Saving page now... https://www.nikkei.com/international/economist/ As it appears live September 24, 2020 6:23:06 PM UTC

The Economist
フォローする

9月22日

中国では、川のゴミを拾うボランティア活動も最近は増えているという(写真は重慶の長江にたまったゴミ)=ロイター
ロイター

「環境保護を強める中国」の実態(The Economist)

0:00

「中国人は公共心があるならもっとゴミへの意識を高めるべきだ」――。出版社を勤め上げて引退した上海出身のチェン・ユー氏は、あ…続き

9月15日

ドイツのメルケル首相(中央)とロシアのプーチン大統領は長期にわたり首脳同士の関係を続けてきた(2019年12月、パリ)=ロイター
ロイター

独首相、プーチン氏に我慢の限界(The Economist)

0:00

ロシアのプーチン大統領と政府関係者は、反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の名前を公の場で口にすることを拒んでいる。同氏…続き

9月8日

今年11月の米大統領選挙は、結果が判明するまでに時間がかかる可能性が高く、接戦となれば米民主主義そのものが重大な危機に陥るリスクがあるという=ロイター
ロイター

米大統領選、波乱は不可避(The Economist)

0:00

米国では9月の第1月曜日(今年は7日)のレーバーデー(労働者の日)を境に、大統領選は終盤に入る。しかし、今年は不穏な雰囲気…続き

9月1日

中国では地方での医師不足が深刻で、大都市の病院では長時間待たされることも珍しくない=ロイター
ロイター

低待遇が招く中国の医師不足(The Economist)

0:00

中国語は簡潔で皮肉の効いた言い回しに富んでおり、その多くは普遍的な真理をついている。一方で、中国独特の世界観にあふれる格言…続き

8月30日

FRB、ECB、日銀がバランスシートを急拡大させる一方で、着実にバランスシートの縮小を進める中国人民銀行=ロイター
ロイター

ほかの中銀と真逆に進む中国人民銀行(The Economist)

8:40

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、「正常(ノーマル)」な金融政策を実施したいと言うのが口癖だ。易綱氏の言う「正常」とは、…続き

8月25日

中国政府は新疆ウイグル自治区のウイグル族に縫製などの強制労働を強いているとされる。写真は同自治区カシュガル地区の訓練学校で縫製を学ぶウイグル族の女性たち=ロイター
ロイター

その服、「ウイグル製」ですか(The Economist)

0:00

中国の新疆生産建設兵団(XPCC、通称『兵団』)ほど、英国の小説家ジョージ・オーウェルが「1984年」で描いた「監視管理体…続き

8月18日

中国は国家資本主義をより洗練されたものへと進化させつつある=新華社・AP
新華社・AP

「シーノミクス」は封じられない(The Economist)

0:00

米国の中国に対する強硬姿勢は危険なまでにエスカレートしている。トランプ米大統領は6日、中国の動画投稿アプリ「TikTok(…続き

8月11日

中国は今年4~6月期のGDPが前年同期比3.2%増となり堅調な回復をみせるが…。写真は、江蘇省連雲港から輸出する鉄鋼=ロイター
ロイター

新興国経済不安を正しく恐れよ(The Economist)

0:00

倦怠(けんたい)感や息切れ、様々な神経症状、傷だらけの肺――。新型コロナウイルス感染拡大の初期段階に罹患(りかん)し、何と…続き

8月4日

グーグルは創業時の機敏性や革新性をどう維持していけるのか、岐路に立たされている=ロイター
ロイター

グーグル「中年の危機」克服なるか(The Economist)

0:00

米グーグルは誕生から21年しかたたないが、今「中年の危機」に直面している。そういう状況に陥った人間にありがちなように、表面…続き

7月28日

「ティックトック」の成功で中国のバイトダンスは未上場スタートアップとしては評価額世界一を誇るが…=ロイター
ロイター

さまよえるティックトック(The Economist)

0:00

世界で最も価値あるスタートアップ、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)の評価額がセカンダリー(流通市場)で5月、春の資金…続き

