TIME誌「今年の人」に田代まさし!?
ラディン上回る組織票、ランキングから削除

オンライン投票結果  選出者が表紙を飾る米タイム誌「今年の人(パーソン・オブ・ザ・イヤー)」を、同誌がウェブサイト上でオンライン投票を行ったところ、のぞきと覚せい剤取締法違反で逮捕されたタレント、田代まさし容疑者(45)=写真下=に大量の票が集まり、ウサマ・ビンラーディンやブッシュ大統領を抑えて1位になる「珍事」となった=同左。異変に気付いた同誌側が投票を打ち切るとともに田代容疑者の名前をランキングから削除。結局、ラディンを1位としたが、さすがのタイム誌も首をひねったにちがいない。

TIME誌「今年の人」に田代まさし!?  「今年の人」は世界で、その年を象徴し、最も存在感のあった人物を毎年12月に発表するもので、昨年はブッシュ大統領が選ばれている。選定は同誌編集部が独自判断で行うが、同誌のウェブサイト上には投票ページが設けられており、だれでも「今年の人」にふさわしいと思う意中の人物を投票することができる。いわば一種の人気投票だ。

 そのオンライン上の投票結果で、21日(日本時間=以下同)からなぜか田代容疑者がランキング上位に急浮上。同日午後からは1位になり、22日未明には2位のラディンにダブルスコアの差をつける8万票余りを獲得した。

 ほぼ同時に、匿名掲示板「2ちゃんねる」上で、田代容疑者への投票を呼び掛ける動きが活発になっていたことが影響したもようだ。オンライン投票は多重投票もできるため、田代容疑者に多くの“組織票”が集まり、上位に進出してしまったというわけだ。

 この珍事にタイム誌側は同日未明、「何万ものメールが寄せられため、メールの募集を中止します」との一文を載せ、ウェブサイトにあった投票フォームを取り下げ。その後、1位にラディン、以下(2)ブッシュ米大統領、(3)ジュリアーニNY市長、(4)NY市消防本部や同市警察職員らのレスキューチーム…とする「確定ランキング」を発表。田代容疑者の名前はあえなく削除され「幻の1位」となってしまったが、それまでは世界中の人が、「Masashi Tashiro」の名前に、「誰だろう?」と首をかしげたに違いない。

 ちなみに、オンライン投票で1位になったラディンにも米市民の多くが「顔も見たくない」と拒否反応を示しており、はたして、タイム誌の表紙を飾るかどうか。結果は24日に発表される。

ZAKZAK 2001/12/22