1999年12月24日付のHTML 4.01仕様により、4.0仕様はobsoleteされています。また、邦訳の質自体も4.01仕様訳の方が格段に良くなっていますから、HTML4仕様を日本語で確認される場合は4.01仕様訳をご利用ください。


W3CREC-html40-980424

HTML 4.0仕様書

W3C Recommendation 1998年4月24日校訂版

この版
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424
最新版
http://www.w3.org/TR/REC-html40
直前の版
http://www.w3.org/TR/REC-html40-971218
編者
Dave Raggett <dsr@w3.org>
Arnaud Le Hors <lehors@w3.org>
Ian Jacobs <ij@w3.org>

概要(Abstract)

この仕様書は、World Wide Webの出版用言語<publishing language>であるHyperText Markup Language(HTML)の、第4版を定めるものです。これまでの版の、テキスト、マルチメディア、ハイパーリンクの機能に対して、この第4版は、より豊富なマルチメディア選択肢や、スクリプト言語、スタイルシート、印刷制御法、そして障害者の方々にとっての「読みやすさ<accessibility>」の向上などを付加したものになっています。また、HTML 4.0は、Webを本当にWorld Wideにするという目標、文書の国際化に向けて、大きな一歩を進めました。

HTML 4.0は、標準文書記述言語<Standard Generalized Markup Language>の国際標準であるISO 8879に適合した、SGMLのアプリケーションです([ISO8879]を参照のこと)。

この文書の [仕様書としての] 位置づけ(Status of this document)

この文書は、W3Cのメンバー並びに関係各位による検討を経て、W3C推奨規格として定められたものです。草案ではなく決定稿なので、参考文書として利用したり、他の文書で引用して頂いても構いません。推奨規格を策定するに当たってのW3Cの役割は、規格への注意を喚起することと、規格を幅広く普及させることです。推奨規格は、Webにおける、機能強化と共通動作保証を進めるものです。

W3Cは、ユーザエージェント並びにHTML文書の書き手(そして特にオーサリングツール)に対し、HTML 3.2準拠文書ではなくHTML 4.0準拠文書を作るよう求めます( [HTML32] を参照のこと)。また過去の規格で作られた文書も再現できるよう、HTML 4.0を理解するツールに対してはHTML 3.2やHTML 2.0をもサポートするよう求めます。

現在のW3C推奨規格並びに他の技術文書は、http://www.w3.org/TRに掲載されています。

HTMLの機能に関する議論についてはwww-html@w3.orgあてにお寄せ下さい。

本書はHTML 4.0仕様書の1997年12月18日版の校訂版です。仕様としての変更は無く、不適切だった記述やタイプミスの類を直したものです。変更点については初版からの変更点一覧をご参照下さい。

仕様書の供給形式(Available formats)

HTML 4.0 W3C Recommendation 文書は、下記の各フォーマットにて供給されています。

プレーンテキストファイル
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.txt (723Kb),
HTML化した文書のgzip'ed tarファイル
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.tgz (339Kb),
HTML化した文書のzipファイル(「exe」ではなく「zip」ファイルです)
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.zip (372Kb),
Postscriptファイル
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.ps.gz (600Kb, 367ページ)
PDFファイル
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.pdf (2.1Mb)

電子文書と印刷文書の間に食い違いがある場合は、電子文書が決定稿だと考えて下さい。

何語で読めるか(Available languages)

英語版のみが、この文書の正規版です。この文書の翻訳についてはhttp://www.w3.org/MarkUp/html40-updates/translations.htmlを参照して下さい。

正誤表(Errata)

現在判明している間違いをまとめてあります。
http://www.w3.org/MarkUp/html40-updates/REC-html40-19980424-errata.html

もし間違いを見つけられた場合は、www-html-editor@w3.orgまでご連絡願います。

[ 訳注。翻訳上の間違いを見つけられた場合は、uchida@happy.email.ne.jpまでご連絡ください。]

仕様書全体の目次(Table of Contents)

