2002年
新年企画特集号

       青函トンネルの費用便益帰着表
                  JR JR
利用者
地域経済 土地利用者 土地所有者 沿線住民 国・自治体 世界
合計
建設費
青函トンネル本体
(−7,455.5)
-
-
-
-
-
-
-
-
本州側取付部
(−806.4)
-
-
-
-
-
-
-
-
北海道側取付部
(−738.3)
-
-
-
-
-
-
-
-
63年3月時建設資金
−10,736.2
-
-
-
-
-
-
-
−10,736.2
期間終了時資産価値
98.3
-
-
-
-
-
-
-
98.3
連絡船運営費
12,687.9
-
-
-
-
-
-
-
12,687.9
鉄道線運営費
−3,690.6
-
-
-
-
-
-
-
−3,690.6
運賃収入・移動費用変化(旅客)
327.0
−119.8
-
-
-
-
-
-
207.2
運賃収入・輸送費用変化(貨物)
4,148.3
444.5
-
-
-
-
-
-
4,592.8
環境 エネルギー削減効果
-
-
-
-
-
-
-
(1,208.4)
-
地代の上昇
-
-
-
−○
+○
-
-
-
出資金
722.8
-
-
-
-
-
−722.8
-
補助金
586.4
-
-
-
-
-
−586.4
-
補給金
243.9
-
-
-
-
-
−243.9
-
諸税
-67.8
-
-
-
−○
-
67.8
-
利用者便益 時間短縮効果(旅客)
-
3,120.9
-
-
-
-
-
-
3,120.9
時間短縮効果(貨物)
-
5,717.8
-
-
-
-
-
-
5,717.8
安定性の向上(旅客)
-
254.5
-
-
-
-
-
-
254.5
安定性の向上(貨物)
-
1,364.9
-
-
-
-
-
-
1,364.9
安全性の向上
-
+○
-
-
-
-
-
-
-
環境 騒音
-
-
-
-
-
−5.3
-
-
−5.3
地球温暖化
-
-
-
-
-
-
-
29.7
29.7
合   計
4,320.0
10,782.9
-
-
-
−5.3
−1,485.4
29.7
13,641.9
(前田友章氏、岸邦宏氏、佐藤馨一氏:青函トンネルプロジェクトの費用便益分析、土木学会北海道支部論文報告集、2000年2月)
 

戻る