ZDNet: News | Enterprise | Mobile | PCUPdate | Living+ | Shopping | Jobs | Games
HOME速報テクノロジービジネスセキュリティリビングプラスモバイルアンカーデスク記事一覧

記事検索

TOPICS
 ◆ 究極のiモード〜FOMA「900i」5機種が発表 (モバイル)
◆ 速攻で作成できる年賀状指南 (PCUPdate)
◆ 会員制サービス「IT Premium」登録受付中! (IT Premium)
オンラインショップ販売データ20万件を掲載 ! 最新の価格情報がすぐわかる !

  ITエンジニア必見!     職場・給料・スキルで選ぶ   IT派遣も【オー人事】

今日のニュース
 2003年12月19日 (全記事)
[NEWS] バイオノート505エクストリーム「モック物語」
[NEWS] 光が踊るUSBライトとUSB目覚まし時計
[NEWS] GPS+AF128万画素CCD〜実は大穴の「F505iGPS」 (ZDNet Mobile)
[NEWS] iモード端末が「Suica」に〜JR東がデモ (ZDNet Mobile)
[NEWS] ビル・ゲイツ氏を見返したかったRealのCEO
[NEWS] Webカメラで“手話”のビデオチャット授業
[NEWS] 児童ポルノ一掃目指し、史上最大のおとり作戦発動
[NEWS] 「県間通信だけでは、規制緩和が不十分」 〜NTT東 (ZDNet リビング+)
[NEWS] 日立、WXGA表示対応の2スピンドルモバイルノートPC
[NEWS] アイワ、DVDプレーヤー一体型の21型TV
[NEWS] イーレッツ、小型ファンレスPCに光学ドライブ付きの新モデル
[NEWS] RealNetworksの対MS訴訟、なぜ“このタイミング”なのか?
[NEWS] MS・NY連合がスパム業者を提訴――被告は「嫌がらせ」と反論
[NEWS] 警察庁、「IP電話で110番」研究のモデルシステム案を公開 (ZDNet リビング+)
[NEWS] Review:SoundVuを標準装備した省スペースAV PC――NEC VALUESTAR L VL570/7D
[NEWS] NASAのWebサイトに「戦争反対」のハッキング
[NEWS] RealNetworks、MSに「10億ドルの損害賠償」求める
[NEWS] レビュー プラネックス「BRC-14V」:マルチユースのブロードバンドルータを試す (ZDNet リビング+)
[NEWS] 小中学生にも“アバターサービス”が浸透中? (ZDNet リビング+)

2003年12月18日 (全記事)
[NEWS] 「必要なのはシームレスな互換性」――NEC、現行DVDも再生可能なHD DVD
[NEWS] スカパー!とプラット・ワンの合併でCS 110度放送は変わる?
[NEWS] DVDフォーラム幹事会のメンバーが3社増えて20社に
[NEWS] 歩くより遅いかも? 世界初の“走る”ヒューマノイドロボット
[NEWS] きょうはASUSTeK「A9600XT/TVD/N/128M」でミドルレンジの「お買い得度」を考えた
[NEWS] Opinion:愛すれど悲し、Visual Basicは罪作り (ZDNet エンタープライズ)
[NEWS] 900iシリーズは「505i」にどこまで追いついたか (ZDNet Mobile)
[NEWS] 交通事故を防止する次世代交通システム
[NEWS] 究極のiモード〜FOMA「900i」5機種が発表
[NEWS] [WSJ] Amazonと衝突する? Googleの書籍検索サービス
[NEWS] フィッシング詐欺への危機感募らす金融業界
[NEWS] Review:内蔵HDDレベルの高速な1394b対応外付けHDD――バッファロー HD-H160IBU2
[NEWS] [WSJ] Motorolaの「現状満足」文化に挑むエド・ザンダー氏
[NEWS] Microsoft、スパムにさらなる「法の攻撃」へ
[NEWS] Intel、デジタルTV向けチップ参入へ
[NEWS] 短期集中連載 東大公開講座より〜:ゲームのせいで日常的に「ゲーム脳」になるとはいえない (ZDNet リビング+)
[NEWS] 三洋、シャープ、東芝、三菱がめざすネット家電の姿とは? (ZDNet リビング+)

