日本語翻訳版覚書:[検証
  1. W3C 文書著作権(知的所有権)覚書 によって要求された通り、
    オリジナルURL・文書の位置付け・原著著作権覚書を記載しています。
  2. この仕様書の正式版は、W3Cサイトの英語版です。
  3. 翻訳版は、翻訳からくる間違いがあり得ます。

W3CREC-html40-19980424

HTML 4.0 仕様書

W3C 勧告、改訂版於24日-4月-1998年

当 版:
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424
最新版:
http://www.w3.org/TR/REC-html40
前 版:
http://www.w3.org/TR/REC-html40-971218
編集者:
Dave Raggett <dsr@w3.org>
Arnaud Le Hors <lehors@w3.org>
Ian Jacobs <ij@w3.org>

要  約

 この仕様書はハイパーテキスト・マークアップ言語(HTML)、バージョン4.0、ワールド・ワイド・ウェブ(世界的通信網)の出版言語を定義しています。テキスト・マルティ=メディア・ハイパーリングといった以前のバージョンの特徴(機能)に加えて、HTML 4.0ではマルティ=メディアの選択肢が増え、スクリプト言語・スタイル=シート・印刷の向上、ユーザーがアクセスしやすい文書などを実現しています。更にウェブ(Web)は本当に世界的(World Wide)になり国際的になるのが目標で、文書の国際化へ向けて大きな一歩をHTML 4.0は踏み出しました。

 HTML 4.0はSGMLアプリケーションの一つで、国際基準であるISO 8879 -- 標準一般的マーク付け言語[ISO8879]に準拠したものです。

文書の位置付け

 この文書はW3Cメンバーやこれに関心をもった部門で検討され、W3C勧告として認められたものです。この文書は安定していて、他からの参照資料にもなり、基準としても受け入れられるものです。勧告の作成を通して仕様への喚起を促し広く採用されることを促進するのが、W3Cの役割です。このことによって、Webの機能や操作上の共通性が育成されてきます。

 幾つかの表示代行手段(ユーザー・エージェント:ユーザーに代わって再現表示を代行するもの。ウェブ・ブラウザもその一つ)等や制作者、そして特に制作ツール、はHTML 3.2文書(参考:[HTML32])ではなくて、HTML 4.0文書を書くようにW3Cは推奨します。互換性のこともありますので、HTML 4.0をサポートするツールは、HTML 3.2やHTML 2.0も同様にサポートするようにしておくことを推奨しています。

 W3Cの勧告や技術文書の最新リストは、http://www.w3.org/TRから得られます。

 HTML仕様の公開検討は、www-html@w3.orgにあります。

 この文書は、18 12月 1997年にリリースされた文書の改訂版です。 オリジナル版からの変更は、編集上の問題に過ぎません(only editorial in nature)。

入手可能ファイル形式

 HTML 4.0 W3C勧告は、以下の形式で入手できます。

テキスト・ファイル
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.txt (735Kb),
gzip'ed tarファイル(HTML文書):
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.tgz (357Kb),
zipファイル(HTML文書)('.exe'でないzipファイル):
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.zip (389Kb),
A gzip'ポストスクリプト・ファイル:
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.ps.gz (600Kb, 367 pages),
PDFファイル:
http://www.w3.org/TR/1998/REC-html40-19980424/html40.pdf (2.1Mb) file.

 電子フォームと印刷したフォームに違いがある場合は電子フォーム版が定義されたものです。

英語以外の仕様書

 正式仕様書は英文だけです。しかし、この文書の各国語翻訳は: http://www.w3.org/MarkUp/html40-updates/translations.htmlから見られます。

正誤表

この仕様書で見つかった誤りのリストは以下で入手できます:
http://www.w3.org/MarkUp/html40-updates/REC-html40-19980424-errata.html

