聖剣伝説 3
(1995年 9月30日発売)

聖剣伝説 3 には他のゲームの追随を許さない大きな特徴があります。

 まず、キャラクター(主人公候補)の組み合わせによってストーリーの展開が異なる「 トライアングル・ストーリー 」システム。次に、「 感触のリアリズム」を追求した独自のバトル形態=「新モーションバトル」。最後に、 「色彩のファンタジー」を実現した最高級のグラフィック画面。


”誰”で物語をスタートさせるかによってゲームの楽しみ方が一変!
トライアングル・ストーリー

 プレイをする人はゲーム開始時に、6人の主人公キャラクター(10代の半ば及び後半の男女)からまず1人を選びます 。各キャラクターにはそれぞれ深い バックストーリーが設定してあり、どのキャラクターで進めるかによって、ストーリーの展開が異なり、最終目的さえも変化します。

 主人公キャラクターを選んだあとは、さらに2人のキャラクターを選んでパーティを組み、冒険を始めます。この3人の組み合わせ方でも、ゲーム中に起こるイベントのニュアンスや、主人公たちが繰り広げる恋愛や友情の関係が異なる仕掛けになっています。また、選ばれなかったキャラクターは物語を進めていく上でサブキャラクターとして登場し、主人公たちとの複雑な人間模様を織りなすことになります。

 世界全体の動きはどの場合でも大きく変動することはありません。しかし、3つある敵勢力の動きが変化し、最終ボスなども含め展開は予断を許さず、より物語を興奮させていくことになります。私たちは、こうしたキャラクターの選択によってシナリオが変化する「 聖剣伝説3 」独自のシステムを「 トライアングル・ストーリー」と呼んでいます。


ゲームの中に住みたくなるほどの実感を得られる!
感触のリアリズム

「 聖剣伝説 」は、シリーズ第一作のゲームボーイ版のときから「 感覚」を大事にしたRPGでした。戦闘になると別の画面に切り替わる通常のRPGとは異なり、物語の進行と同次元のフィールドでバトルを行う独自の戦闘システム=モーションバトルを開発したのも、「感覚 」を追求した結果のことです。

「聖剣伝説3」ではこのシステムにさらに磨きがかかり、オートマティック操作とマニュ アル操作を瞬時に切り替えられる非常に便利な機能や、モンスターそれぞれに特有の生態や動き、特殊攻撃を持たせるなど、戦闘の感触は格段に増しています。

 また、32メガという大容量を駆使し、ゲーム中に昼夜や曜日の概念を持ち込みました。太陽が昇り、暑くなり、やがて陽が傾き、虫の音でも聞こえてきそうな月明かりの夜が訪れる、という具合に、まるでゲームの中で生活しているかのような実感すら得られます。


(C)1995スクウェア キャラクターイラストレーション/結城信輝
 PS   SFC 

Copyright (C)1995,1996 SQUARE CO.,LTD. All rights reserved.