トップニュース
浜崎あゆみ、CD売り上げ2年連続ナンバーワン

浜崎あゆみ  2年連続でCD売り上げナンバーワン! 歌手、浜崎あゆみ(23)=写真=が、「第34回日本レコードセールス大賞」(主催・音楽情報誌オリコン)で2年連続アーティストセールス大賞に輝いたことが13日、分かった。シングルとアルバムを合わせた総売り上げは、ナント243億8000万円。2年連続で200億突破は歌謡史上初の快挙だ。

 あゆがナンバーワン歌姫の座を堂々堅守した。

 総売り上げはナント243億8000万円。2年前に宇多田ヒカルが記録した281億3000万円には及ばなかったが、昨年を26億2000万円上回ったばかりか、2位の宇多田ヒカルにも85億5000万円の大差をつけた。2年連続受賞はtrfに続き2組目だが、2年連続200億円突破での1位は史上初だ。

 内訳は、アルバムで「A BEST」が425万枚(集計期間は昨年12月4日付から今年11月26日付まで)で130億円を売り上げたのを筆頭に、計177億1000万円。シングルも「M」「Dearest」など出す曲がすべて大ヒットを記録し、66億7000万円で、両部門を独占した。シングルは初栄冠だが、3年連続で50億円を突破し年間売り上げも歴代新記録を樹立した。

 作品別では、宇多田ヒカルのアルバム「Distance」が440万枚(134億7000万円)を記録し、わずかに後塵(こうじん)を拝したが、総合力では完全に圧倒。ディレクター部門でも浜崎担当の冨田恭通氏がシングル、アルバム両部門を受賞するなど9部門中5部門を浜崎が制覇した。

 今年はあゆにとって公私ともに充実の1年だった。プライベートではTOKIOの長瀬智也(23)と熱愛を宣言。11月には念願だった“あゆブランド”の店を渋谷にオープン。若者のファッションリーダーらしく、「ベストジーニスト」「ネイル・クイーン」などを次々に獲得した。

 本業では、ヒット曲「M」などをアレンジしたアナログ盤「THE M ep」が英メジャーチャート誌のクラブ部門で日本人で初めてチャートインする快挙も達成。大みそかの「日本レコード大賞」も最有力視されており、充実の1年をレコ大の戴冠でしめくくることになりそうだ。

★新人部門はCHEMISTRY

 日本レコードセールス大賞の新人部門ではCHEMISTRYが28億4000万円を売り上げトップの座に。男性アーティストでは8年ぶりに記録を更新した。

★14日にオリコンから表彰

 オリコンでは14日、あゆに対し、都内で垂石克哉社長がグランプリの楯を本人に贈る授賞式を行う。また、今年度の売り上げデータは、12月27日発売の「ウイークリー・オリコン」の合併号で発表される。