  1. HTML 4.0仕様書について
    1. 仕様書の構成について
    2. 本書のねらい
      1. 要素と属性
      2. 注意と例示
    3. 謝辞
    4. 著作権について
  2. HTML 4.0の概説
    1. World Wide Webとは何か?
      1. URIについて
      2. 部分識別子
      3. 相対URI
    2. HTMLとは何か?
      1. HTML小史
    3. HTML 4.0の特徴
      1. 国際化
      2. アクセシビリティの向上
      3. 表機能
      4. マルチメディア文書
      5. スタイルシート
      6. スクリプト
      7. 印刷
    4. HTML 4.0を用いて文書を作る場合の注意点
      1. 文書の構造と表現とを切り離して考えること
      2. どんな環境でも利用できるようにすること
      3. ユーザエージェントが各要素のデータを逐次表示できるよう配慮すること
  3. SGMLとHTMLの関係について
    1. SGML概説
    2. HTMLで用いられているSGML構造体
      1. 要素
      2. 属性
      3. 文字参照
      4. コメント
    3. HTMLのDTDの読み方
      1. DTD中のコメント
      2. パラメータ実体の定義
      3. 要素を定義する要素宣言
      4. 属性を定義する属性宣言
  4. 適合性:必須条件と推奨事項
    1. 用語の定義
    2. SGMLとの関連
    3. HTML文書のMIMEタイプ
  5. HTML文書の表現 ― 文書文字集合、符号化方法、文字実体 ―
    1. 文書文字集合
    2. 符号化方法
      1. 符号化方法の選択
      2. 符号化方法の特定
    3. 文字参照
      1. 数値文字参照
      2. 文字実体参照
    4. 表示できない文字
  6. HTMLの基本データ形式 ― 文字データ、色、大きさ、URI、MIMEタイプ、等々 ―
    1. 文字種が区別されるかどうか
    2. SGML基本形式
    3. 文字列
    4. URI
      1. 色指定を行う際の注意
    5. 大きさの指定
    6. MIMEタイプ
    7. 言語コード
    8. 符号化方法
    9. 単文字
    10. 日付と時刻
    11. リンク形式
    12. 出力メディア
    13. スクリプト
    14. スタイルシート
    15. 目標フレーム名
  7. HTML文書の大枠構造 ― 文書全体が頭部と本体に分けられる ―
    1. HTML文書構造の概略
    2. HTMLバージョン情報
    3. HTML要素
    4. 文書のヘッド部
      1. HEAD要素
      2. TITLE要素
      3. title属性
      4. 当該文書のメタ情報
    5. 文書本体
      1. BODY要素
      2. 個々の要素の識別子: id属性とclass属性
      3. ブロックレベルの要素とインライン要素の違い
      4. 要素をグループ化する要素: DIV要素とSPAN要素
      5. 見出し: H1H2H3H4H5H6要素
      6. ADDRESS要素
  8. 言語情報と書字方向 ― テキストの国際化について ―
    1. 使う言語を明記する: lang属性
      1. 言語コード
      2. 言語コード情報の継承
      3. 言語コード情報の扱い方
    2. 本文の書字方向と表の配列方向を指定する: dir属性
      1. 双方向表記の仕組みについて
      2. 書字方向情報の継承
      3. 挿入句における書字方向の設定
      4. 制御文字によるコントロールを上書きする: BDO要素
      5. 方向指定や連字の制御のための文字参照
      6. 双方向表記に対するスタイルシートの効果
  9. テキスト ― 段落、行、語句 ―
    1. 空白類文字
    2. 構造化文書
      1. フレーズ単位要素: EM, STRONG,DFN,CODE,SAMP, KBD,VAR,CITE,ABBRそしてACRONYM要素
      2. 引用: BLOCKQUOTE要素とQ要素
      3. 下付き文字と上付き文字: SUB要素と SUP要素
    3. 行と段落
      1. 段落: P要素
      2. 改行の扱い
      3. ハイフネーション
      4. 整形済みテキスト: PRE要素
      5. 画面上での段落の表示法
    4. 変更点の表示: INS要素とDEL要素
  10. リスト ― 順不同リスト、番号付きリスト、定義リスト ―
    1. リストの概説
    2. 順不同リスト (UL)、 番号つきリスト (OL)、リスト項目 (LI) について
    3. 定義リストについて: DL, DT要素と DD要素
      1. リストの視覚的表現方法
    4. DIR要素とMENU要素
  11. 表について
    1. 表モデル概説
    2. 表を構築するための諸要素
      1. TABLE要素
      2. キャプション: CAPTION要素
      3. 行グループ: THEADTFOOTTBODY要素
      4. 列グループ: COLGROUP要素とCOL要素
      5. 行: TR要素
      6. セル: TH要素とTD要素
    3. 視覚系ユーザエージェントでの表の扱い
      1. 枠線と罫線
      2. セル内容の水平方向と垂直方向の配置
      3. セルの余白
    4. 非視覚系ユーザエージェントによる表の扱い
      1. 見出し情報と各データを結びつける
      2. 個々のセルをカテゴリー付けする
      3. 見出し情報を確認するための方法
    5. 見本の表
  12. リンク - ハイパーテキスト構造を実現する、メディアに依存しないリンク -
    1. リンクとアンカーの概説
      1. リンク先を訪問する
      2. リンクの他の使い道
      3. アンカーとリンクの設定法
      4. リンクの表題
      5. 国際化とリンク
    2. A要素
      1. アンカーの命名規則
      2. リンクは入れ子にできません
      3. id属性によるアンカー設定
      4. 取得できないリソースあるいは特定できないリソースへのリンク
    3. 複数文書の関連性: LINK要素
      1. 順行リンクと遡行リンク
      2. リンクと外部スタイルシート
      3. リンクとサーチエンジン
    4. 絶対位置情報: BASE要素
      1. 相対URIの解釈
  13. オブジェクト、画像、アプレットについて
    1. オブジェクト、画像、アプレットについての概説
    2. 画像を埋め込む: IMG要素
    3. 汎用の入れ物: OBJECT要素
      1. オブジェクト表示の原則
      2. オブジェクトの初期化: PARAM要素
      3. オブジェクト名の記し方
      4. オブジェクトの宣言と実体化
    4. アプレットを組み込む: APPLET要素
    5. 外部文書の埋め込みに関する注意
    6. イメージマップ
      1. クライアント側イメージマップ: MAP要素とAREA要素
      2. サーバ側イメージマップ
    7. 画像、オブジェクト、アプレットの視覚的表現
      1. 幅と高さ
      2. 画像やオブジェクトの周囲の余白
      3. 枠線
      4. 配置
    8. 代替テキストの記し方
  14. スタイルシート ― HTML文書の表現方法指定 ―
    1. スタイルシート概説
    2. HTML文書にスタイル設定を施す
      1. 基準となるスタイルシート言語を指定する
      2. 行内スタイル情報
      3. 文書の冒頭でスタイル設定を行う: STYLE要素
      4. 出力メディア形式指定
    3. 外部スタイルシート
      1. 第一指定のスタイルシートと代替スタイルシート
      2. 外部スタイルシートの指定法
    4. スタイルシートのカスケード
      1. 出力メディアに応じたカスケード
      2. 継承とカスケード
    5. 非対応ユーザエージェントからスタイル設定データを隠す
    6. HTTPヘッダを通じてスタイルシートにリンクする
  15. 画像などの配置、フォント種別、水平区画線について
    1. 整形
      1. 背景色
      2. 配置
      3. フロート状態のオブジェクト
    2. フォント
      1. フォント種別の大雑把な指定: TTIBBIGSMALLSTRIKES、そしてU要素
      2. 字体や大きさの変更: FONT要素とBASEFONT要素
    3. 水平区切り: HR要素
  16. フレーム割り付け文書 - 文書を組み合わせて多角的に表示する -
    1. フレーム概説
    2. フレームの割り付け
      1. FRAMESET要素
      2. FRAME要素
    3. リンクの目標となるフレームに名前をつける
      1. 文書中の全リンク先に既定の目標名を設定する
      2. 目標の参照規定
    4. 代替表示内容
      1. NOFRAMES要素
      2. フレームの補足説明文書
    5. 行内フレーム: IFRAME要素
