く立ち直った中国市場に商機を求めて出展する。中国メディ…

農業を襲う巨大台風、「甚大な被害」の先の一手

巨大な自然災害が毎年のように農業を脅かしている。記憶に新しいのが、2019年9月に千葉県を直撃した台風15号だ。穂が豊かに実った稲を記録的な強風がなぎ倒し、ハウスを倒壊させ、トマトを支柱ごと倒した。同年10月の台風19号も大きな被害をもたらした。 全国農業協同組合連合会の千葉県本部(JA全農ちば)によると、JAグループが再建を受注したハウスのうち、7割強はすでに工事が完了した。ただそれ以外に、再…

ビジネスセクションの活用術

■「ビジネス」の一押し 「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や、企業の隠れた思惑を掘り起こすコラムです。担当記者が独自取材した知られざるエピソードや、新たな事実を示すデータをもとに、ニュースの核心を突きます。 ■「ビジネス」コラム…

葉物の新王者はコマツナ? 安定価格でホウレンソウより勢い

見た目が似ている葉物野菜のホウレンソウとコマツナ。需要の勢いの明暗がわかれている。近年スーパーで葉物野菜が多様になるなか、長年の代表格であるホウレンソウは押され気味な一方、コマツナは注目度を高めている。直近の卸値もコマツナが安定しているようだ。勢いの差は何か。 ■ホウレンソウ、出荷量は半減 9月上旬、都内を中心に店舗を展開する食品スーパー、いなげやの練馬上石神井南店(東京・練馬)を訪ねた。コマツナ…

生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり