日本で唯一人のプロフェッショナル ボディーガード
雑誌、新聞で話題!プロボディーガード テレンス・リー。
昨今の暗澹たる社会状況で、各方面からの取材を多数受けております。
テレンス・リーは元傭兵で80年代に世界中を転戦。90年代初頭に引退後、
米国でボディーガードとして活躍。
有名ハリウッド俳優の身辺警護も担当したプロ中のプロです。
ストーカー被害から、危機管理まで、講演、講習、コンサルティングなどが
可能です。個人、法人、団体は問いません。お気軽にご相談下さい。
まずは、ご依頼、ご相談内容をメールでお寄せ下さい。秘密厳守致します
〈パーソナルデータ〉
氏   名   テレンス・リー(李鐘善)/ Terence Lee
性   別   男
国   籍   不詳


〈略歴〉
1964年   横浜に生まれる。
         伝説的なストリートファイターでもあった父親の影響で、幼少時から、
         空手、柔道、中国拳法など、あらゆる格闘技を修得。
1983年   大学入学直後に出奔。フランス外人部隊入隊。
1987年   フランス外人部隊除隊。その後、傭兵として世界各地を転戦。
1992年   戦友の誘いでアメリカのプロボディーガード法人に入社。
         米国、アジア諸国を中心に、資産家、芸能人、有名人、スポーツ選手
         など、多くのV.I.Pを警護する。
2000年   Terence Lee Personal Protection Serviceを設立。これまでの経験
         から、独自の理論に基づく警護マニュアルを確立。現在に至る。


〈特色〉
危機管理、軍事、護身術、格闘技などに精通。傭兵時代に築いた情報ネットワークで、
精度の高い分析をする。ある軍事専門誌ではタリバン政権の早期崩壊を予言。
実戦経験からあみ出された護身術は、世界中のV.I.Pからも高く評価され、門弟として
いる彼らの秘書や周辺関係者は数百人にのぼる。
文学、芸術、心理学、医学などにも造詣が深く、ネゴシエーターとしても超一流。


〈最近の取材〉
講談社「ViVi」、青春出版社「SAY」、東京スポーツ他。
別ペンネームで業界紙にエッセイ、実体験レポートを連載中。


Terence Lee Personal Protection Service (テレンス リー パーソナル プロテクション サーヴィス)
「仕事を引き受けた以上は、相手にかかわらず絶対に守る」が信条のプロ集団。
資産家の身辺警護、某有名女優の対ストーカー対策、重要・機密書類の受け渡しなど、
ボディーガード、エグゼクティブ・コーディネーター、ネゴシエーターとして、日本国内に限
らず韓国、台湾、香港、中国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、インドでも
実績を重ねる。
現在、男性5人、女性2人のプロボディーガードが在籍。
リライフスタッフ(看護婦)は常勤1人、非常勤6人。
秘密裏警護という性格から、バーテンダー、マジシャン、エステシャン、鍼灸師、はては
寿司職人の技術、資格を持つメンバーまでいる。
どのような状況下でも犯人に察知されず、確実に対象者を警護できるのは、日本国内
ではテレンスリー氏とそのメンバーだけ。
これからの社会的ニーズを睨み、女性ボディーガードの育成にも力を注いでいる。


※業務の性格上、オフィス所在地、電話番号などは一切公開しておりません