hdrC.gif

c-029■■ 戸塚ドリームランド地区地区計画■■

名 称 戸塚ドリームランド地区地区計画
位 置横浜市戸塚区深谷町及び俣野町
面 積 約7.5ha

















地区計画の目標  当地区は,戸塚区の南西部に位置しており,昭和39年に大規模レジャー施設として開発された地区であるが,ドリームランド線の運行再開に伴い交通利便性が向上し,地区の活性化及び土地利用の高度化が望まれる地区である。
 このため,駅舎や車両基地などのドリームランド線関連施設を整備し,郊外部拠点駅にふさわしく大規模な商業・文化施設を集積して,広域的な商業需要に対応するとともに,良好な住宅の供給を進め,計画的な市街地形成を図ることを目標とする。
 また,交通広場・道路・公園などの都市基盤施設の整備を行い,車交通への対応を図りつつ,植栽等を積極的に設置して,周辺の緑豊かな環境と調和した魅力的な空間を形成する。
土地利用の方針  当該地区を2区分し,それぞれ次の方針により土地利用を誘導する。
(A地区)
 ドリームランド線拠点駅の表玄関として望まれる活力ある街づくりを推進するため,中核的な商業・文化施設や,新たな定住者を見込む良好な都市型住宅及び立体駐車場を複合的に整備すると共に,既存ホテルとの機能的な連携を図りつつ,高度利用を促進する。
(B地区)
 ドリームランド線の関連施設として,駅舎及び車両基地の整備や,交通広場,自転車駐車場の設置を行い,交通ターミナルとして整備する。
地区施設の
整備の方針
 路線バスの発着所,タクシー・自家用車の待機所などを含む郊外部の拠点駅にふさわしい交通広場を整備すると同時に円滑な車交通を確保するため主要な道路を整備する。
建築物等の
整備の方針
(A地区)
 建築物の整備に当たっては,日照,通風,景観などの周辺環境への影響を配慮しつつ,既存の高層ホテルを含め,地区の高度利用を図り,違和感のない魅力あるスカイラインを形成する。このため,建築物の用途の制限,建築物の敷地面積の最低限度,壁面の位置の制限,建築物の高さの最高限度,建築物等の形態又は意匠の制限,垣又はさくの構造の制限において必要な基準を設ける。
(B地区)
 建築物の用途は,ドリームランド線の関連施設及び旅客関連施設とし,建築物の整備に当たっては,隣接する住宅団地への影響を十分配慮する。このため,建築物の用途の制限,建築物の敷地面積の最低限度,壁面の位置の制限,建築物等の形態又は意匠の制限,垣又はさくの構造の制限において必要な基準を設ける。
緑化の方針  良好な環境を形成するため,建築物の敷地及び公園等の積極的な緑化に努めるものとする。

c-029 地区整備計画
地区施設の配置及び規模 道 路 幅員 14 m、延長 約60m
幅員 20m、延長 約410m(一部地区外にかかる部分を含む。)
交通広場 面積 約2.750m2(計画図表示のとおり)









地区の
区分
名 称 A 地 区 B 地 区
面 積 約5.5ha 約2.0ha
建築物等の用途の制限  次の各号に掲げる建築物は,建築してはならない。
1 学校(大学,高等専門学校,専修学校及び各種学校を除く。)
2 自動車教習所
3 勝馬投票券発売所及び場外車券売場
4 原動機を使用する工場で,作業場の床面積の合計が50m2を超えるもの(作業場の床面積の合計が150m2を超えない自動車修理工場を除く。)
5 建築基準法(昭和25年法律第201号)別表第2(と)項第3号に掲げる工場(ただし,商業施設の附帯施設として設けるものを除く。)
 次の各号に掲げる建築物以外の建築物は,建築してはならない。
1 巡査派出所,公衆電話所その他これらに類する公益上必要な建築物
2 事務所,店舗,飲食店その他これらに類する用途に供するもの
3 工場
4 自動車車庫及び自転車駐車場
5 前各号の建築物に附属するもの
建築物の建築面積の敷地面積に対する割合の最高限度 建築物の最高高さが20mを超える建築物の敷地にあっては,10分の6とする。
____
建築物の敷地面積の最低限度  建築物の敷地面積は,500m2以上とする。
 ただし,巡査派出所,公衆電話所その他これらに類する公益上必要な建築物の敷地として使用する土地については,この限りでない。
壁面の位置の制限  建築物等の外壁又はこれに代わる柱の面から前面道路の境界線までの距離は,次に掲げる数値以上とする。
建築物の各部分の高さ 後退する距離 後退する距離
20m以下の部分 5m 1m
20mを超える部分 20m
 ただし、次のいずれかに該当する建築物又は建築物の部分については、この限りでない。
1 巡査派出所,公衆電話所その他これらに類する公益上必要な建築物又は建築物の部分
2 公共用歩廊その他これに類する建築物又は建築物の部分
3 外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計が3m以下であるもの
4 ポーチその他これに類する建築物の部分で,当該部分の前面道路に面する長さを,当該部分が面する側の敷地の前面道路に接する部分の長さで除した数値が5分の1以下であって,当該部分から前面道路の境界線までの水平距離のうち最小のものが1m以上で,かつ,高さが5m以下であるもの
5 物置その他これに類する用途(自動車車庫を除く。)に供し,軒の高さが2.3m以下で,かつ,床面積の合計が5m2以内であるもの
6 自動車車庫の用途に供し、軒の高さが2.3m以下であるもの
建築物の高さの最高限度 100mを超えないものとする。
______
建築物等の形態又は意匠の制限  建築物については,高層部を塔状とし,魅力的なスカイラインを形成する。  建築物は,周辺環境に配慮した形態及び意匠とする。
垣又はさくの構造の制限  フェンスその他これに類する開放性のあるものとする。
 ただし,門柱その他これに類するものを除く。
「区域,地区の区分及び地区施設の配置は,計画図表示のとおり」


トップメニュー ArwN.gif横浜市 市の組織 ArwN.gif建築局ArwN.gif 建築指導部ArwN.gif 地区計画担当 地区計画一覧表 戸塚ドリームランド地区地区計画ArwN.gif計画図

1998 City of Yokohama. All rights reserved.