この10年


トピック<日本編>
97/05/24 東京夕刊 芸能面 04段
音楽チャート誌「オリコン」創刊30年 ヒット曲に歴史あり

 ◆70年代−隆盛 80年代−低迷 90年代−復活
 「オリコン」でおなじみの週刊の音楽チャート誌「オリジナル・コンフィデンス」が、前身の「総合芸能市場調査」時代を含め、今月で創刊三十年を迎えた。そこで、CDなどの売り上げランキングで知られる同誌の歩みを紹介しながら、ヒット曲の歴史散歩を――。

 ◆ガリ版刷りから出発
 月曜日。オリコン社マーケティング事業部は、戦場と化す。協力レコード店の販売時点情報管理(POS)システムから送られた売り上げデータが集計されるからだ。POSを導入していない店の情報は、ファクスで寄せられる。全国約八百五十店から上がってきた数字に係数をかけ、全国推計をはじき出す。特定の店で突出して売れている作品があるなど“異常”が見つかると、担当者が集まり、その要因を分析し、数値を補正。そんな作業が火曜日の明け方まで続く。

 「最初はアルバイトを動員し、レコード店に電話して情報を取っていた。そのてんやわんやぶりは、今の比じゃなかった」。小池聰行社長は述懐する。

 ガリ版刷りの「総合――」時代を経て、一九六九年に現在の名称に。今ではCDのほか、ビデオ、書籍などの売り上げ、有線やラジオのリクエストランキングなど、多彩な順位表が載る。これらはレコード会社の営業戦略に欠かせない。

 こうして残されたデータで、過去三十年間のヒット曲とともに音楽市場を回顧してみよう。

 百万枚を超えるヒットシングルが続出し始めたのは、九〇年代に入ってからだが、歴代の一位、二位は、意外にも七〇年代の「およげ!たいやきくん」、「女のみち」が占める。

 小池社長は「確かに今に比べ、レコードは貴重品だった。しかし娯楽として音楽が占める位置も高かったため、いったん火がつけば、波及力は大きく、国民的ヒットになりえた。しかし今では、百万枚以上売れる曲でも、限られた層しか聴かず、知らない人も多いでしょう」と分析する。

 ◆シングル消滅の予測も
 八〇年代に入ると、シングルの売り上げは激減した。八七年にはついに五十万枚を超すヒット曲がなく、オリコン編集部内では、十年後にはシングルは消えるという予測も出た。レコードがCDに変わっていくのもこの時期だ。だが、これは取り越し苦労だった。九〇年代に入って、この閉鎖状況が一変した。

 「人気ドラマとのタイアップで爆発的に売れるという図式が確立した。そしてこれがカラオケ人気と連動、シングルにカラオケ版が収録されるようになった」(小池社長)

 そしてアルバムの売り上げも増え続けた。「グローブ」を筆頭に、歴代の売り上げベスト30は、すべて九〇年以降に出たものだ。

 ◆最強シングルは「およげ!たいやきくん」
 このような乱高下の中で、どのような曲が上位を占めたのか。ジャンル別歴代ベスト3を紹介しよう。(三月三十一日現在、カッコ内の年は発売年)

 【邦楽】

 ▽シングル 〈1〉およげ!たいやきくん/子門真人(75年、454万枚)〈2〉女のみち/宮史郎とぴんからトリオ(72年、326万枚)〈3〉君がいるだけで/米米クラブ(92年、290万枚)

 ▽アルバム 〈1〉グローブ/グローブ(96年、406万枚)〈2〉アトミック・ハート/ミスター・チルドレン(94年、341万枚)〈3〉スイート19・ブルース/安室奈美恵(96年、333万枚)

 【洋楽】

 ▽シングル 〈1〉ビューティフル・サンデー/ダニエル・ブーン(76年、192万枚)〈2〉トゥ・ラブ・ユー・モア/セリーヌ・ディオン・ウィズ・クライズラー&カンパニー(95年、126万枚)〈3〉恋人たちのクリスマス/マライア・キャリー(94年、110万枚)

 ▽アルバム 〈1〉青春の輝き/カーペンターズ(95年、223万枚)〈2〉デイドリーム/マライア・キャリー(95年、220万枚)〈3〉メリー・クリスマス/マライア・キャリー(94年、205万枚)

 ◆68〜96年の年間最高売り上げシングル(オリコン調べ)
年  曲名/ミュージシャン               万 枚
68 星影のワルツ/千昌夫               160
69 夜明けのスキャット/由紀さおり          109
70 黒ネコのタンゴ/皆川おさむ            142
71 わたしの城下町/小柳ルミ子            110
72 女のみち/宮史郎とぴんからトリオ         138
73 女のみち/宮史郎とぴんからトリオ         181
74 なみだの操/殿さまキングス            194
75 昭和枯れすゝき/さくらと一郎           100
76 およげ!たいやきくん/子門真人          454
77 渚のシンドバッド/ピンク・レディー         95
78 UFO/ピンク・レディー             155
79 夢追い酒/渥美二郎                145
80 ダンシング・オールナイト/もんた&ブラザーズ   156
81 ルビーの指環/寺尾聰               133
82 待つわ/あみん                  102
83 さざんかの宿/大川栄策              106
84 もしも明日が…。/わらべ              97
85 ジュリアに傷心/チェッカーズ            70
86 CHA―CHA―CHA/石井明美          53
87 命くれない/瀬川瑛子                42
88 パラダイス銀河/光ゲンジ              87
89 ダイアモンズ/プリンセス・プリンセス        82
90 おどるポンポコリン/B.B.クィーンズ      131
91 Oh!Year! ラブ・ストーリーは突然に
    /小田和正                   254
92 君がいるだけで 愛してる/米米クラブ       276
93 YAH YAH YAH 夢の番人
    /チャゲ&アスカ                241
94 イノセント・ワールド/ミスター・チルドレン    181
95 ラブ・ラブ・ラブ 嵐が来る
    /ドリームズ・カム・トゥルー          235
96 名もなき詩/ミスター・チルドレン         230
               (注・売り上げ枚数は単年のもの) 
 写真=グローブはデビュー作を400万枚以上売った

 写真=30年間の歴代ヒット曲第1位「およげ!たいやきくん」(上)、第2位「女のみち」は、いずれも70年代の曲

 写真=洋楽アルバム第1位のカーペンターズ

 写真=洋楽シングル第1位のダニエル・ブーン


home top back