Saving page now... https://www.sankei.com/affairs/print/160323/afr1603230010-c.html As it appears live September 20, 2020 6:09:29 PM UTC

産経ニュース

パトカーから逃走の乗用車が多重事故、6人死傷 当て逃げ容疑で運転の男を現行犯逮捕 呼気からアルコールも

パトカーから逃走の乗用車が多重事故、6人死傷 当て逃げ容疑で運転の男を現行犯逮捕 呼気からアルコールも

東京都世田谷区用賀の国道で起きた事故で大破したタクシーの車両=23日午前3時41分

 23日午前1時40分ごろ、東京都世田谷区用賀の国道246号で、パトカーが追跡していた乗用車とタクシーなど計4台がからむ事故が発生した。衝突されたタクシーを運転していた村松豪さん(49)=世田谷区祖師谷=が死亡。乗用車などに乗っていた10~30代の男女5人が骨折などの重軽傷を負った。

 乗用車を運転していた男が事故後逃走し、警視庁玉川署は道路交通法違反(事故不申告)容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕されたのは、自称川崎市高津区梶ケ谷、職業不詳、緒環(おだまき)健蔵容疑者(20)。

 同署によると、事故現場の約1・7キロ手前で、パトロール中だった同署のパトカーがテールランプの切れた乗用車を発見。停止を求めようとして200メートルほど追跡したところ、乗用車が急にスピードを上げて逃走したため、緊急走行で1・5キロほど追いかけたところで事故が発生した。

 緒環容疑者は車から徒歩で逃走したが、約100メートル離れた路上で取り押さえられた。緒環容疑者の呼気からアルコールが検出されており、同署で事故当時の状況を調べている。

 同署の担当者は「追跡が適切だったか検討したい」と話している。

©2016 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.