岩手日報

お く や み

2002年4月

(2000年6月から、岩手日報の朝夕刊に掲載された訃報を収録しています)

<2002年1月>

<2002年2月>

<2002年3月>

<2001年>

<2000年>

 照井謹二郎氏(てるい・きんじろう=宮沢賢治の教え子、賢治研究者)

 29日午後10時55分、花巻市内の病院で急性心不全のため死去した。95歳。花巻市出身。自宅は同市御田屋町1の17。火葬は2日午後4時から北上市北工業団地のしみず斎園、告別式は6日午前11時から花巻市高木の花巻たかき幼稚園で。喪主は長男義彦(よしひこ)氏。

 稗貫農学校(現花巻農高)で1921(大正10)年から1年4カ月間、賢治から指導を受けた。県師範学校(現岩手大)卒業後、小学校教諭を経て旧花巻町議を8年間務めた。

 賢治作品の研究、紹介を行う傍ら、1946年に花巻賢治子供の会を主宰。賢治精神の語りべとして、142回に及ぶ賢治作品の童話劇の上演を行った。84年からは、宮沢賢治記念館理事長を7年間務める。

 幼児教育にも力を注ぎ、64年に花巻みなみ幼稚園園長に就任。現在は、同幼稚園園長兼理事長、高木幼稚園理事長などを務めていた。1976年に花巻市勢功労。


 田辺 彦太郎氏(たなべ・ひこたろう=岩手大名誉教授、美学・美術全般)

 27日午後7時15分、老衰のため福島県郡山市の病院で死去、91歳。大阪府出身。自宅は郡山市大槻町六角北43の9。葬儀・告別式は5月1日午後2時から郡山市方八町の郡山斎場で。喪主は女婿小池志郎(こいけ・しろう)氏。

 郡山女子短大、日大助教授などを経て1958年岩手大学芸学部助教授。66年同教授となり76年の退職まで、美術理論や美術史などを研究、指導。96年同大名誉教授。国際美術家連盟、国際美術評論家連盟などに所属し、画家、美術評論家としても活躍。85年日本文化振興会の国際芸術文化賞を受賞。


 熊谷 祐三氏(くまがい・ゆうぞう=元盛岡市消防団長、元同市農業委会長)

 23日午前3時16分、脳こうそくのため盛岡市内の病院で死去、77歳。盛岡市出身。自宅は同市上太田八ツ口22。火葬は25日午前9時半から同市三ツ割の市火葬場、葬儀は27日午前11時から同市上太田の舘大松院で。喪主は二男裕(ゆたか)氏。 


 阿部實氏(あべ・みのる=元藤沢中校長)

 21日午後3時28分、肺炎のため藤沢町内の病院で死去、81歳。同町出身。自宅は同町西口字荒巻229。火葬は23日午前11時から千厩町千厩の千厩斎苑、葬儀は25日午前11時から藤沢町西口の玉川寺で。喪主は長男安彦(やすひこ)氏。


 土井 ナミ子さん(どい・なみこ=元盛岡市立病院総婦長)

 22日午前11時15分、心筋梗塞(こうそく)のため盛岡市内の病院で死去、87歳。盛岡市出身。自宅は同市西仙北1の33の14。火葬は24日午前10時30分から同市三ツ割の市火葬場、葬儀は25日午後2時から同市名須川町の清養院で。喪主はおいの進(すすむ)氏。


 佐々木 ミヱ子さん(ささき・みえこ=佐々木洋平前衆院議員の母)

 17日午後8時38分、心筋こうそくのため一関市内の病院で死去、82歳。花泉町出身。自宅は同町油島字上柏木39。火葬は19日午前11時から一関市釣山の釣山斎苑、葬儀は23日午前11時から自宅で。喪主は長男洋平(ようへい)氏。


 北田 鉄太郎氏(きただ・てつたろう=遠野市勢振興功労者)

 17日午後5時8分、胃かいようのため遠野市内の病院で死去、76歳。大槌町出身。自宅は同市早瀬町2丁目8の23。火葬は20日午前10時から同市遠野町の市営斎場、葬儀は20日午後1時から同市大工町の大慈寺で。喪主は長男拓男(たくお)氏。

 1998年まで遠野市身障者福祉協会長。


 田村 健蔵氏(たむら・けんぞう=江刺市政功労者)

 17日午前2時10分、急性心筋こうそくのため江刺市内の病院で死去、90歳。同市出身。自宅は同市玉里字稲荷崎98。火葬は19日午前10時から水沢市佐倉河のさくらぎ苑、葬儀は21日午前11時から江刺市玉里の正光寺で。喪主は長男宏平(こうへい)氏。

 1951年から30年間、市農業委員を務め、82年市政功労者。


 小野寺ミワノさん(おのでら・みわの=本県最高齢者)

 16日午前8時31分、老衰のため陸前高田市内の病院で死去した。106歳。同市出身。自宅は同市竹駒町字仲の沢1ノ2。葬儀は19日午前1時から同市竹駒町の荘巖寺で。喪主は婿清治(きよじ)氏。

 小野寺さんは1896(明治29)年3月生まれ。子ども3人、孫10人、ひ孫15人、玄孫1人に恵まれた。家族によると、小野寺さんは裁縫が好きで102歳ごろまで針を取っていた。その後、寝たきりの状態になり、先月下旬から体調を崩していたという。


 中田 敏雄氏(なかた・としお=元田原小校長)

