(このページに記載されている情報は全て1998年時点のものです。)

ドラゴンクエストモンスターズ
〜テリーのワンダーランド〜


ゲームボーイで全く新しいドラゴンクエストが登場!

本作品はゲームボーイで遊べる、全く新しいドラゴンクエストです。
ドラゴンクエストの持つ遊びやすさや世界観に、携帯性や通信機能というゲームボーイの特徴を生かしたシステムを加えて、ゲームの持つ本来の面白さを更に広げた作品に仕上げました。新たなストーリー、新たな冒険をどうか存分に味わって下さい。

ジャンル:RPG/対応機種:全てのゲームボーイに対応/容量:16メガ+64K
対象年齢:全年齢/価格:4,900円(税別)/1998年9月25日発売
(C)アーマープロジェクト/バードスタジオ/エニックス 1998


「ドラゴンクエストモンスターズ通信対戦用公式ルール」発表!

主人公は子供の頃のテリー
1 2 3
ストーリーはドラゴンクエストVIよりずっと昔のテリーとミレーユがまだ子供の頃のお話です。
ある晩、ふと目覚めたテリーは不思議なモンスターに引き込まれるように、タンスの中に飛び込みます。そこにはテリーが見たことも聞いたこともない世界が広がっていました。
「大樹」に寄り添うように広がる「タイジュのくに」。ここが今回の冒険の舞台です。モンスターを自由に操る「モンスターマスター」となって、さあ冒険の旅に旅立ちましょう!




毎回異なるマップで冒険する

4 5 6
「タイジュのくに」に存在する「たびのとびら」。封印を解いたテリーが飛び込んだ先は洞窟だったり、山地だったり、森の中だったりと様々です。更なる「たびのとびら」を探しながらテリーは仲間モンスターと冒険を進めます。「たびのとびら」に飛び込んで行くテリーたち。そして最後にテリーが目にする世界とは・・・。

冒険の途中、時には「タイジュのくに」に戻らなければならない事があるかも知れません。けれど同じ「たびのとびら」に再び飛び込んだとしても、そこに広がる世界はテリーの記憶とは違っています。どんな場所にでるのか、その地域がどんな形をしているのかは、入るたびに異なるのです。あなたは「たびのとびら」に入るたびに、毎回違った冒険を体験する事になるでしょう。




仲間モンスターを操って戦う

7 8 9
「たびのとびら」の先に広がる様々な世界。そこでテリーは仲間のモンスターを操って、襲い来るモンスターと戦いながら旅をすることになります。戦いに勝てば、仲間になってくれるモンスターがいるかもしれませんので、ぜひ仲間に加えてあげて下さい。彼らを仲間にすれば心強い味方として冒険の手助けをしてくれるでしょう。

 戦闘はコマンドタイプのAI戦闘で、仲間モンスターがテリーの指示する作戦に従って戦ってくれます。戦闘に参加し、旅を続けるにつれて、仲間モンスターはどんどん頭がよくなり、成長していきますが、成長したモンスターの個性は様々です。戦闘における作戦が、成長するモンスターの個性に影響与えるとの噂がありますが・・・・。



「はいごう」で新しいモンスターを生み出そう!

10 11 12

仲間モンスター同士をかけあわせることを「はいごう」といいます。どんな仲間モンスターでもオス・メスの組み合わせなら「はいごう」することが出来ます。配合すると「タマゴ」が生まれ、「ふか」させることにより、親の能力を引き継いだモンスターが生まれます。配合しないと生まれないモンスターも存在しますので、とんでもないモンスターが生まれるかも知れません。
配合の仕方や組み合わせによって、最強の呪文を使えるスライムが産まれたり、どんな呪文からも身を守るスライムが出来たりと、自由に好きなモンスターを作る事も可能です。

自分だけのモンスターをつくりだしたら彼らと共に再び冒険に旅立って、究極のモンスターマスターを目指しましょう。 ・・・。


 

モンスターが強くなったら「格闘場」でクラスを上げろ!

13 14  

モンスターを仲間にしてある程度成長させたら、「かくとうじょう」に行ってみましょう。ここではモンスターマスター同士が日夜腕を競って自分の仲間モンスターを戦わせているのです。お金がかかりますが、3回連続で勝ち抜くと次のクラスに進めます。1クラス制覇するごとに新たな「たびのとびら」が開かれますので、新たなモンスターを仲間にするためにも是非挑戦して下さい。


通信ケーブルで広がるドラクエの世界

「ドラゴンクエストモンスターズ」の物語は一人一人のゲームボーイの中だけ収まる物ではありません。
通信ケーブルを使えば皆さんの周りのモンスターマスターと協力し、また勝負することでさらに「モンスターズ」の世界が広がって行きます。


 

「おみあい」とは?

15 16  

通信機能を使った友達との「はいごう」を「おみあい」と言います。  自分が見たこともないモンスターや魅力的な呪文・特技を持ったモンスターを持っている人がいたら、「おみあい」を申し込んでみましょう。きっと友達のモンスターの特徴を引き継いだ良いモンスターが生まれますよ。





「たいせん」しよう!

17 18  

モンスターマスターが存在するのはタイジュのくにのある世界だけではありません。通信機能を使えば、「ドラゴンクエストモンスターズ」を遊んでいる人の全てを、あなたと腕を競うモンスターマスターに変え、「たいせん」する事が出来ます。
対戦を行えばそこはまさにタイジュのくにを離れた格闘場。あなたのモンスターマスターとしての腕と、いままで育てたモンスターの強さの見せ所です。
賞品を賭けて対戦に勝てば相手のモンスターを手に入れることが出来ますが、負けると自分の選んだモンスターを相手に差し出さなければなりません。「たいせん」で負け続け、仲間モンスターがほとんどいなくなってしまった、などと言うことがないように「たいせん」で賞品を賭ける場合は、自分の仲間モンスターに自信がついてから挑戦するか、対戦に参加させるモンスターの数に制限を加えるなど、友達とルールを作って遊ぶと楽しいでしょう。



enix ゲーム&ホビー