Scene4:トップをねらえ2!
 
 
 
『フリクリ』でも、鶴巻さんの脳内イメージの『フリクリ』を、スタッフの皆さんに伝えるのが難しかったとおっしゃっていましたね。

僕がひねくれているんでしょうかね?「トップ」で同じ場所を面白がっていても、てんちょにはど真ん中ストレート見えるものが、僕にはチェンジアップに見えるんです。「この大一番でチェンジアップを投げ込む度胸がかっこいい!」と。

その鶴巻さんの考える「トップらしさ」からはずれないようにつくれれば、後はむしろもとの「トップ」から離れてしまったほうがいいと考えていらっしゃるわけですね。

そうですね。特に『トップをねらえ!』の場合は、その後にフォロワーというか、表層的なデティールや設定を狙って作られた作品がいくつかありますよね。それらのように「トップ」を継承しようとすれば、明らかにその中に埋没してしまう(笑)。なにより、距離を持たないと危険なんです。僕は「トップ」を尊敬しすぎているからです。

OVA『トップをねらえ2!』
OVA『トップをねらえ2!』
9月24日 DVDシリーズスタート。
原作・制作:GAINAX
企画監修:庵野秀明
原案・監督:鶴巻和哉
脚本:榎戸洋司
キャラクターデザイン:貞本義行
バスターマシンデザイン:いづなよしつね
 
庵野なんかは、それこそ「"トップをねらえ2"じゃ面白くないから、いっそ"トップをねらえ3"にしちゃいなよ」と、いってたんですよね。「いや、でも"2"はどうするんですか」と聞いたら「"トップをねらえ2"は皆さんの心の中にあります」ということでいけと(笑)。確かにそうかもしれない。『トップをねらえ!』ができてから2年後、3年後に"2"がつくられるのであれば、違うやりかたもあったと思うんです。それこそユングが出てくるような話もあったかもしれないんですけど、16年もたってから"2"をつくるのであれば、もうそういうことではないと思うんですよ。

『トップをねらえ!』の場合はストーリーの結末を考えると、直接物語の続編を期待している人は少ないかもしれない気がします。

少なくとも「トップをねらえ!」はそういうものを必要としてませんよね。

『トップをねらえ!』のファンには、すでに『トップをねらえ!』があるじゃないですか。あれほど見事に完結している作品があれば、それで充分だろうと、余計な続編は必要ないだろうとも思うんです。だからこそ、好きにやらせてもらうことにします。あれから16年を経たガイナックスが、今作るべき『トップをねらえ!』、それが『トップをねらえ2!』だと考えています。
 
 
 
 
 
 
 
取材・文:堀田純司 撮影:金澤智康 
 
次回は05月26日更新 
 
取材協力 株式会社ガイナックス 
Special Thanks 神村靖宏さん、ガイナックスの皆様。 
 
ガイナックス 公式サイト
 
 
庵野秀明公式WebSite
GAINAX取締役統括本部長室〜統括本部長・武田の のーてんき子煩悩記〜
 
 
 
Presented BY Web現代