 15日午後9時5分、肺炎のため水沢市内の病院で死去、88歳。前沢町出身。自宅は江刺市南大通り1の9。火葬は17日午後2時から水沢市佐倉河のさくらぎ苑、葬儀は19日午前11時から江刺市川原町の松岩寺で。喪主は妻房子(ふさこ)さん。


 松岡 キヨさん(まつおか・きよ=全国きもの文化教育協会東北本部長、元新生あみもの技芸学院長)

 16日午前1時10分、直腸がんのため盛岡市北夕顔瀬町15の13の自宅で死去、82歳。同市出身。火葬は18日午後1時30分から同市三ツ割の市火葬場、葬儀は19日午前11時から同市盛岡駅前北通のホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングで。喪主は二男洋二(ようじ)氏。

 


 小原 祐吾氏(おばら・ゆうご=元北上市和賀東中校長)

 15日午後6時44分、肺がんのため北上市鬼柳町鼠川原83の1の自宅で死去、66歳。同市出身。火葬は17日午後2時から同市北工業団地のしみず斎園、葬儀は19日午前11時から同市下江釣子の全明寺で。喪主は長男洋範(ひろのり)氏。


 舟越健次郎氏(ふなこし・けんじろう=鋳金家、彫刻家故・舟越保武氏の兄)

 15日午前11時10分、肺炎のため川崎市内の病院で死去、91歳。盛岡市出身。自宅は東京都大田区矢口1の12の1の412。通夜は18日午後6時半から品川区西五反田の桐ケ谷斎場、告別式は19日午前10時から同斎場で。喪主は長男香郎(こうろう)氏。

 旧制盛岡中教師、県工業指導所産業意匠部長を経て東京純心女子短大教授。この間県文化財専門委員を務めた。光風会会員、日展会友の鋳金家として活躍した。弟保武氏(2月5日死去)は健次郎氏から贈られた「ロダンの言葉」の本に感動し彫刻家となった。

 


 鈴木 輝雄氏(すずき・てるお=元葛巻町長)

 15日午前8時4分、肺がんのため盛岡市内の病院で死去。69歳。葛巻町出身。自宅は同町葛巻30の13。火葬は19日午前10時、同町のくずまき斎苑、葬儀は19日午後1時30分から同町葛巻の宝積寺で。喪主は長男満(みつる)氏。

 町議、町農協組合長などを経て1987年から町長2期。 


 山本 林之助(やまもと・りんのすけ=元二戸市議会議長)

 4月13日午前0時42分、心不全のため二戸市内の病院で死去、74歳。同市出身。自宅は同市福岡字長嶺1の2。火葬は15日午前10時半、同市下斗米の斎場にのへ、葬儀は17日午前11時から同市福岡の善導寺で。喪主は長男一明(かずあき)氏。


 高橋圭三氏(たかはし・けいぞう=アナウンサー、司会者、元参院議員、県人連合会長)

 11日午後10時56分、東京都世田谷区の病院で腎不全のため死去。83歳。花巻市出身。自宅は世田谷区成城9ノ10ノ1。葬儀・告別式は17日午後1時半から東京都文京区大塚5ノ40ノ1、護国寺桂昌殿で。葬儀委員長は元衆院議員の松野頼三氏。喪主は長男了(さとる)氏。

 高千穂高商卒。1942(昭和17)年NHK入り。人気番組「私の秘密」、紅白歌合戦などの司会を務めた。62年にNHKを退社後もレコード大賞や沖縄博などの司会で活躍した。


 佐藤 圭司氏(さとう・けいじ=岩手日報文学賞随筆賞受賞者)

 11日午前9時9分、肺気腫(きしゅ)のため、盛岡市内の病院で死去、76歳。釜石市出身。自宅は盛岡市高松2丁目4の13。火葬は12日午後2時半から同市三ツ割の市火葬場、葬儀は13日午後1時から同市高松1丁目の広宣寺で。喪主は妻和子(かずこ)さん。

 1991年「ご用済みの弁当箱」で、第6回岩手日報文学賞随筆賞を受賞した。


 千田 耕作氏(ちだ・こうさく=種市町中野診療所長)

 10日午前0時54分、久慈市内の病院で死去。75歳。盛岡市出身。自宅は種市町中野5の62。火葬は12日午後0時半から久慈市大川目町の久慈地区火葬場、葬儀は15日午後1時から同市中町の長福寺で。喪主は長男修(おさむ)氏。

 1963年から中野診療所長。元県医師会理事。


 瀬川 清一氏(せがわ・せいいち=元西根町議)

 6日午前2時30分、肺がんのため仙台市内の病院で死去。70歳。同町出身。自宅は同町田頭29の73。火葬は8日午後1時、松尾村野駄の西根地区斎場、葬儀は8日午後3時から同町田頭の東慈寺で。喪主は娘婿久(ひさし)さん。

 1973年から91年まで町議。 


 佐藤 巌氏(さとう・いわお=江刺市政功労者)

 3日午後1時54分、肝臓がんのため北上市内の病院で死去、81歳。江刺市出身。自宅は同市大通り3の5。火葬は5日午前11時から水沢市佐倉河のさくらぎ苑、告別式は5日午後3時から江刺市川原町の松岩寺で。喪主は長男壮(つよし)氏。

 1971年から80年まで市消防団長を務め、82年市政功労者。 


  

岩手日報トップへ

Copyright(c)2001, IWATE NIPPO CO.,LTD.
All rights reserved