2003年12月17日 (全記事)
[NEWS] コア事業は、小型・高精細ニーズが高まる「低温ポリシリコン」――三洋ディスプレイ
[NEWS] バッファロー、高速化した8倍速DVD-R対応ドライブ
[NEWS] 国内電子工業生産見通しは2004年までプラス成長
[NEWS] [WSJ] 家庭で作る300ドルのLinuxマシン
[NEWS] [WSJ] AOL、ICQでも出会い系サービス提供へ
[NEWS] リンクをクリックするだけでマイル付与 携帯向け「ネットマイル」始動
[NEWS] DRMも「独自」から「オープン」へ――Philips・ソニーの新システム
[NEWS] HALOの秘密「番外編」:本格SF風「Halo」の魅力とは?
[NEWS] Windows XP SP2で、IEのセキュリティはどう変わる?
[NEWS] “au買うのはちょっと待って”とドコモ、榎氏 (ZDNet Mobile)
[NEWS] リコー、28ミリ広角ズーム搭載の防水デジカメ
[NEWS] Bluetoothで通勤時間を半分にする方法
[NEWS] Review:インクジェットプリンタ絵作り大研究――第2回「自動修正機能時の絵作り」
[NEWS] ついに成立したスパム規制法――「逆にスパムを増やす」懸念も
[NEWS] Review:“モノアイ”があなたの動きを追う――Webカメラ「Qcam Orbit」
[NEWS] 住基ネット――食い違う意見の中で見えてきた2つの隔たり (ZDNet エンタープライズ)
[NEWS] NTT東の「映像通信網サービス」は“波長多重なし”でスタート (ZDNet リビング+)
[NEWS] 短期集中連載 東大公開講座より〜:「ゲームをするからひきこもりになる」は因果関係が逆 (ZDNet リビング+)

2003年12月16日 (全記事)
[NEWS] 英国で復活する「無料PC」
[NEWS] [WSJ] 家電の世界を揺さぶる「大変動」とは?
[NEWS] RIAA訴訟の成果か――ファイル共有の「本土」は欧州に
[NEWS] 住基ネットのセキュリティは「平均以下」 〜長野県の報告 (ZDNet リビング+)
[NEWS] 番号ポータビリティ導入は“前提”の方向へ (ZDNet Mobile)
[NEWS] WinDy、水冷ユニット「AquaGizmo」の追加販売決定
[NEWS] 広告機能に批判浴びるGoogle、AdWordsとFroogleを強化
[NEWS] メッセンジャー機能“善用”のポップアップ広告、仮差し止め回避
[NEWS] 富士通、Tablet PCに12.1インチLCD搭載の新モデル
[NEWS] Review:“考えるための道具”として進化を遂げた一太郎2004
[NEWS] 東芝、切手サイズのハードディスクを開発〜小型情報機器向けに (ZDNet Mobile)
[NEWS] Winamp5、登場間近。有料版もリリース
[NEWS] Centrinoは“2004年のマストアイテム”になれるか

...記事一覧

 ▼ ご意見・ご感想
▼ リリース送付先
News 2003年12月8日 07:35 PM 更新

初のEfficeon搭載ノートPC「MURAMASA」見参

10月のEfficeon発表会で、質問が集中したのが「開発は順調なのか?」 しかし大方の予想を裏切り、来年早々の1月2日に搭載ノートPCが出荷される。そういえば1月2日は「初荷の日」だったりする。

 シャープは12月8日にEfficeonを搭載した初めてのノートPCになるMebius MURAMASAの新シリーズ「PC-MM2-5NE」「PC-MM2-1シリーズ」を発表した。出荷はコンシューマー向けのPC-MM2-5NEが1月2日から始まり、企業向けのCTOモデル「PC-MM2-1シリーズ」は1月23日から受注が開始される。

