「内ゲバ」とは何だったのか?

革マル派の襲撃に逃げまどう学生(早稲田大)

内ゲバ前史

戦後、革命党といえば日本共産党だけという状況だった。帝国主義の中で共産主義国家を守ったスターリンの下、ソビエト連邦が 世界の共産主義者の総本山として君臨していた。

ところが1955年六全協決議で、共産党中央がそれまでの武装闘争を自己批判。1956年フルシチョフのスターリン批判とハ ンガリー暴動でその信仰にひびが入った。

その動きの中で、共産党が依然スターリンを「間違いはだれにもある」と部分否定するのみで、ソ連の現状を肯定するのに対して、スターリン批判(一国社会主義批判や、ハンガリーに見られた ソ連の帝国主義への批判)するものが共産党から離れ、新左翼を形成していく。

その中で、一貫してスターリンを批判し、スターリンに殺されたトロツキーを再評価するものが57年第四インターナショナル日本支部を結成、その中には黒田寛一、太田竜などがい た。「疎外された人間の人間的=普遍的解放」(マルクス)のためには世界革命を完遂する以外になく、その為にはスターリニス ト打倒のためのもう一つの革命が必要。しかし、太田が100%トロツキストを自認していた(純トロ)のに対して黒田はトロツ キズムは批判的に摂取すべきものと考えていた。

日本共産党と新左翼の批判点)
     反共・トロッキストと批判
(共産党)→→→→→→→→→→→→(新左翼)
     ←←←←←←←←←←←←
       スタリーニズム批判

民族解放民主革命の理論(アメリカ帝国主義からの日本民族の解放をしてから社会主義革命という二段階革命論)で「歌ってマル クス、踊ってレーニン」というレクリエーション路線をとる共産党(=パルタイ)に対して、共産主義者同盟「ブント」を名乗る。 学生は共産党に反発(6.1事件)、共産党は学生運動(全学連)でのヘゲモニーを失う。こういった動きの中で、60年安保 (6.15国会突入、女子学生の死亡、アイク訪日阻止)は共産党とブントの組織切り崩し合戦となった。しかし、ブントは革命党と して必須の労働者の組織化にほとんど取り組まないうちに崩壊した。そして、その半数は革共同全国委員会に移行(第二次分裂)、 60年ブントは弱体化する。

<60年安保>
米軍の日本駐留の承認、日本の軍事力の増強の義務化と共に、在日米軍が攻撃された場合の日本の軍事行動の義務づけが行われており、事実上の軍事同盟になっていた。

革共同の一次分裂)
革共同→西京司・・・第4インター参加
   →黒田寛一・・・第4インターに不参加→革共同全国委→マル学同

革共同全国委は、黒田、本多が中心となり、国民会議や共産党を右翼的とし、ブントを街頭極左と批判して、中間層を掴んだ。安 保で消耗するブントと裏腹に組織を拡大、全学連書記局を握ったことで全学連を支配した。

そして、マル学同と旧ブント(三派・つるや連合)との間で角材をつかった初の内ゲバが行われた。清水丈夫が角材を初めて使用、 「岡田式暴力的衝突も含めた党派闘争」などといわれた。


革マル・中核の指導的人物
黒田寛一)
結核菌で失明し、秘書に読ませて勉強。独特のクロカン節でカリスマ性を持つ。その思想は組織論に独特なものがあり、自派の組織強化を第一義とする。

本多延嘉)
早大細胞の中心、早大新聞、前進の編集を続ける。全国委では黒田の右腕=書記長として活躍。第3次分裂で黒田と袂 を分かつ。


反マル学同グループ→後に三派系全学連(後に中核派も入る)

共産党系→民青全学連

革共同全国委は共産党以上の組織をつくると意気がったが、62年参院選で黒田寛一はわずか2、3万票しか獲得できず落選。

マル学同は他党派の集会に押し掛け、統一行動を呼びかけて妨害する。他党派解体路線をとったが、62年大学管理法闘争で学生 運動は高揚期に入っており、この時は他派はむしろ組織を強化してきていた時期で、人気は新しいところ(マル学同を批判す るブント系、社青同構改派)に集まった。