 誤を見つけられたら、どうぞご連絡下さい。www-html-editor@w3.org

目 次

  1. HTML 4.0仕様について
    1. 構 成
    2. 文書上の規約
      1. 要素と属性
      2. 注意と事例
    3. 謝 辞
    4. 著作権に関する覚書(原文別枠表示)
  2. HTML 4.0紹介
    1. World Wide Webとは?
      1. URIs 紹介
      2. 断片識別子
      3. 相対URIs
    2. HTMLとは
      1. HTMLの経緯(小歴史)
    3. HTML 4.0
      1. 国際化
      2. アクセス容易性
      3. テーブル
      4. 複合文書
      5. スタイル・シート
      6. スクリプト
      7. 印 刷
    4. HTML 4.0に従った文書作成
      1. 構造と体裁の分離
      2. アクセス容易性への考慮
      3. 漸増的データ表現に対応
  3. SGMLとHTMLについて
    1. SGML紹介
    2. HTMLで使われるSGML構成
      1. 要 素
      2. 属 性
      3. 文字(符号)参照
      4. コメント
    3. HTML DTDの読み方
      1. DTDのコメント
      2. パラメータ実体定義
      3. 要素宣言
      4. 属性宣言
  4. 適合性:必要条件(必須)と推奨
    1. 定 義
    2. SGML
    3. 内容タイプ:text/html
  5. HTML文書の表現 - 文字符号セット・文字コード化・実体
    1. 文書文字符号セット
    2. 文字コード化
      1. コード選択
      2. 文字コード化の設定
    3. 文字符号参照
      1. 数値参照
      2. 文字符号実体参照
    4. 表現できない文字符号
  6. 基本的なHTMLデータ・タイプ -  文字データ・色・長さ・URIs・内容タイプ等
    1. ケース情報
    2. SGML 基本タイプ
    3. テキスト列
    4. URIs
      1. 色使用についての注意
    5. 長さ
    6. 内容タイプ(MIMEタイプ)
    7. 言語コード
    8. 文字符号コード化
    9. 単一の文字符号
    10. 日付と時間
    11. リンク・タイプ
    12. 媒体説明
    13. スクリプト・データ
    14. スタイル・シート データ
    15. フレームのターゲット名
  7. HTML文書構造の概略  - 文書の頭部(ヘッダ)と体部(ボディ)
    1. HTML文書構造の紹介
    2. HTMLバージョン情報
    3. HTML 要素
    4. 文書頭部(ヘッダ)
      1. HEAD要 素
      2. TITLE要素
      3. title属性
      4. 追加データ(メタ・データ)
    5. 文書体部(ボディ)
      1. BODY要素
      2. 要素同定:idclass属性
      3. ブロック・レベルとインライイン要素
      4. 要素のグループ化:DIVSPAN要素
      5. 見出し:H1H2H3H4H5H6要素
      6. 署名要素
  8. 言語情報とテキスト方向 - テキストの国際化の考慮
    1. 内容の言語指定:lang属性
      1. 言語コード
      2. 言語コードの継承
      3. 言語コードの解釈
    2. テキストとテーブルの方向指定:dir属性
      1. 双方向性アルゴリズムの紹介
      2. テキスト方向情報の継承
      3. 組み込まれたテキストの方向指定
      4. 双方向アルゴリスムの上書き: BDO要素
      5. 方向性としの制御用文字符号参照
      6. スタイル・シートの双方向性への効果
  9. テキスト - パラグラフ、ライン(行)、句(フレーズ)
    1. 空白文字
    2. 構造化されたテキスト
      1. 句要素:EM, STRONGDFNCODESAMPKBDVARCITEABBRACRONYM
      2. 引用:引用符Q要素
      3. 下付きと上付き(肩文字):SUBSUP要素
    3. 行とパラグラフ
      1. パラグラフP要素
      2. 改行の調整
      3. ハイフォン
      4. 整形文:PRE 要素
      5. パラグラフの体裁
    4. 文書を変える:INSとDEL要素
  10. リスト - 非序列・序列・ 定義リスト