 価格はともにオープンプライス。実売予想価格はPC-MM2-5NEで約18万円、PC-MM2-1シリーズは構成によって異なるが、16万円から21万円になる予定。


Mebius MURAMASA「PC-MM2-5NE」 キーボードはポップアップしないノーマルな構造。本体重量は910グラム。本体厚は15.7〜19.6ミリと最も厚い部分でも20ミリを切っている。ボディーにはマグネシウム合金を採用


PC-MM2-5NEのシステムプロパティを表示。Processorの欄にはTM8000が表示され、駆動クロックは993MHzとなっている。ちなみにサウスブリッジはULiのM1563Mを実装。インタフェースとしてはTypeII対応PCカードスロット×1、USB 2.0×2ポート、LAN、VGAコネクタ(専用形状)が筐体に用意されている。また、無線LANはIEEE 802.11b/gをサポートする

 PC-MM2に搭載されたEfficeonの動作クロックは1.0GHz。シャープ情報通信本部パソコン・モバイル事業部事業部長の中村眞氏は「一日フルに使えるバッテリー駆動性能とメインマシンとしても使えるパフォーマンスを両立するためにEfficeonを選択した」と述べている。

 PC-MM2は従来モデルのPC-MM1の性能向上版と見ることもできる。システム全体のパフォーマンスを向上させるために、CPU以外のパーツにも変更が加えられている。ビデオチップにはLynx 3DM+に代わってMOBILITY RADEONを採用して3D描画性能を向上させ、HDDも軽量化と静音化を図り耐衝撃性を向上させるため、軽くて流体軸受けを採用した新しいドライブを搭載した。

 ただしメモリはオンボードに搭載された256Mバイトのみ。メモリスロットが用意されていないのでこれ以上拡張できない。Windows XP時代にやや不安を感じる容量だが、中村氏は「筐体を薄くするためにはメモリスロットを採用するわけにいかなかった。基板のスペースの関係で256Mバイトが限界だったが、大容量のメモリチップを使えば容量そのものは拡張できる。CTOやカスタマイズモデルで対応することも考えられる」と答えている。


Efficeonのパフォーマンスをアピールするために、シャープが示したPCMark2002 CPU値とWindowsの起動時間のグラフ。比較対象のPC-MM1-H6Wには同じTransmetaの「Crusoe TM5800/1GHz」が搭載されている。同クロックの比較でもEfficeonを搭載したPC-MM2のパフォーマンスが上回っているのに注目


PC-MM2に搭載された新しいHDDドライブは、厚さが2ミリ程度増したものの、フットプリントが小さくなり耐衝撃性もアップしている。1.8インチHDDを採用しているので容量は20Gバイト。このあたりは常に評価が分かれるところだ

 気になるバッテリー駆動時間は、カタログデータで標準バッテリー搭載時3.5時間(搭載時重量910グラム)。PC-MM2には標準バッテリーのほかに、バッテリー駆動時間6時間(搭載時重量990グラム)の「中容量バッテリー」とバッテリー駆動時間11時間(搭載時重量1170グラム)の「大容量パッテリー」がオプションで用意されている。なお、これらのバッテリーは排他利用になっていて、同時に利用することはできない。

 PC-MM2には、Windows XPに標準で用意されている電源管理設定以外に、LongRunを管理するパワーマネジメント系のユーティリティーツールが用意されていない。「ソフトウェアによるパワーマネジメントはWindows XPにお任せ」(シャープ情報通信事業本部パソコン・モバイル事業部商品企画部主事 青木芳和氏)しているPC-MM2には、パフォーマンスを重視した「NORMAL」とバッテリー駆動時間を重視した「MOBILE」の二つのモードを切り替えるスイッチが、ユーザーが設定できるパワーマネジメント機能として筐体に用意されている。

