芸能トップ   映画   音楽   テレビ   舞台   宝塚   前田忠明  
野 球
MLB
阪 神
サッカー
モータースポーツ
ゴルフ
ファイト
ラグビー
Moreスポーツ
芸 能
e−女
競 馬
パチ・スロ
おとなのサンスポ
観光・レジャー
グルメ
釣 り
社 会
東北スポーツ
関西イベント

“明菜レーベル”、立ち上げ…新人プロデュースの夢も

中森明菜 歌手、中森明菜(38)が、自身のレーベル「Utahime Records」を5月にユニバーサルミュージック内に立ち上げることが21日、分かった。5月12日に第1弾シングル「赤い花」を発売する。ポップス系アーティストが自身のレーベルを持つのは異例。レーベルが順調に行けば近い将来、新人の発掘&プロデュースを手がけたい意向もあるといい、注目を集めそうだ。〔写真:自身のレーベルを立ち上げることになった中森明菜。第1弾となる新曲「赤い花」のレコーディングにも熱が入る

                   

 デビュー22年目を迎え、明菜の音楽に対する意欲は広がるばかりだ。その意欲が、自身のレーベル立ち上げという形で実を結んだ。

 新レーベルは、明菜が5年前から温めてきた企画といい、現在所属している「ユニバーサル ミュージック」内に設置する。レーベル名は、3部作シリーズで出してきたアルバム「歌姫」を前面に出した「Utahime Records」と自ら命名した。

 明菜は「たくさんのアイデアやビジョンが、心の中で、少しずつ形になろうとしている。わくわくする瞬間です」と、新レーベルの立ち上げに胸躍らせている。これによって、楽曲の選考から制作、宣伝など、自分の思いのままにプランを立てられる。

 明菜は「(新レーベルは)ファンと密接に触れ合える場。私が感じたり、考えたことを、情報や作品としてストレートに発信できるプラットホーム。そんな自由な空間が私の夢。新レーベルはその夢への第一歩。これまで以上に充実した音楽作りに邁進しなければという気持ちでいっぱい」と意欲を燃やしている。

 記念すべき第1弾は5月12日に発売する「赤い花」。同曲は、NHK衛星第2で、「冬のソナタ」に続いて放送されている韓国ドラマ「オールイン 運命の愛」(木曜後10・0)の主題歌で、俳優兼歌手、パク・ヨンハが歌う「初めて出逢った日のように」のカバー曲。ここ2〜3年、積極的に他アーティストのカバー曲に挑戦している明菜が、韓国のアーティストの楽曲に初めて挑戦した意欲作だ。

 「今は新しい目標に向かって充実した時間を過ごしています。夢に向かってまっすぐ突き進むことができる喜びは新鮮で最上の体験だと思う」と明菜。レーベルが軌道に乗れば、近い将来、新人アーティストのプロデュースに挑戦したい意向もあるという。歌姫の夢は膨らむばかりだ。

★イメージは「花魁」

イメージ・ロゴ レーベルの基本コンセプトは「着物」だそうで、今回は「レーベル・ロゴ」とは別に「イメージ・ロゴ」も考案した。しかも、明菜が打ち出したそのイメージは「花魁(おいらん)」=写真。関係者は「自らをさらけ出すレーベルにしたいのかもしれない」と解説。レーベル・ロゴはCDに刷り込まれ、イメージ・ロゴについては今後、グッズなどを含めた明菜関連の公式商品に使われることになっている。

★記念レーベル

 明菜の新曲「赤い花」は、「オールイン」の日本での放送が決まる前、曲を偶然聴いた明菜が気に入り、記念すべきレーベルの第1弾にしたいと考えた。

 著作権を自ら管理している作詞、作曲者のキム・ヒョンソクに直接交渉したところ、明菜の名前はもちろん作品を全て知っており、二つ返事で快諾を得た。

 同氏は、CHEMISTRYとSoweluが参加した日韓W杯サッカーの公式ソング「Let,s Get Together Now」の作詞、作曲、プロデュースを手がけた韓国no.1のプロデューサー。関係者によると、完成した明菜のカバーを聴いて大変満足しているという。

■【イエローキャブ】平均90・6の巨乳!R.C.T.
■亜美、歌手活動再開!3年半ぶりの新曲も前途は多難…
■交際発覚!フジの美人アナが、ラグビー元日本代表選手と激写
■“明菜レーベル”、立ち上げ…新人プロデュースの夢も
■キムタク出演作、カンヌ映画祭出品決まる
■夏っぽくって合います…ギャル2人がさわやかPR
■吉永小百合、絆深め“夫”と…ゼロからのスタート!
■“モー娘”が環境省訪問、「いま頑張らないと」…
■豪華犯人役ズラリ…“古畑”セカンドシーズン
■桃井かおりが新雑誌編集長に!出さないことも?
■“タキツバ”がレコード店に出現?!「夜怖い…」
■倖田來未、“キムチパワー”で日韓の掛け橋に
■トヨタとサザンがコラボレート!…桑田がアテネ五輪日本代表を応援


著作権、リンク、個人情報について