■ ゲームコンテストサイト草案
ゲームコンテストサイトに関する思いつきの覚え書き



昔、ログイン誌の『未確認クリエイターズ』というツクールのコーナーで、一度『1マップRPGコンテスト』というのをやったことがありまして、思えば拙者がゲームを作ったのもその1マップRPGに触発されてからでした。というわけで、あれは非常にイイ! 現代に復活させよう! コンパクもなくなったし今がスキマのゲームコンテストをやるで〜!!
というわけで、『1マップRPGコンテスト』を思いついたのですが、設立&維持の作業量がわりと膨大で、激辛と両立させるのはしんどいし、かといって激辛捨ててまでやるメリットが(『経験になる』ということを除けば)ないため、かなり作りこんだのですが、どうやらお蔵入り決定の模様。でも、企画としてはわりと良いと思うし、こうして出しておけば誰かやってくれるかもしれないので、コラムというか、メモを出しておきます。あるいは拙者の気が変わるかもしれないですし。

「企画案」
・1マップRPGコンテスト:ログインを受け継いでのマップ一画面のみのRPGのコンテスト。ただ、これだと対象がRPGツクールユーザーにほぼ絞られるので、門が狭くなりすぎる。よって以下のものも考えた。
・3分ゲーコンテスト:プレイ時間3分程度のもの。RPGにこだわらないので、上にくらべるとやや間口は広いだろう。
・500Kゲーコンテスト:容量が500KB以下のもの。ダイヤルアップユーザーに優しいし、サイト管理人にも優しいのでこれか。ただ、使うツールに思いっきり左右されるが…

「サイト内容」
投稿作品の展示、募集要項、協賛リンク、大型BBSなどの通常設備(?)の他、ありそうでなかったアップローダーは便利そう、というか、メールが容量的にパンクしそうなので必須といえるかもしれない。あと、フリーゲーム作者さんなどを呼んでのゲーム講座やシナリオ講座は面白いかもしれないが、面倒くさい。

「成否の決勝点」
・この企画が成功するかどうかは、結局のところ、コンテストへの動因人数に全てがかかっている。
・動因人数=来客数×参加率。
・よって、実行に当たり行うべき工作=
 A.来客数増加
 B.参加率向上

「来客数率増加策案」
・激辛レビューで宣伝
・あちこちに宣伝依頼
・協賛サイト募集(レビュワーとしても参加していただく?)
・公開ゲームの質・量の向上
・BBSの質的向上
・話題性を持たせる

「参加率向上策案」
・敷居を低く
・ゲーム感想の質・量の確約
・データをアップしやすい環境の提供
・入賞作品への賞金・あるいは図書券
・ムード作り
・コミック化
・サイトのレイアウト向上
・サンプル作品の充実
・レビュワーの魅力強化
・フリーソフト界の注目度アップ(というより単純にサイトビューの問題か)
・募集要項の洗練
・プロ化への道を模索(TAKERU状態?)

「規模予想」
・主な新規アクセスは協賛サイトから思われ、おそらくは『FREEGAME BBS.s』さんのように、1000/日位。ものすごくイイ具合に軌道に乗れば5000ヒット/日くらいは行くかもしれないが、10000ヒット/日は行かないのではないか。大作の存在し得ないミニゲームだし、市場は『ツクラー』だけだろうから、規模的にどうしても成功は難しいかもしれない。

「もし拙者が実行するとしたら」
A.激辛レビューを止めて、新規立ち上げ
B.記憶お絵描きを中止して、その時間を回す
C.イチオシ作品レビュー中で、3ヶ月に一回くらいやる。これならできるか?

というわけで、オチないですが終わります。面白そうだなぁ…Aでやってみたいなぁ…と、言うだけならタダなんですが。




戻る