「VAGRANT STORY」発売記念のスペシャルコラム掲載です。

今回は、松野氏に「VAGRANT STORY」戦闘の基本などついてインタビュー形式にてお伝えいたします。

for English


■発売を迎えて松野氏にインタビュー(その1)

今回はちょっとコラムから離れて松野氏にインタビューを行いました。

宣伝部・佐々木隆太郎(以下、S):発売おめでとうございます。

開発部・松野泰己(以下、M):ありがとうございます。

S:今回はネットなどの反応から松野さんにいくつかお答えいただきたいと思います。まず、プレイヤーの意見や感想をどう受け取られましたか?

M:やはり予想どおり賛否両論でしたね。

S:予想どおりと言いますと?

M:「万人向きではない」とご指摘を受けていますが、まさにそのとおりで、ご批判もあるとは思いますが本作は最初からターゲットをかなり絞り込んでいます。マニア向けというわけではないのですが、既存のRPGに厭きた人向けとでもいいましょうか、歯ごたえある戦闘を、より攻略のしがいのある戦闘をコンセプトに製作しました。

 

 

 

S:「戦闘が単調」という意見もありましたが…。

M:うーん、そんなことないと思うんですがね(苦笑)。たしかに、弱点を見抜いた戦闘を心がけないと、アビリティに頼ることになると思いますので、シビアになるでしょうね。実際、僕は目押しが苦手で(笑)。チェインアビリティも平均5回程度です。スタッフで巧いヤツになると平気で15とか20とかたたき出しますけど、それほどアビリティは必要ないようにデザインしたつもりです。


弱点さえ見抜けばチェインアビリティに頼らなくても戦える。



■「切断/打撃/貫通」の武器タイプは重要

S:アビリティに頼らないとなると……、効率のよい戦い方ってあります?

M:まず、一番注意していただきたいのは、武器タイプです。各武器にはブレード毎に「切断/打撃/貫通」という3タイプに分類されます。ボスを含むモンスターはすべてのこの3タイプのどれかが弱点なので、ダメージを与えられないなと感じたら武器を持ち変えて攻撃してください。きっとダメージ値が上がると思います。武器の種類はなんでもかまいませんから、この3タイプの武器をそれぞれ1つずつ持ち歩くようにすると戦闘が楽になるはずです。

S:具体的にはどうですか? 例えばゴブリンとゴブリンリーダーではまったくダメージ値が違いますよね。

M:そうですね。ゴブリンは「切断」に弱いですが、ゴブリンリーダーは「打撃」に弱いという設定になっています。また、同じアンデッドに分類されるスケルトンは「打撃」に弱いのですが、ゾンビは「貫通」に弱い。このように武器タイプを変えるだけでダメージが大きくなるので、みなさん弱点を見つけてください。

S:弱点を見つける手段って戦うしかないのですか?

M:序盤でゲットできる「アナライシス」という魔法を使ってください。魔法に成功すると敵のステータスを詳細に見ることができます。ただし、ボスなどいくつかのモンスターには効果がないので、こればっかりはみなさん工夫してみてください。


ゴブリンには弱点の切断タイプの武器で攻撃すれば、ダメージが多く入る。



魔法「アナライシス」を発動し、モンスターのステータスを確認して、弱点を探しだせ。



■ファイアエレメンタルの倒し方

S:このコラムをご覧のみなさんに1体ぐらい、ボスの攻略方法をどうですか?

M:では、詰まっている方が多いと言われている「ファイアエレメンタル」はいかがでしょう。コイツはリム(部位)全般的に「打撃」に弱いです。また、補助魔法の「ミゼラブルボディ」が有効なので、使ってください。更に、自分に対して、やはり補助魔法の「プロテクト」を使ってください。これだけでもダメージが全然違うと思いますよ。


ファイアエレメンタルの登場。弱点を見切れ!

魔法「ミゼラブルボディ」でSTRを下げよう。

S:秘石などはどのように使ったらよいですか?

M:そうですね。まず、秘石をセット可能なグリップをゲットしたら、ファクトリーでお気に入りのブレードにセットしておいてください。秘石はファクトリーでなくてもいつでもどこでも装着可能ですから。「ファイアエレメンタル」の場合、その手前で「ウンディーネの碧石」という水属性をアップする秘石をゲットできるので、それをグリップに装備するとよいですよ。また、やはり手前の宝箱から「サラマンダーの紅玉」の付いた盾「クワッドシールド」をゲットできますから、それを防御に使うだけでかなりのダメージを軽減できます。もちろん、チェイン&ディフェンスアビリティを使っていただいても結構ですけどね。


「ウンディーネの碧石」をセット。
水属性がアップした。

「サラマンダーの紅玉」をセット。
炎属性がアップ。炎属性の攻撃も軽減される。


S:ボスはチェインアビリティが効かない場合がありますよね?

M:はい。より強いボスほどチェインアビリティをキャンセルしてきます。目安としては、ターゲットドームを開いた際に、ヒット率が低い(部位)ほど実はチェインアビリティの成功率が高くなるので、チェイン派のプレイヤーはあえてその部位を狙ってみるのもよいと思います。



■プレイ時間は20〜40時間ぐらい?

S:結構、プレイ時間が長いですよね。

M:ええ。昨年夏の雑誌のインタビューでプレイ時間は6〜10時間ぐらいって言ったんですけど、その後「短い」という意見が社内外から多くて(苦笑)。最終的にボリュームやギミックを増やしました。だいたい、20〜40時間ぐらいじゃないですか? ちなみに、社内の最短クリア時間は3時間弱って聞いています。

S:ずいぶん違いますね(笑)。

M:アドベンチャーなんだから、この程度かなって思っていたんですけどね。
欧米のプレイヤーの方々から「短い」という意見が多かったのが意外です。


この後、まだインタビューは続きます。
次回更新をお楽しみに。


Copyright (C) SQUARE. All rights reserved.