YOMIURI ON-LINE
マネー 住まい  I T  旅行 クルマ 女性 しごと エンタメ 読書 ワイン 写真
記事検索 半年分無料  YomyClub ウォーキング  どんな新聞? 料理レシピ
ご購読お申し込み

天気 地図 English サイト案内 イベント 新聞購読 読売新聞へようこそ
サイエンス


特集

一覧 

NYコレクション
米大統領選
鳥インフルエンザ
ジブリスキー場


GIANTS
Web報知

日テレ ネットワーク局



地域情報

一覧 

関 西 北海道
中 部 北 陸 九 州
北海道
宮 城
福 島
群 馬
東 京
富 山
山 梨
静 岡
滋 賀
兵 庫
鳥 取
広 島
香 川
福 岡
熊 本
鹿児島
青 森
秋 田
茨 城
埼 玉
神奈川
石 川
長 野
愛 知
京 都
奈 良
島 根
山 口
愛 媛
佐 賀
大 分
沖 縄
岩 手
山 形
栃 木
千 葉
新 潟
福 井
岐 阜
三 重
大 阪
和歌山
岡 山
徳 島
高 知
長 崎
宮 崎


YOL広告ガイド

ヨミウリ ウイークリー

首都圏中学入試速報
転職願望ここが危険

月刊YOMIURI PC
不要ファイル完全消去


読売新聞へようこそ


お知らせ
会社案内
採用情報
イベント
会議・フォーラム
購読お申し込み
新聞広告ガイド
社会貢献
読売グループ
読売日響 読売旅行
読売光と愛の事業団
読売ファミリーサークル
お問い合わせ

YOLからのお知らせ

こだわりグルメ便
ニュースサイト案内
 TOP > サイエンス

がん患者3・2%は診断被ばくが原因

 国内でがんにかかる人の3・2%は、医療機関での放射線診断による被ばくが原因の発がんと推定されることが、英・オックスフォード大グループが行った初の国際的な研究で明らかになった。

 調査が行われた英米など15か国の中でも最も高かった。CT(コンピューター断層撮影法)装置の普及などが背景とみられ、検査のあり方を巡り波紋を広げそうだ。この研究は英国の医学誌「ランセット」で報告された。

 研究は、各国のエックス線、CTなど放射線検査の頻度や、検査による被ばく量、さらに年齢、性別、臓器ごとに示した放射線の被ばく量と発がん率の関係についてのデータなどを基に、検査に伴う75歳までの発がん者数を推定した。日本は年間7587件で、がん発症者の3・2%としている。日本以外では、英国、ポーランドがともに0・6%で最も低く、米国0・9%、最も高いクロアチアでも1・8%だった。

 日本は、1000人あたりの年間検査回数が最多の1477回で、15か国の平均の1・8倍。発がん率は平均の2・7倍で、1回の検査での被ばく量が他国より高いことがうかがえる。

 佐々木武仁・東京医科歯科大名誉教授(口腔放射線医学)は「通常のエックス線検査より、放射線量が多いCT検査の普及が影響している」と指摘する。

 CTは、エックス線を使ってコンピューターで画像にする装置。国連科学委員会報告によると、日本は人口100万人あたりの普及台数が64台で、2位のスイス(26台)を引き離し、世界一多い。

 CTには年間の検査回数や撮影枚数に制限がなく、機器の精度や技師の腕により被ばく量が異なる。日本放射線技師会は2000年、医療被ばくの指針を定め、撮影部位ごとの目標値を策定。さらに見直し作業を進め、来年度にCT検査の実態調査を行う予定だ。

 ◆早期発見に革命的な進歩◆

 精密な検査が可能なCTは、がんの早期発見をはじめ脳卒中、骨折などの診断に革命的な進歩をもたらした。最近は人体をらせん状に切れ目なく撮影し、通常のエックス線では発見できない数ミリ単位の病変も映し出すヘリカルCT、血管の内部まで鮮明に撮影できるマルチスライスCTも登場している。

