Saving page now... https://www.nikkei.com/society/ As it appears live September 26, 2020 12:51:13 PM UTC
南相馬の女性ファーマー、2年目の秋 古里復興我が手で

南相馬の女性ファーマー、2年目の秋古里復興我が手で

強烈な残暑が肌を刺す9月上旬、福島県南相馬市の農業法人「紅梅夢ファーム」社員、鈴木ふみかさん(20)はさっそうとトラクターに乗り込み、田んぼの雑草をカッターで大胆に刈り込んだ。「少しずつでいい、昔の古里に戻せたら」 東京電力福島第1原子力発電所事故で大きな被害を受けた南相馬市。担い手が激減した地域農業の灯を絶やすまいと、紅梅夢ファームは同市小高区でICT(情報通信技術)を使ったスマート農業に取り…

御嶽山噴火6年前に遺族ら登山 コロナで慰霊祭中止に

58人が死亡、5人が行方不明となった2014年の御嶽山(長野、岐阜両県、3067メートル)の噴火から27日で6年となるのを前に、犠牲者遺族らが26日、慰霊登山を行った。例年開かれる遺族らによる慰霊祭が今年は新型コロナウイルスの影響で中止に。山頂(剣ケ峰)では、犠牲者に手を合わせる姿が見られた。 例年9月26日は、御嶽山の7合目付近にある遥拝(ようはい)所で慰霊祭が行われ、参加者が山頂に向かって黙…

震災遺構の中浜小が一般公開 児童ら守った備え伝える

東日本大震災の津波に襲われたが、教職員の指示で屋上に避難した児童ら90人全員が助かった宮城県山元町の中浜小学校が震災遺構として整備され26日、一般公開が始まった。海から約400メートルの校舎は、はがれ落ちた天井や曲がった鉄骨がそのまま残り津波の脅威を伝えるほか、映像や語り部、ガイドが事前の備えの重要性を訴える。 公開に先立つ式典には震災当時、校長として避難を指揮した井上剛さん(63)らが参加、テ…

刑事裁判、IT化に遅れ 遠隔制度の活用は限定的

新型コロナウイルスの影響の下、日本の刑事裁判でIT活用の遅れが目立っている。海外ではオンライン化で感染を防ぎつつ審理の停滞を防ぐ工夫が進む。被告の必要以上の長期勾留や判決の遅れにもつながる問題で、有識者は「改革を進めないと司法への信頼が失われる」と警鐘を鳴らす。 2019年参院選を巡り、元法相の河井克行被告と妻の案里被告が起訴された公職選挙法違反事件の公判では、「ビデオリンク」と呼ばれる遠隔審理…

上野のパンダ、まだ帰らないで! 東京都が中国側と交渉

上野動物園(東京・台東)で飼育されているジャイアントパンダ2頭について、東京都が来年2月までの貸与期間を延長する方向で中国側と調整していることが26日、関係者への取材で分かった。パンダの集客力は動物園のみならず地域全体に波及し影響は大きい。都は延長期間など詰めの交渉を進めている。 上野動物園では現在、2017年6月に生まれたシャンシャン(香香、雌)と父親のリーリー(力力、15歳)、母親のシンシン…

大阪市が都構想パンフ修正 特別参与が「不適切」指摘

「大阪都構想」の制度案を説明する大阪市の広報紙やパンフレットを巡り、市が特別参与の大学教授から「メリット一色になっている」などの指摘を複数回受け、修正していたことが26日、市への取材で分かった。 市は都構想について説明するパンフレットを市内全戸に配布している。市の内部資料によると、7日に特別参与の山本良二近畿大教授(広告コミュニケーション)らにパンフレットの原案を提示した。 山本教授から「特別区…

興福寺鐘楼に「袴腰」構造 スカート状、奈良期から?

奈良文化財研究所は25日、興福寺(奈良市)の鐘楼跡の発掘で、スカートのような構造の「袴腰(はかまごし)」で鐘楼下層が覆われていた可能性が高いとする研究成果を発表した。研究所によると、袴腰がある鐘楼は、平安時代後期に建立されたという法隆寺東院鐘楼(奈良県斑鳩町)が最古と考えられていたが、興福寺創建の奈良時代までさかのぼる可能性が出てきた。 寺の由来などが記された「興福寺流記」から、鐘楼は天平宝字年…

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり