今日の天気  占い  何の日?  スポーツ   コラム甘口辛口   
野 球
MLB
ヤクルト
阪 神
サッカー
toto
モータースポーツ
ゴルフ
ファイト
ラグビー
Moreスポーツ
芸 能
e−女
競 馬
e−湯
娯楽・セクシー
グルメ
釣 り
社 会
関西イベント

コラム甘口辛口
2003年5月8日(木)

朝青龍の侮辱発言、協会はきちんとした対応をとるべき

 何かにつけて品格を問われている横綱朝青龍が、また問題を起こしたようだ。7日発売の『週刊新潮』に『朝青龍の品格なき差別発言』と題する記事が載った。第1子誕生を報じた先月8日のあるスポーツ紙の記事に「だれがしゃべった」と激怒し、2日後の茨城県内の巡業先で同紙の記者をどなりつけたという。

 『週刊新潮』は、その場面をこう書いている。『…冷静かつ穏やかに説明し続けた記者に対し、次第に激昂してきた横綱は、あろうことか「バカ野郎」「このクソ外人」と面罵し、挙句の果てに「キムチ野郎」と罵倒した』。この記者は留学生として来日した後、新聞社に入社した韓国人記者で、国際問題にもなりかねないひどい侮辱である。

 朝青龍は昨年秋場所、貴乃花(現親方)に敗れたとき花道で「チキショー」と叫んだり、物言いをつけない審判を批判してひんしゅくを買った。今年初場所後、横綱に昇進した際、横審の一部委員から「品格が悪いようなら降格させてもいいのでは」との意見も出たほど。『曰く付き』の横綱である。

 この件は、朝青龍の怒声があまりにも大きかったため話が広まったといい、当然相撲協会幹部の耳にも入っていたろう。大新聞やNHKなど『権威』には弱い半面、週刊誌には何が出ようが、つねにほっかむりを決め込む協会とはいえ、こんどばかりは黙って見過ごすわけにはいかないのではないか。

 プロ野球やJリーグでは素行の悪さが少しでも報じられると球団が事情聴取し、それなりに対応している。協会も本人や師匠から話を聞き、場合によっては記者に謝罪するなど、きちんとした対応をとるべきだろう。

(サンケイスポーツ 今村 忠)
著者プロフィール




Copyright 1997-2003 SANKEI SPORTS.
No reproduction or republication without written permission.
Send feedback to info@sanspo.com
著作権、リンク、個人情報について