金之玉手箱

●ABC8/30(金)深夜24:32〜25:02
●テレビ朝日9/3(火)深夜27: 05〜28:00
●名古屋放送9/7(土)深夜25:50〜26:45
●北陸朝日放送9/7(土)深夜24:50〜25:45
●広島ホームテレビ9/7(土)深夜25:25〜26:20
●大分朝日放送9/5(木)深夜25:25〜26:20
ゲスト石井竜也(カールスモーキー石井)

 1959年、茨城県生まれ。中学在学中より読売日曜展や県展など数々の美術展に入賞。その画家としての才能を早くも開花させる。そして、高枝卒業後、画家を志し上京、文化学院美術科に入学し、油絵を専攻する。大学l年でサロン・ド・ボザール展、日洋展に入選し、池袋西武百貨店にて早くも個展を、銀座のギャラリーでは大学5人展<翔展>を開催、80年には、二科展と日展に入選する。その後、大久保謙作(BON)、小野田安秀(ジェームス小野田)らと意気投合し、文化学院映画研究会を結成。
 82年3月、卒業と同時に、その文化学院映画研究会を母体とした‘米米CLUBを結成、数々の奇抜で計算されたエンターテインメントショーを展開した。その後、レコード会社各社の熾烈な争奪戦の末、85年2月、ソニーレコードと契約、10月アルバム〈SHARISHARITHM〉、シングル< I CAN BE>でデビュー。以来、ライブ中心の精力的な活動で着実にファンは増え続け、90年には初のミリオン・シングルとなった<浪漫飛行>(170万枚)でトップアーティストの地位を不動のものにした。92年には、石井竜也プロデュースのシングル<君がいるだけで>が300万枚、そして、同アルバム<Octave>が250万枚を突破し、その年を代表するスーパーヒットを記録した。
 現在まで、米米CLUBのヴォーカリスト' カールスモーキー石井 'としての活躍のほか、コンサートの舞台、コスチュームデザイン、CDジャケットやパンフレットなど米米CULBを媒体とする全てのデザインワークを行っている。同時に、石井竜也として種々のドローイングに加え、アクセサリー、テーブルウエア、香水、洋服、家具等のあらゆるプロダクトデザインを精力的に行い、それらの集大成として、それ自体が作品でもある、プライベートギャラリー' HATI ' を、93年、束京代官山にオープン。94年には全国6箇所で、『石井竜也未来遺跡展』を開催。そして、米米CULBが、結成からl0年を迎えた今年、95年、石井竜也が、米米CLUBを通して、あらゆるコンセプトの元に、創造し続けた、すべての作品を公開する' ART on the job ' を開催するなど精力的なアートワークを展開している。
 現在まで、絵画、米米CULB、自身のギャラリーを通して‘表現’し続け、それらの活動の全てを投影し、’94年、構想から4年以上の歳月をかけて、第一回監督作品‘河童’を制作。日本古来から伝承される' 河童 ' 伝説を軸に、河童=宇宙人という発想のもと、河童と少年の出会いと別れを通して、親から子へと途切れることなく伝わって行く、人生の残像、親子の絆を描いた作品である。自らデザインした‘Kappa’のクリーチャーと、同じく自ら描いた800枚にのぼる絵コンテ、そして、SFXなど最新の映像技術を駆使した画期的な表現方法を用い、感動のエンターテイメントに仕上がった。
 そして96年夏、監督第2作『ACRI 』が完成した。

キーワード:めんきょ

ゲスト新譜情報:NEW SINGLE 「ドルフィンズ・ワールド」(ACRI)

注目アーティスト:鈴里真帆

新譜情報:single 「もっと静かに」。ドラマ「グッドラック」の挿入歌。作詞鈴里真帆、作曲つんく。

エンターティメント情報:国本武春。ミュージカル「狸」

(みどころ)
 ハイテンションな石井竜也がマシンガントークを展開!映画では絶好調の彼が免許を取れなかった理由とは?通販が大好きな鈴里真帆がイメージとは違ったつんくの第一印象を告白する。

(スタジオゲスト)
 石井竜也、鈴里真帆

(司会)
 中山秀征、篠原涼子、なぎら健壱、佐伯進

(内容)
 監督二作目「ACRI」が話題の石井竜也がゲスト。「海で撮りたいと思ってて、海といったら海坊主だろう、なんて話も出たんですけどね(笑)。結局人魚でやったんですけど、吉野公佳ちやんは現実感がないというか、宙を浮いているようなイメージがピッタリだったんですよ。ヌードシーンは彼女も悩んだみたいです。僕も責任感じますしね」と石井。監督として周囲への気配りにも神経を使ったとか。「向こうは暑くて首が真っ赤になっちゃうので、布を回りにくっつけた帽子とかジャケットをスタッフ全員と、俳優さんにはガウンを作って行ったんです」。1000枚以上描いたという絵コンテも披露する。キーワードの「めんきょ」については、自動車教習所の教官と対立して通うのをやめたという苦い経験を語る。ほかにCHAR有賀啓雄とともに、ユニット「ACRI」を結成するまでのいきさつなど。8月21日にACRIでアルバムをリリース。
 「注目アーティスト」には鈴里真帆が登場する。「通販で3つの仕切りがあるフライパンを買ったんですけど、結局全部混ざっちゃって・・・」と失敗談を披露し、同じく通販での買い物好きななぎら健壱と盛り上がる。ニューシングル「もっと静かに」の作曲を手掛けたシャ乱Qのつんくの第一印象については「どういう格好で来るんだろうって楽しみにしていたんですけど、金髪、スッピン、ジャージだったんですよ−(笑)」
 9月に東京と大阪でライブを行う予定。
 後半には篠原涼子が、秋元康作詞・寺田一郎作曲の新曲「しあわせはそばにある」をスタジオで熱唱する。

今週のビデオクリップ:「ドルフィンズ・ワールド」(ACRI)、「もっと静かに」(鈴里真帆)

今週の生歌:「しあわせはそばにある」(篠原涼子)


?Home
?金之玉手箱