    1. リストの紹介
    2. 非序列リストUL)・ 序列リストOL)・リスト項目(LI
    3. 定義リストDLDT、とDD要素
      1. リストの描写
    4. DIRMENU要素
  11. テーブル(表)
    1. テーブルの紹介
    2. テーブル構成要素
      1. TABLE 要素
      2. テーブル・キャプション:CAPTION要素
      3. 行グループ:THEADTFOOTTBODY要素
      4. 列グループ:COLGROUPCOL要素
      5. テーブル行:TR要素
      6. テーブル・セル(部屋):THTD要素
    3. 視覚的な表示代行手段でのテーブルの体裁(描写)
      1. 縁取りと罫線
      2. 水平及び垂直方向の配置
      3. セル・マージン
    4. 非視覚的な表示代行手段でのテーブルの描写
      1. セル・データとヘッダー情報との提携
      2. セルの範疇分け
      3. ヘッダー情報検索のアルゴリズム
    5. テーブルのサンプル
  12. リンク - ハイパーテキストとメディア非依存性のリンク
    1. リンクとアンカーの紹介
      1. リンクされた資源への訪問
      2. 関連リンク
      3. アンカーとリンクの特定
      4. リンクのタイトル
      5. 国際化とリンク
    2. A要素
      1. アンカー名の構文
      2. 入れ子されたリンクは正しくない
      3. id属性のあるアンカー
      4. 取得不能や識別できない資源
    3. 文書関係:LINK要素
      1. 前方と逆リンク
      2. リンクと外部スタイル・シート
      3. リンクと検索エンジン
    4. パス(ルート)情報:BASE要素
      1. 相対URIsの解釈
  13. オブジェクト・画像・アップレット
    1. オブジェクト・画像・アップレットの紹介
    2. 画像を含む:IMG要素
    3. 抱括的な組み込み:OBJECT要素
      1. オブジェクトの表現規則
      2. オブジェクト初期化:PARAM要素
      3. オブジェクトの型の一般的名前
      4. オブジェクト宣言と具体的な代表例
    4. アップレットの包含:APPLET要素
    5. 組み込まれた文書に関する注意
    6. イメージ・マップ
      1. クライアント側イメージ・マップ: MAPAREA 要素
      2. サーバー側イメージ・マップ
    7. 画像・オブジェクト・アップレットの視覚的描写
      1. 幅と高さ
      2. 画像やオブジェクトを囲む空白文字
      3. 縁どり(境界線)
      4. 配置
    8. 代替テキストの設定
  14. スタイル・シート -  HTML文書にスタイルを追加
    1. スタイル・シートの紹介
    2. HTMLにスタイルを加える
      1. スタイル・シート言語の初期値の設定
      2. インライン・スタイル情報
      3. ヘッド・スタイル情報:STYLE要素
      4. 媒体(メディア)タイプ
    3. 外部スタイル・シート
      1. 嗜好的及び代替的なスタイル・シート
      2. 外部スタイル・シートの設定
    4. カスケード・スタイルシート(滝状スタイルシート)
      1. 媒体依存カスケード
      2. 継承とカスケード
    5. ブラウザからスタイル・データを隠す
    6. HTTPヘッダーのあるスタイル・シートへのリンク
  15. 配置・文字・横罫線
    1. 体 裁
      1. 背景色
      2. 配 置
      3. 対象の動き
    2. 文 字
      1. 文字体要素:TT, IBBIGSMALLSTRIKESU要素
      2. 文字変更要素:フォントベースフォント
    3. 罫線:横罫線要素
  16. フレーム(枠組) -  文書のマルチ表現-
    1. フレーム(枠組)の紹介
    2. フレームのレイアウト
      1. Frameset要素
      2. FRAME 要素
    3. ターゲット・フレーム情報の設定
      1. リンクのためのデフォルト・ターゲット設定
      2. ターゲットの意味
    4. 内容の代替え
      1. NOFRAMES要素
      2. フレームについての長い説明
    5. インライン・フレーム(枠組):IFRAME要素
  17. フォーム - ユーザー入力フォーム:テキスト領域・ボタン・メニューなど
    1. 書式(フォーム)の紹介