 一方で、撮影するほど医療機関の収入になることから、数千万円から1億円にのぼる設備投資を回収しようと過剰な検査をする場合もある、との指摘もある。

 佐々木名誉教授は「CTは有効な検査であり、今回のデータが出たからと言って必要な検査をせず、誤診や見落としにつながるのでは本末転倒。ただ、超音波検査など代わりの検査が可能かなどを検討し、発がんの危険性も十分考慮したうえで使うよう徹底する必要がある」と話している。

 ◆放射線と発がん=放射線を浴びると、正常細胞を傷つけることにより、がんを引き起こすとされる。原爆やビキニ水爆実験の被ばく者に白血病などが見られたほか、1986年の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故の後、近隣住民に白血病、甲状腺がんが急増した、との報告がある。

 ◆CT=「computed tomography」の頭文字。様々な角度からエックス線をあて、コンピューターで輪切りの画像にする装置。イギリスで開発され、日本には1975年に初めて輸入された。2002年の厚生労働省調査では、全国の病院の保有台数は7920台にのぼる。

 肺がん早期発見の効果が注目され、米国では喫煙者ら5万人を対象に、従来の胸部エックス線検査と有効性を比較する臨床試験が行われている。

 CT検査による被ばく量は、胸部の場合、通常のエックス線装置の400倍に相当するともされるが、最近は低い放射線量でも精度の高い製品がある。国際放射線防護委員会(ICRP)は「必要がなければ繰り返しの検査は避ける」など検査の要件を示している。

 (2004/2/10/03:01 読売新聞 無断転載禁止)


サイエンス 最新記事

ポリオ2次感染を救済、入通院手当を新年度から給付(2/10 15:11)
臓器移植ネット、順位後回しミスは6人でなく4人(2/10 14:35)
「国立公園に風車」で最終報告…施行規則に設置基準(2/10 13:32)
がん患者3・2%は診断被ばくが原因(2/10 03:01)
有害性指摘される化学物質、全国の水系で検出(2/10 00:51)

日本の国土、東京ドームの254倍分増える(2/9 22:15)
「特定外来生物」指定、輸入など許可制…被害防止法案(2/9 14:41)
インフルエンザワクチンの返品8万本…病院が抱えこみ(2/9 14:23)
火星探査車、「岩に穴開け」初成功(2/9 12:11)
NASAの火星探査車1号機が復活、岩石調査を再開(2/7 20:37)


ネット&デジタルへ医療と介護へサイエンス面一覧

購読申し込みもインターネットでどうぞ 

注目情報


【PR】 
あなたの愛がかなう街 イクスピアリのヴァレンタイン


編集長のおすすめ


わが子が脳障害
プラハのハベル市場
ナスの新しい魅力
ミシュランの3つ星
住宅購入の契約
ICタグで商品管理
年収多いほど減税?
学歴は物差しか
土佐発オンリーワン
関西の梅便り
幸せの新聞


データベース
文書館 写真館
スクールヨミダス
読売新聞CD-ROM版


大手小町
ポイントカード

@マネー
株価を読む

ホームガイド
システムバス

医療・介護
乳房再

ネット&デジタル
ネットTV配信再挑戦

@CARS
マツダも「G-BOOK」

旅ゅーん!
台湾監獄島の舞台

ワイン&食
Sakeで乾杯!

生活
エチゼンクラゲ

エンタメ
「砂の器」撮影現場

ブックスタンド
子ども館

教育ワンダーランド
入試直前動向分析

ネットてらこや
ネット博士クイズ

ジョブサーチ
現代マスコミ事情

地域情報
加茂湖産カキ

▲この画面の上へ 
yomiuri on-line ご意見、ご要望はこちらへ  ・広告について
FAQ  ・写真のご提供はこちらへ  COPYRIGHT THE YOMIURI SHIMBUN
・YOLに掲載の記事、写真の無断転載を禁じます ・著作権、リンク、個人情報の取り扱いについては
こちら