内ゲバの激化

組織の考え方の違い(他党派の批判ばかりする黒田と他党派と共闘する中で引き込んでいこうという多数派の対立)で、黒田と本 多が対立、上部団体の革共同全国委の第三次分裂で、マル学同も分裂。黒田、倉川篤(松崎明)森茂らが革マル派として分かれた。 しかし、親組織では少数派の革マルも学生組織ではむしろ多数派を占めていた。そこで学生組織では反対に、本多派が「中核派」として分離していった。


革共同全国委→本多(多数)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中核派(少数)
      →黒田(少数)動労中心、革マル派・・・・全学連(多数)↑

大衆運動への取り組みについての相互批判)

中核→→→革マルの主体性は大衆蔑視のプチブル的主体性、→→→革マル
     セクト主義、理論フェチ、日和見主義
中核←←←革命の主体性を欠いた大衆追随主義、過激主義←←←←革マル

情勢分析についての相互批判)

中核→→→危機でないと論証力説して帝国主義と戦わない日和見主義→→→革マル
中核←←←←←主観的、信念に基づく危機感のあおり立て←←←←←←←←革マル


63、4年 社学同の分裂(マル戦派、ML派)などセクト分化進む(5流14派)

67/10 第一次羽田闘争で、山崎博昭死亡

革マル全学連と連合4派(中核+社学同、社青同解放派、構改派)の対立

内ゲバ 63/9 清水谷乱闘事件

    64/7 早大殴り込み事件

暴力導入による問答無用化、その中で奥浩平の自殺(「青春の墓標」)という悲劇も

65年からは、私立大学の学費値上げ反対闘争が盛り上がる。

反代々木系セクトは3つの全学連に)

連合4派→構改派脱落→66年三派全学連→反帝系全学連
                   →中核派全学連(独立)

中核の躍進、民青の台頭の反面、マル学同(革マル派全学連)は、拠点校が早稲田 などに限局され、「ワセダ全学連」と揶揄されるほどに退潮した。                       (革マル派は、革マル派の組織拡大強化が革命への道であり、運動は革マル派の組織強化と 考えていた)

大衆運動へのコミットの仕方)

中核派は大衆運動の高揚期には組織をかけてでも闘争をやり抜くという方針なので、人気も 出て勇ましい。しかし、一方逮捕など組織的な消耗を避けられない。

革マル派は、個々の大衆闘争に組織をかけるなどは論外のことだ、と見る。

67年〜「激動の7カ月」−−−この頃、「ヘルメット+ゲバ棒」というスタイルが定着

佐藤訪ベトナム、訪米阻止、エンタープライズ寄港阻止、王子野戦病院阻止、三里塚闘争

秋山勝行・中核派全学連はとにかく日和らず機動隊に突進する。これに対して、警察はどん どん逮捕して、保釈金で財政的にも締め上げ、弾圧していく。しかし、それでも中核派は勢 力を伸ばし、反代々木系の最大セクトに成長する。

これに対して、革マル派は、大衆闘争上の現象的激動を革命的激動と取り違える妄想と批判、 「革マル体操」と揶揄されながらも、ゲバ棒はかついでも機動隊との衝突は極力避けた。

これには、中核派は革命的組織作りはそのような真空中でつくられるのではなく、革命的激 動の中で攻撃的に対応することを通じて勝ち取られるものだと批判、武闘路線を邁進した。

65年あたりから、機動隊の装備は向上、装甲車、高圧放水車、ガス銃、防石面つきヘルメッ トなどが登場する。デモ隊をサンドイッチして行進する「並列規制」などでデモ隊に無力感 を与えた。学生は、これに対して、歩道の敷石を砕いて投石し、火炎ビンを登場させた。