  17. フォーム ― ユーザに入力させたいデータ: テキスト枠、ボタン、メニュー選択、他 ―
    1. フォーム概説
    2. コントロール
      1. コントロールの形式
    3. FORM要素
    4. INPUT要素
      1. INPUT要素によるコントロールの形式
      2. INPUT要素によるコントロールがあるフォームの例
    5. BUTTON要素
    6. SELECTOPTGROUPOPTION要素
      1. 選択済み選択肢
    7. TEXTAREA要素
    8. ISINDEX要素
    9. ラベル
      1. LABEL要素
    10. フォームを構造化する: FIELDSET要素とLEGEND要素
    11. ある要素にフォーカスを合わせる
      1. タブキーによる移動
      2. 特定キーによるアクセス
    12. 選択不能項目と読み出し専用項目
      1. 選択不能項目
      2. 読み出し専用項目
    13. 記入文書の送信
      1. 送信方法
      2. 満足なコントロール
      3. 記入データの処理
      4. 送信データのMIMEタイプ
  18. スクリプト ― 動きのある文書やリアクションのあるフォーム ―
    1. スクリプト概説
    2. スクリプト対応ユーザエージェントのための文書設計
      1. SCRIPT要素
      2. 使用スクリプト言語の明示
      3. 内在イベント
      4. 文書内容の動的変更
    3. スクリプト非対応ユーザエージェントのための文書設計
      1. NOSCRIPT要素
      2. スクリプトデータそのものが表示されてしまわないようにする
  19. HTMLを運用するためのSGMLリファレンス ― HTMLの正式な文書型定義とマークづけの検証方法について ―
    1. HTML文書の検証について
    2. サンプルSGMLカタログ
  20. HTML 4.0仕様のSGML宣言
    1. SGML宣言
  21. 文書型定義
  22. 移行用の文書型定義
  23. フレーム構造設定用の文書型定義
  24. HTML 4.0の文字実体参照
    1. 文字実体参照の概説
    2. ISO 8859-1の文字実体参照
      1. 文字一覧
    3. 一般記号、数学記号、ギリシア文字の文字実体参照
      1. 文字一覧
    4. マークアップ記号と国際化文字の文字実体参照
      1. 文字一覧
  1. 変更点について
    1. HTML3.2から4.0への変更点
      1. 要素に関する変更点
      2. 属性に関する変更点
      3. アクセシビリティに関する変更点
      4. メタデータに関する変更点
      5. テキストに関する変更点
      6. リンクに関する変更点
      7. 表に関する変更点
      8. 画像、オブジェクト、イメージマップに関する変更点
      9. フォームに関する変更点
      10. スタイルシートに関する変更点
      11. フレームに関する変更点
      12. スクリプトに関する変更点
      13. 国際化に関する変更点
    2. 1997年12月18日付初版からの変更点
      1. 間違った記述の変更
      2. タイプミスの類
  2. パフォーマンス上、実装上、設計上の注意
    1. 不正なマークづけがされた文書の処理
    2. URI形式の属性値における特殊文字の扱い
      1. 非ASCII文字の扱い
      2. アンパサンドの扱い
    3. SGML機能の利用
      1. 改行
      2. 非HTMLデータの扱い
      3. SGML機能の利用制限
      4. 論理型属性
      5. マーク区間
      6. 処理命令
      7. 省略化したマークづけ
    4. 検索エンジンの機能を助ける
      1. 検索ロボット
    5. 表について
      1. 設計原理
      2. 推奨するレイアウト・アルゴリズム
    6. フォームについて
      1. 逐次表示
      2. 改良予定
    7. スクリプトについて
      1. この仕様が予約しているマクロの表記法
    8. フレームについて
    9. アクセシビリティについて
    10. セキュリティについて
      1. フォームにおけるセキュリティ問題

Copyright (c) 1997 W3C (MIT, INRIA, Keio ), All Rights Reserved.



訳者代表:内田明 (UCHIDA Akira)
email: uchida@happy.email.ne.jp
1999/2/13版