トップニュース
BUCK−TICK櫻井&今井が世界へ

SCHWEIN ロックバンド、BUCK−TICK(バクチク)の櫻井敦司(35)と今井寿(35)が、ドイツと英国のロックアーティストと新バンド「SCHWEIN(シュヴァイン)」を結成し5月に世界デビューすることが16日、分かった。6月からは日本を皮切りにワールドツアーもスタート、打ち込みロックで世界を制する。〔写真:世界デビューする日独英混合バンドのシュヴァイン。左からサシャ・コニエツコ、櫻井敦司、レイモンド・ワッツ、今井寿

 元祖ビジュアル系といわれるベテランロックバンド、BUCK−TICKの二枚看板が世界へ飛び出す。ボーカルの櫻井とギターの今井が、打ち込みロックの教祖といわれる英国のレイモンド・ワッツ、ドイツのサシャ・コニエツコと強力タッグを組み日独英の混合バンドを結成した。

 その名もドイツ語で豚の意味のシュバイン。メンバーのワッツは「3カ国のアーティストが混ざり合うことで新しい音楽が生まれる。まるで、いろんな人間のパーツを組み合わせて生まれたフランケンシュタインのようにね」と相乗効果による無限パワーを力説。

 結成のきっかけはワッツが7年前に今井とユニットを結成したり一昨年夏に行われたBUCK−TICKのコンサートに参加するなど交流を深めてきたこと。ワッツは櫻井と今井の才能を高く評価し一緒に音作りを始めることになった。2月に4人が東京に集合してレコーディングを行い、今月上旬に米ニューヨークでプロモーションビデオやジャケットの撮影が行われた。

 そして完成したアルバムの名は「シュヴァインシュタイン」。櫻井のボーカルは日本語、ワッツのボーカルは英語といった具合に3カ国語が混じり合う極めて異例の仕上がりだ。ドイツに拠点を置くBMGから5月9日に日本先行発売され同中旬に欧米各国でも発売される。

 さらに世界ツアーも敢行。6月1日の横浜ベイホールを皮切りに、6都市7公演で日本ツアーを展開後、全米ツアーを行いシュヴァインを地球規模でアピールする。