    2. 制御
      1. 制御の型(種類)
    3. FORM要素
    4. INPUT 要素
      1. INPUTで作る制御タイプ
      2. INPUT制御のフォーム例
    5. BUTTON要素
    6. SELECTOPTGROUPOPTION要素
      1. 事前選択オップション
    7. TEXTAREA要素
    8. ISINDEX要素
    9. ラベル
      1. LABEL要素
    10. フォームへの構造追加:FIELDSETLEGEND要素
    11. 要素に標的設定
      1. タブ操縦
      2. アクセス・キー
    12. 制御の禁止と読むだけの制御
      1. 制御の禁止
      2. 読むだけの制御
    13. フォーム転送
      1. フォーム転送方法
      2. 確実な制御
      3. フォーム・データの処理過程
      4. フォーム内容タイプ
  18. スクリプト - 生き生きした文書とスマートなフォーム
    1. スクリプトの紹介
    2. スクリプト対応表示代行手段での文書設計
      1. SCRIPT要素
      2. スクリプト言語の特定
      3. 内部事象
      4. 文書の動的修正
    3. スクリプト非対応表示代行手段での文書設計
      1. NOSCRIPT要素
      2. 表示代行手段からスクリプト・データを隠す
  19. HTMLのSGML参照情報 -  HTMLの公式定義と検証
    1. 文書の検証
    2. サンプルSGMLカタログ
  20. HTML 4.0でのSGML宣言
    1. SGML宣言
  21. 文書型定義:Document Type Definition(DTD)
  22. 移行期文書型定義:Transitional Document Type Definition
  23. フレーム対応文書型定義:Frameset Document Type Definition
  24. HTML 4.0での文字符号実体参照
    1. 文字符号実体参照の紹介
    2. ISO 8859-1での文字符号実体参照
      1. 文字符号リスト
    3. シンボル・数学記号・ギリシャ文字の文字符号実体参照
      1. 文字符号リスト
    4. マークつけと国際化文字上での実体参照
      1. 文字符号リスト
  1. 変更点
    1. HTML3.2と4.0での変更点
      1. 要素の変更
      2. 属性の変更
      3. アクセス容易性の変更
      4. メタ・データの変更
      5. テキストの変更
      6. リンクの変更
      7. テーブルの変更
      8. 画像・オブジェクト・イメージ=マップの変更
      9. フォームの変更
      10. スタイル・シートの変更
      11. フレームの変更
      12. スクリプトの変更
      13. 国際化の変更
    2. 18 12月 1997年の仕様書の訂正
      1. 訂正されたエラー
      2. 訂正されたタイプ・ミス
  2. 描写・装備・設計について
    1. 表現できない文書について
    2. 特別なURI属性値
      1. URI属性値非ASCII文字符号
      2. URI属性値でのアンパーサンド(&)
    3. SGML装備に関する注意
      1. 改行(ライン・ブリーク)
      2. 非HTMLデータの特定
      3. サポートが制限されているSGML仕様
      4. ブール変数型属性
      5. マーク区間
      6. 処理命令
      7. マーク付けの省略
    4. 検索エンジンでのウェブ・サイト・インデックス化支援に関する注意
      1. 検索ロボット
    5. テーブルに関する注意
      1. 設計の基本
      2. 推奨するレイアウト・アルゴリスム
    6. フォームに関する注意
      1. 漸増的な表示
      2. 将来計画
    7. スクリプトに関する注意
      1. 将来のスクリプト.マクロの予約構文
    8. フレームに関する注意
    9. アクセス容易性に関する注意
    10. セキュリティに関する注意
      1. フォームのセキュリティ問題

Copyright(c) 1997 W3C (MIT, INRIA, Keio ), All Rights Reserved.


Yasutaka Kato 加藤泰孝
<email:y.kato@personal.email.ne.jp>
<email:ykato-ind@umin.ac.jp>