2001年12月25日(火) 東奥日報 ニュース


■ 武富士事件現場ビルきょう解体

 今年五月、五人が死亡した弘前市の消費者金融「武富士弘前支店」強盗殺人・放火事件の現場となったビルが解体されるのを前に、二十四日、遺族や知人らが事件現場を訪れ、最後の献花をする姿が見られた。

 訪れたある遺族らは「解体したら、もう来られないし、イブを分かち合いたかった」と、夕やみの中、キャンドルに明かりをともし、花束やクリスマスのケーキ、紙のツリーなどを供え、手を合わせていた。

 解体業者によると、二十五日午前に工事関係者らで慰霊祭を行った後、午後にも解体を開始する予定。順調に進めば、四−五日で作業は終了する。


前へ | 次へ

HOME