 「細かい設定項目を用意するよりも、二つのモードを切り替えるだけのほうが、分かりやすく使いやすいと考えた」(青木氏)

 モードによって「CPUの処理能力と液晶の輝度を切り替えて、MOBILEモードでは実使用におけるバッテリー駆動時間を長くする」(青木氏)と説明しているが、一方で中村氏は「JEITAの方法でバッテリー駆動時間のベンチマークをしてみても、NORMALモードとMOBILEモードでほとんど時間の違いはない」と述べている。

 「バッテリー時間を長く見せようとするJEITAのベンチマークでは、NORMALモードもMOBILEモードも結果に代わりはない。しかし、ベンチマークではなく、実際に使ってみると明らかに差が出てくる。評価するときもベンチマークの値だけでなく、実際に使って評価して欲しい」(中村氏)


左から大容量、中容量、標準のバッテリーパック。大容量と中容量はオプション扱い。形状を見てわかるように、現行のPC-MM1シリーズと共通になっている


キーボードの上に設けられたパワーマネジメントのモード切替スイッチ。NORMALとMOBILEの二つのモードが用意されている。このようにパワーマネジメントをハードウェアで設定できるノートPCは珍しい

 Mebiusユーザーに好評だったクレードルは、PC-MM2にも標準で用意されている。これまでのように起動しなくても外付けHDDのようにデータを共有できるDirectHDの機能が拡張され、デスクトップPC側のディスクドライブからPC-MM2にリカバリーデータをコピーして復旧作業を行う機能も追加されている。

 発表会では「TransmetaからのCPU供給に不安なないのか」という質問も出たが、「Transmetaからは順調に納入されている。供給に不安を感じたことはない」(中村氏)と答えている。

 中村氏は、数あるモバイル向けCPUのなかから、Efficeonを選択した理由についても言及している。「特定のメーカーを意識的に選んでいるわけでなく、それぞれのCPUを評価して我々の目的にあった適切なものを選んでいる」

 「シャープはこれまでもTransmetaのCPUを採用しており、経験やノウハウが豊富であることに加えて、Efficeonは、シンプルなハードウェアとCMSとLongRunといったソフトウェアの両方でパフォーマンスとバッテリーのバランスを柔軟に調整できる特徴がある。これはメーカーにとっても大きなメリットだ」


製品発表会には、さりげなく「参考展示」の製品が並べられていた。これはテカテカのパールホワイトでコーティングされた新色のMURAMASA。黒いテカテカ塗装では「指紋」がとっても気になるが、白ならそれほど目に付かない


こちらは、実際に販売されるインナーバック。色といい巾着といい和風テイストのデザイン


で、こちらが西陣織の豪華版インナーバックの参考展示品。「製品化すると4〜5万円はするでしょう」


同じ西陣織のインナーバックだが、こちらは現代風のデザイン

関連記事
▼ 2速ギアのCrusoeから4速ギアのEfficeonでオーバーヘッド問題を解決する
▼ パフォーマンスでPentium Mと肩を並べたEfficeon

関連リンク
▼ シャープ
▼ Transmeta

[長浜和也, ZDNet/JAPAN]


PRNew!驚異のCPUパワーが興奮を掻き立てる19"TFT付デル最強PC


ZDNet

▼ メールマガジン購読 ▼ ニュース速報 ▼ ZDNet Wire最新号 ▼ ケータイZDNet ▼ サイトマップ ▼ プライバシー

▼ SOFTBANK ▼ Softbank Publishing ▼ Yahoo! JAPAN ▼ ZDNet U.S.


Softbank Publishing

Copyright © 2003 CNET Networks, Inc. All Rights Reserved.
ZDNet is a registered service mark of CNET Networks, Inc. ZDNet Logo is a service mark of CNET Networks, Inc.
Copyright © 2003 Softbank Publishing Inc. All Rights Reserved. Copyright © 2003 SOFTBANK ZDNet Inc. All Rights Reserved.