7月21日

中国通信機器最大手、ファーウェイの英国拠点。英政府は5G通信網から同社機器を排除することを決めた=ロイター
ロイター

中国株式会社と付き合うには(The Economist)

0:00

今から19年前、無名の中国企業がドイツのフランクフルト郊外と英国のベッドタウンに欧州初の営業所を開設し、通信ネットワーク構…続き

7月14日

米中のハードウエアを巡る技術の分断は、世界のハイテク各社に膨大なコスト負担を強いることになる=ロイター
ロイター

米中、ハイテク分断の代償(The Economist)

0:00

世界のテクノロジー業界は、米国と中国の対立により痛みを伴う分裂に見舞われる――。ここ数年、こうした予測が数え切れないほど立…続き

7月7日

インドのモディ首相は中印両軍の衝突で死者を出した国境係争地域のラダック地方を電撃訪問し、兵士らを前にスピーチした=インド政府報道局提供・AP
インド政府報道局提供・AP

インド、及び腰の対中報復(The Economist)

0:00

「我々は、行動を起こしたいと思えば警告なく思いのままに行動を起こすことを、中国は思い知るだろう」。インドの愛国主義的な民間…続き

6月30日

6月20日の選挙集会でトランプ氏は中国共産党を酷評したが、ボルトン氏はトランプ氏の対中政策は弱腰だと批判する=ロイター
ロイター

トランプ氏の対中批判は本物か(The Economist)

0:00

トランプ米大統領は6月20日と23日に開いた選挙集会で、中国共産党を激しく批判した。新型コロナウイルス感染症のことを3回も…続き

6月23日

アマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏は新型コロナウイルス危機を受けて本業強化に力をいれるが、解決すべき難題に直面している=AP
AP

アマゾンはどこまで強いのか(The Economist)

0:00

1995年夏、やせてこだわりの強いジェフ・ベゾス氏は、地下の一室で妻とペーパーバックの本を箱詰めしていた。その彼は25年後…続き

6月16日

ドイツ、財政規律緩和の伏線(The Economist)

0:00

毎週木曜午後5時になると、ドイツの著名経済学者三十数人が髪を整え、喉をすっきりさせてズームを立ち上げ、独連邦財務省のビデオ…続き

6月9日

週末に米ホワイトハウス近くで行われたデモには黒人男性が警察官に窒息死させられたことに抗議する大勢の人々が参加した=AP
AP

ニクソン氏に及ばぬトランプ氏(The Economist)

0:00

米国全土に抗議活動や暴動が広がる現在の状況を1968年の騒乱と重ね合わせる人は多い。この年、公民権運動の指導者マーチン・ル…続き

6月2日

EUの競争法を担当してきたベステアー上級副委員長(左)と、加盟各国の競争条件を同じにすべく5月27日に7500億ユーロの基金創設を発表したフォンデアライエン欧州委員長=ロイター
ロイター

EUから競争が消える時(The Economist)

0:00

欧州連合(EU)は、加盟国に自国の産業や企業への補助金の提供を禁じている。加盟国がそのルールの適用例外を求める場合、欧州委…続き

5月26日

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため世界中で航空便の運航停止が相次ぎ、今年の温暖化ガス排出量は減少するが、「パリ協定」の目標達成には遠く及ばない=ロイター
ロイター

コロナ、脱炭素推進の好機に(The Economist)

0:00

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の動向を注視していると、早送りボタンを押し続けながら気候危機の行方を見てい…続き

5月19日

新型コロナで在宅勤務が浸透してきたこともあり、もはやシリコンバレーのオフィスにこだわる必要がないという考え方が広がりつつあるという=ロイター
ロイター

コロナ後のシリコンバレー(The Economist)

0:00

誰かを解雇するのはどんな状況でもつらい。だが、それをビデオ会議で告げるのは酷だ。「解雇を伝えるのに、(相手が)在宅で背後に…続き

52件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

COMPANIES TO WATCH