Saving page now... https://www.nikkei.com/theme/?dw=18062100 As it appears live September 26, 2020 11:59:03 AM UTC

仕事人秘録
フォローする

トピック一覧
苦い経験を忘れないように、今も拓銀の株券を持ち続けている

土屋公三氏(26) 拓銀破綻、消えた1部上場[有料会員限定]

9/26

1996年、東証2部、札幌証券取引所に上場し、札幌市に新本社を建てる。バブル崩壊の影響がじわじわ忍び寄る。
日経平均株価は19…続き

念願の株式公開を果たした(1993年の記念祝賀会)

土屋公三氏(25) 紹介映像で株式公開実感[有料会員限定]

9/25

1993年5月、株式を店頭公開した。バブル崩壊で、予定よりも1年遅れたものの、創業24年、北海道の企業では11番目の株式公開…続き

大工を養成する企業内訓練校の第1回入校式(1991年、前列中央のグレーの服の人物が土屋氏)

土屋公三氏(24) 給料払って大工育成[有料会員限定]

9/24

バブル期は人手不足が深刻だった。とりわけ建設業界は「3K」職場の一つともいわれた。優秀な大工や職人を自ら育成するため、199…続き

ノーマライゼーション住宅のモデルハウスをいち早く開設した

土屋公三氏(23) 福祉住宅 ライフワークに[有料会員限定]

9/19

障がい者も安心して暮らせる福祉住宅を普及させようと1989年、土屋ノーマライゼーション住宅財団(現ノーマライゼーション住宅財…続き

創業20周年パーティーには800人集まった(1989年、札幌市の京王プラザホテル札幌)

土屋公三氏(22) 創業20周年、上場を決意[有料会員限定]

9/18

1989年6月12日、京王プラザホテル札幌(札幌市)には政財界などから約800人が集まった。たった一人で起業した土屋グループ…続き

ツーバイフォー住宅事業も加わり、北海道での本業は好調だった(1989年)

土屋公三氏(21) 社員が慰留、北海道に回帰[有料会員限定]

9/17

全国制覇の夢は幻に終わった。本州では苦戦を強いられたが、地元の北海道では着実に業績を伸ばしていた。
全国展開の方針を変えるまで…続き

創業20周年へ社内の雰囲気は盛り上がっていた

土屋公三氏(20) 家康読み全国展開夢見る[有料会員限定]

9/16

北海道でナンバーワンになった土屋ホームが次の目標として掲げたのは全国展開だった。
「土屋さん、うちでも是非、御社の家を扱わせて…続き

ベストセラーとなった「教育は社長の仕事だ!」の出版パーティー(1987年)

土屋公三氏(19) 社員教育は社長の仕事[有料会員限定]

9/12

1984年度の売上高が100億円を超え、急成長する、その経営手法がメディアなどで頻繁に取り上げられる。
「成長の秘訣を取材させ…続き

建設大臣賞を受賞した住宅「ザ・サッポロ」

土屋公三氏(18) 社名変更、省エネ日本一に[有料会員限定]

9/11

1982年、丸三土屋建設を株式会社土屋ホームに社名変更。増改築専門の土屋ホームトピアを設立し、土屋住宅流通の3本柱で、事業拡…続き

30年以上続く初代会(前列右から2人目が土屋氏)

土屋公三氏(17) JC卒業、創業者の会発足[有料会員限定]

9/10

1981年、40歳になり、札幌青年会議所(JC)を卒業する。
JCでは経営開発委員会の委員長などを歴任し、日本JCでは経営開発…続き

幹部教室では、優秀な社員を徹底的に鍛えた(前列中央が土屋氏)

土屋公三氏(16) 支店長に経営者教育[有料会員限定]

9/9

丸三土屋建設(現土屋ホーム)の北海道仕様の住宅販売は好調が続く。背景には政府が第3次住宅建設5カ年計画でも取り上げた「量より…続き

経営哲学などを講演で話していたことが、キムラとの取引につながったのかもしれない

土屋公三氏(15) 無借金・無手形経営の原点[有料会員限定]

9/8

1978年度の売上高は8億円と前の年度の3倍近くに伸びた。79年度は19億円、80年度は30億円。倍々ゲームで成長する。
私の…続き

札幌駅前の展示場に出展したモデルハウス第1号のパース

土屋公三氏(14) モデルハウス1号と「756号」[有料会員限定]

9/5

住宅参入の翌年、1977年の完工数は47棟、売上高は3億2400万円と、順調な滑り出しをみせた。
設立当初の宣伝は新聞の隅っこ…続き

JC時代から半世紀のつきあいとなる伊藤さん(右)を通じて人脈が広がった

土屋公三氏(13) 恩人の後押しで住宅参入[有料会員限定]

9/4

1974年、札幌青年会議所(JC)に入会する。そこで出会った同年代の経営者たちの後押しもあって、人脈や知名度が全国に広がって…続き

最新事情を勉強するため、欧州の高齢者施設をたびたび訪れた

土屋公三氏(12) 失意の中、欧州の視察へ[有料会員限定]

9/3

1972年、借金をしてまで1棟買いした新築の木造アパート。翌年になると突然、入居者からクレームが殺到する。
「床下からイヤな臭…続き

不動産教室の講師として呼ばれ、会社の名前と顔を売った(1976年ごろ)

土屋公三氏(11) コンサルと二足のわらじ[有料会員限定]

9/2

土屋商事(現土屋ホールディングス)を設立した1969年に新都市計画法が施行。70年、札幌圏でも住宅建設を促進する市街化区域と…続き

タナベ経営の田辺昇一氏は最大の恩師(1994年、左が土屋氏)

土屋公三氏(10) 法人登記し 師の勉強会に[有料会員限定]

9/1

1969年、木造アパートの一室で設立した土屋商事(現土屋ホールディングス)。個人商店から会社を大きくするため、多くの本を読み…続き

妻と娘にはいつも勇気づけられ、励まされてきた

土屋公三氏(9) 妻と娘のために起業[有料会員限定]

8/29

1967年3月、博子と結婚する。不動産会社に就職して、宅地建物取引士の資格を取得する。
博子は、私との結婚に反対する親の家を出…続き

逆境の中、博子との結婚を決めた

土屋公三氏(8) 神社で「お告げ」、一念発起[有料会員限定]

8/28

1966年、25歳のときに独立する。資本金は25万円。どんな商売でもできるように、という意味を込めて、株式会社ビジネスを設立…続き

不動産へ関心を持つきっかけは実家と畑の売却だった(移転後の札幌市内の実家、1954年)

土屋公三氏(7) 自ら買い、勧めて売る[有料会員限定]

8/27

1964年、4年間勤めた聯合紙器(現レンゴー)を退職した。
成り行きで会社を飛び出しましたが、同じように「会社をやめる」と息巻…続き

481件中 1 - 20件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ

コラム