head
Wesker's Report TOP
Wesker's Reportロゴ

Wesker's Report シナリオ公開!!

DVD
私の名はアルバート ウェスカー。
裏では生物兵器の開発をも手がける製薬会社アンブレラで、私は研究員としての幹部を目指していた。
しかし、ラクーンシティにある幹部養成所でのウィリアムバーキンとの出会いが私に進む道を変える決意をさせた。
彼の方が研究員としては、突出していたからだ。
やがて、私はラクーンシティ警察の特殊部隊S.T.A.R.S.へ移る事になった。
アンブレラ製薬は違法な生物兵器開発の危機管理上、警察内部にも多数の人間を送り込んでいたのだ。
私はS.T.A.R.S.で隊長の肩書きを利用し、アンブレラのためにあらゆる諜報活動を行った。
私は、ある計画を考えそれを実行するための機会を待っていた。
そして、遂にその機会が訪れた。

1998 JULY 7. 24
発端は、ある洋館の森で猟奇殺人が多発した事だ。
その洋館とは、アンブレラの生物兵器研究所であり、殺人の原因が開発中のTウィルスである事は明らかだった。
アンブレラは秘密裏に事件を収拾する為にS.T.A.R.S.を介入させないように指令してきたが、
市民感情の高まりから、出動せざるを得なかった。

そこで、次の指令がきた。
『S.T.A.R.S.を洋館に誘き寄せ抹殺しろ。そしてその状況をつぶさに報告し、戦闘時におけるB.O.W.の実験データーとして役立てろ。』
との指令を私に下してきたのだ。
そこで、私はS.T.A.R.S.にある2つのチームのうち、まずブラボーチームを派遣した。
彼等は自分たちの命を省みず果敢に敵と戦い実験データー採取に役立ってくれた。
戻らぬブラボーチーム捜索の為アルファチームを出動させた。
アルファチームの連中も果敢に戦い、次々死んでいった。
11人いたS.T.A.R.S.のメンバーのうち、アルファチームではクリス、ジル、バリー。
ブラボーチームではレベッカ、そしてエンリコの5人だけだった。

そして、私は遂に自分の計画を実行する時がきたのだ。
この混乱に紛れて、アンブレラの究極生物兵器タイラントを奪い、
アンブレラと対立するある企業に移るための手土産とするのだ。
対立企業に売り込むにはタイラントの実戦データーも必要になる。

5人は高い能力を持ちタイラントにぶつけるにはうってつけの存在だった。
この計画の為に私は裏切り者を忍ばせていた。5人をタイラントまで誘導させるのだ。
裏切り者・・・その正体はバリーだ。
奴は正義感が強く、人一倍情に厚く家族を大事にしていた。このタイプを操るのはたやすい。
そいつが大事にしているものを奪ってしまえばいいのだから。
クリスやジルが予想以上のポテンシャルを秘めていたのは誤算だったが、バリーの裏切りで計画は順調に進んだ。

だが思わぬところで計画が狂った。
S.T.A.R.S.副隊長兼ブラボーチーム隊長エンリコ。
その腕もさる事ながら、鋭い観察力と正義感の強さで人望を集めていた奴に、
バリーとの会話を聞かれてしまったのだ。
真相に気づいたエンリコを始末しなければならない。

邪魔者を始末した私はタイラントのいる部屋で、バリーが連れてくる実験体の到着を待っていた。
私はバーキンからもらったウィルスを事前に注入していた。対立企業に身売りするには、死んだと思わせた方が都合がよかったからだ。
バーキンの話では、このウィルスの効果は絶大で一度仮死状態になった後、超人的な能力を身につけ蘇るというのだ。
タイラントの封印を解き放ち、私自身を襲わせた。
タイラントに倒され、薄れゆく意識の中で、私は計画の成功を確信していた。

だがまさかS.T.A.R.S.の手でタイラントが倒されようとは。私は最大の手土産を失い、人間を捨ててまでたてた計画も台なしだ。
私の邪魔をするものは、例えどんな手を使ってでも葬り去る。
必ずやS.T.A.R.S.を追い詰め皆殺しにしてやる。

SEPTEMBER
洋館事件から2ヶ月がたった。
私は加入した新しい組織で、地に落ちた評価を取り戻すために、同じ組織からアンブレラに送り込まれていたエイダという女スパイと手を組むことにした。
彼女からの情報によると、アンブレラでは新たなGウィルスが完成間近だが、
開発した研究者がアンブレラに渡すのを拒んでいるというのだ。
私は直感的に開発したのは、ウィリアムバーキンだと確信した。
バーキンも無茶なことをする。
アンブレラの恐ろしさを知らないのだ。このままではバーキンは殺され、Gウィルスはアンブレラに回収されてしまうだろう。
だが私の計画より先にハンク率いるアンブレラの回収部隊が動き出した。
追い詰められたバーキンは自らGウィルスを注入してモンスターと化し、回収部隊を全滅させてしまった。
それから間もなくネズミを媒介としたTウィルスの蔓延がラクーンシティを襲い、アンブレラは最悪のシナリオを迎えた。

9. 28
ウィルスが増殖するように市民はゾンビと化し街は壊滅の一途をたどった。
ゾンビに対して人間の力など無に等しいのだ。
この混乱に乗じて、アンブレラヨーロッパは実戦データ収集のため、新型B.O.W.「ネメシス」を投入。
S.T.A.R.S.の生き残りジルをターゲットにした。
我々もネメシスのデーター収集に乗り出さねばなるまい。

9. 29
一方、事件の隠蔽に血眼になったアンブレラはタイラントを投入。
真相を探ろうとする、レオンとクレア抹殺を謀った。

新事実が判明した。
バーキンは昔から研究成果を娘のシェリーが持つペンダントに隠していたと言うのだ。
Gウィルスも彼女のペンダントの中に違いない。
ラクーンシティの混乱に乗じてアンブレラよりも先にシェリーを確保するのだ。
私はエイダを潜入させ、シェリーの居場所を探らせた。死人である私はあくまでも陰で動かなければならない。
スパイというのは、感情を持たずに、任務を忠実に遂行するマシンの筈だ。
レオンと行動を共にしてからエイダの中につまらぬ感情が芽生えつつあった。
悪い予感がする。急がねばなるまい。予感は的中した。
エイダは、Gウィルスを受け取ったレオンを追い詰めておきながらつまらぬ感情に流され自ら死を選んだ。
しかし彼女には、まだやってもらわねばならない事がある。
ここは、命を助けねばなるまい。
私達はレオンが投げ捨てたペンダントの回収にあたったが、アンブレラ回収部隊唯一の生き残りであるハンクが、いち早くペンダントを回収してしまった。

9. 30
止むを得まい。
残された手はモンスターと化したバーキンを実験体として持ち帰る。
その際、レオンやクレアをバーキンにぶつけ、実戦データーを取る事も忘れてはならない。
結局バーキンはレオンとクレアの前に敗れ去ってしまったが、我々は残された死体からGウィルスを回収するのに成功した。

10. 1
ウィルスの感染を防ぐ為と偽り、アメリカ政府によってラクーンシティが爆撃されたのは、その翌日の事だった。
その後クレアは兄クリスを探すために単身ヨーロッパに渡り、レオンは反アンブレラを掲げる地下組織に入った。

そしてシェリーは今我々の手にある。
バーキンの事だ、まだ何かをこの娘に隠しているに違いない。



BACK