中国新聞地域ニュース
EM菌「推進しません」 広島県 '03/9/13

 広島県は、海や川の浄化に自治体や環境団体が使っている有用微生物群(EM菌)の利用を推進しない方針を決めた。「室内実験で水質の浄化作用が全く認められなかった」というのが理由だが、普及団体などには反発も広がっている。

 県保健環境センター(広島市南区)が今年二月から実験。市内の海田湾(南区)や魚切ダム(佐伯区)、八幡川上流(広島県湯来町)の三カ所で採取した水をそれぞれガラス瓶に入れ、EM菌を混ぜて二カ月間、水質の変化を調べた。

 水はどれも、汚れを示す生物化学的酸素要求量(BOD)や化学的酸素要求量(COD)の数値が上昇。国の環境基準を上回ったまま、戻らないケースもあった。

 魚介類に悪影響を及ぼす窒素やリンの数値も上がり、赤潮を生むアオコの増殖も抑えられなかった。

 既に岡山県や福井県も同様の実験を行い、結果も同じという。

 こうした実験結果を受け、広島県は六月に「県としては、EM菌利用を推進しない」と決め、県内七カ所の地域事務所に通知した。

 ■「ヘドロ確かに減っている」 普及団体は反発

 EM菌による浄化運動は、福山市や瀬戸田町など県内の約二十市町が取り組んでいる。条例で利用をうたう安芸津町の公衆衛生推進協議会は「EM菌を投入した海底では、ヘドロが確かに減っている」と、地元の運動に水を差す県の実験に反発。

 EM菌の開発者、琉球大農学部(沖縄県)の比嘉照夫教授は「EM菌は、もともと自然界の微生物に影響を与え、効果を生み出す。室内実験では意味が無い」と反論している。

 《EM菌》比嘉教授が選んだ乳酸菌や酵母菌など80種混合の有用微生物群。生ごみのたい肥化や土壌改良、水質浄化に効果があるとされ、国内外で普及が進んでいる。


  1. 岡山大で脳死肺移植
  2. 米の作柄、残暑で回復 広島県北
  3. 合併先めぐり将来模索 広島県大和町議選16日告示
  4. 中国芸南学園新中枢棟しゅん工
  5. にがり特需でフル操業 下関の製塩工場
  6. フルート第一人者 歯失いリコーダーに転身
  7. 障害者も飲み歩きたい 広島市流川でマップ作り
  8. 「長州大工」テーマに村芝居
  9. 13日から庄原で秋祭り 140万本のコスモス出迎え
  10. 「全国」へ最終調整 JFEバスケ


MenuTopBackNextLast