このような戦術の過激化は、右翼の攻撃の修羅場をくぐってきた日大生や学生労働者よりは るかに過激(竹槍、糞尿、農薬)だった三里塚の農民の影響もあったと思われる。

この時点で、武闘派には中核と反中核、反武闘派には革マル、構改派そして社青同解放派な どがあった。又、反戦青年委員会も各セクト別に分かれていた。

武装闘争期)

68年10月 国際反戦デー 新宿で2万人、騒乱罪適用
69年 1月 東大安田講堂事件
    4月 沖縄闘争 1.5万人 破防法
    4〜12月 学園砦死守闘争 広島大、早稲田大、京都大など
    9月 全国全共闘結成大会
   10月 国際反戦デー
   11月 佐藤訪米阻止闘争

東大安田講堂事件で、革マルは取り返しのつかない汚点を残した(安田決戦敵前逃亡事件)。

東大では他セクトとともに全共闘に入っていた革マルが機動隊導入の前夜に守備担当していた法文2号館から 退去、そこに機動隊が陣取ることで隣の法研への攻撃を容易にした。これ以後、全国の大学で革 マル派は全共闘から排除され、本拠=早稲田大でも革マルをはずして早大全共闘がつくられ た。これに動揺した革マル派は、今まで批判していた武闘を行うようになった(ありばい闘 争と非難される)。但し、大衆的にやるのではなく、少数の決死隊によってやる。しかし、 いざ内ゲバになると革マルは強かった。街頭での穏健な行動とのアンバランスはかえって他党派の怒 りを買うことになる。

69年に激しい武闘を連続させた8派は多数の逮捕者を出し、組織力を弱めていた。特に中 核派は逮捕者が多く、逆に革マル派はほとんどなかったために、相対的に組織力が強化され たことになる。これは他派から見れば、自分たちが命がけで戦った成果をかすめ取ったもの だという不満となる。

11月28日 東大裁判欠席判決への抗議集会(日比谷野音)で、半数を占めた革マルと他
           派が内ゲバ
12月14日 糟谷君人民葬でも参加しようとした革マルと内ゲバ
12月15日 中核派全学連が革マルを武装反革命集団=第二民青と規定し、せん滅宣言を
         出したことで対立が決定的になる。

暴力革命論の復活と武闘派)

これまでレーニン的な実践的暴力革命論は観念的に受けとめられ、それほど現実的に想定さ れてこなかった。そこに、69年中核派の暴力革命論が登場する。

プレハノフを日和見主義と決めつけたレーニンの「血生臭いせん滅戦が必要だということを 大衆に隠すのは自分自身も人民を欺くことだ」というフレーズがよく引用された。

69年東大闘争で本格化した火炎瓶は改良され、火をつけなくてもよい触発性火炎瓶に変わ っていく。又、機動隊との正面衝突から少人数軍団編制のゲリラ戦法に。

69年夏 赤軍派が登場。「前段階武装蜂起」

その建軍アピールにおいて「革命の軍団を組織せよ!すべての被抑圧人民は敵階級、敵権力 に対する自らの武装を開始せよ!」と高らかに宣戦布告した。そして、手製爆弾の製造にと りかかるが、11月5日、大菩薩峠で武装訓練中の赤軍派53人が逮捕された。

これを他人事と思えないという中核派に対して、革マル派は「誇大妄想患者の前段階崩壊」 と揶揄した。このころ、警察は中核派に対して本多、藤原、松尾などを破防法で逮捕し、破 防法の団体適用をちらつかせながら締め上げを行っていた。

しかし、革命を暴力的に行うということは内乱を起こすということで、それなりの覚悟が必 要。逮捕を恐れていては話にならない。組織も公然組織だけではダメということで、中核派は指導部 を公然、非公然の2本立てにし、公然組織を前進社に残して、政治局員のほとんどが地下に 潜行した。

しかし、11月決戦で大敗北し、多数の逮捕者を出し、この状況で12月18日東大裁判支 援集会での内ゲバにも敗れる。しかし、この頃から中核派の反戦労働者が武闘に参加し始め、 また人の殺害に対する処女性を喪失し、死者出てもやむなしという考えに進んでいくことになる。

未完(つづく)