IBM 本文へジャンプJapan
   ホーム  |  製品 & サービス  |  サポート & ダウンロード  |  ユーザー登録
 Select a country
developerWorks
Security
日本語記事一覧
英語 Articles
Education
Events
More technologies
Product domains
Related site
Newsletters
購読の登録
E-mail to a friend
dWサイトを友人に紹介する
Security Site map Feedback About dW
PKCS #11に準拠したLinux版openCryptoki
暗号ハードウェアとユーザー・アプリケーションの連係を可能にするAPI
openCryptokiは、非Windows系のプラットフォームにおいて、暗号ハードウェアとユーザー・アプリケーションとの連係を可能にする業界標準APIとして急速に普及しつつあります。この記事では、PKCS #11の仕様が、openCryptokiにどのように実装されているのかを具体的に説明します。
ピアツーピア・コンピューティングの実践: P2PでSSLを使用する
P2PのセキュリティーでSSL (JSSE経由で) を使用する方法を紹介します。P2Pアプリケーションにおける信頼の役割について検討した前回の説明を実践に移しましょう。
ネットの脅威: 第2回
最近のウィルスに関する記事の第2回は、SirCamがどのように被害を広げるのかを調べ、こうした脅威に対して何をすべきかを論議します。
ネットの脅威: 第1回
コンピューター・ウィルスCode Redについて詳しく分析しています。
ピアツーピア・コンピューティングの実践: ピアツーピア・ネットワークにおける信頼性とセキュリティー
ピアツーピア・アプリケーションにおける信頼性とセキュリティーの問題を検討し、分散アプリケーションで信頼性を実現するためのツールを紹介します。
XMLでのセキュリティー保護
XML関連のセキュリティーの開発はますます重要になってきています。最も重要なもののうち、XML暗号化とXML署名の2つについて紹介します。
企業ネットワークを貫くトンネル作り
SOAPに代わるHTTP対応のJavaオブジェクトを掘り下げます。これを利用して、企業ネットワークにアクセスする安全で確実なテクニックを見つけましょう。
SKIPセキュリティー
公開鍵暗号化 (Public-Key Encryption) よりさらに優れた鍵管理方式、SKIP (Simple Key management for Internet Protocols) について解説しています。
情報保証会議
「IEEE Systems, Man, and Cybernetics Information Assurance Workshop」で取り上げられたIAの重要性を、セキュリティーの観点から2回に分けて検証します。第1回では、Dr. Eugene Spaffordの基調講演を分析し、当コンファレンスで発表されたSITARアーキテクチャーについて詳しく検討します。
Stunnelを用いた暗号化
任意のTCPセッションに暗号化機能を簡単に追加できるようにするプログラムStunnelを紹介します。
ファイアウォールの構築: ファイアウォールを設ける前に明確にすべきこと: 第2回
ファイアウォールの主なテクノロジーを検討し、あなたの組織にとって最適な機能のファイアウォールを選択しましょう。
システムのセキュリティー保護: 危険度の高いシステムにJavaテクノロジーを用いる
このシリーズでは、インターネットからアクセス可能なシステムのセキュリティーを効果的に保護・管理する機能にJavaテクノロジーをどのように使用できるかについて説明します。
SE Linuxの秘密のベールを取る: 第2回
National Security Agency (NSA) がオープン・ソース・コミュニティーにリリースした、セキュリティー拡張Linux(SE Linux)について詳しく解説します。
  日本IBMについて  |  プライバシー  |  リーガル  |  お問い合わせ