その塔は、ドルアーガの魔力で支配されていた。彼が創造した邪悪な魔物に満ちていた。最上階に捕らえられた「カイ」は、黄金の騎士「ギル」が彼女を救い出してくれる日を夢見ていた・・・。



ドルアーガの塔は、おそらく小学生の時、もっとも憧れてその後の私のゲーム人生に物凄く影響を及ぼしたゲームだと思いますが、とにかくここまで理屈抜きに憧れ続けたゲームというのはある意味では自分の中でも珍しいというか。それでもいくつか理由をあげるとしたら、まず剣を利用したゲームということかと。当時剣道少年だったため、主人公が剣を利用しているゲームというのには自分自身とダブる何かがあったのかもしれません。ちなみに他のゲームで剣というと黄金の城を思い出しますが、この2つはそういう点では忘れられない作品ですね。

で、もうひとつのキーワードが実は物凄く理由としてはでかいような気がするのですが、ゲーム中手に入れたアイテムが画面下にずらっと表示されるということですね。小学生くらいだと当時小学生程度だった人ならスーパーカー消しゴムやキン肉マン消しゴムといったものを収集した経験があるかもしれませんが、この「収集」の欲求を満たすことに近い雰囲気がアイテムの羅列から感じられたのかもしれません。
ちなみに以前レビューしたハイドライドやトリトーンは、実はドルアーガが世に出た後の作品ですが、私がこれらのゲームに飛びついた理由は、ハイドライドのレビューでも振れましたがやはりドルアーガに雰囲気が似てる点だったような。つまり、下にアイテムがずらっと並ぶということがとにかくかっこよく感じたんですよね。

とは言うものの、ドルアーガの塔がゲームセンターに並んだ時期というのは、不良の溜まり場だったりしたわけで結局数回しか実際にゲームセンターで遊んだことは無かったりしてます。まぁ地元はなかなか荒れてましたしね(笑)
というわけで、じっくり遊べるようになったのはやはりファミコン版が出た時ですね。もうなんていうかとにかく最初はBGMを聞くだけで嬉しくて、人のプレイを見てるだけでも嬉しかったですよ。しばらくするとフロアを選択できる裏技が発見され、友人が短い時間でエンディングを見せてくれるようになったのですが、これがまた衝撃でした。これは最後にまた触れたいと思いますがなんと言ってもあのスタッフロールのエンディングは、それまで無限ループが当たり前と思ってたからこそとにかく驚きだったんですよ。大げさに言うと「映画みたいだ!」なんて思いましたし(笑)

ただ、うちはファミコンは絶対駄目という家だったので、自宅で遊ぶ事は無理だったのですが、当時なんとなくパソコンに憧れて購入したベーマガにファミコン以外のドルアーガが載ってたんですよね。

そのドルアーガがMZ-1500版だったりするのですが、もうこれが欲しくて欲しくてしょうがなかったですね。レトロPCの中では最初に発売された機種ということもあり魅力が本当にあったんです。真面目に毎月の数百円の小遣いを溜めてお年玉を手に入れたらいくらになるから買えるかな?とか計算したものですし(笑)
あまりに健気過ぎて自分でも泣けてきますが、それくらい何とかして欲しいと感じさせるほど広告のインパクトは強かったというか。

ちなみにこのクオックス。正面向きの画像と当時はわからず、「ドラゴンのように思えるけどでも違うよなぁ・・・」なんて思ったりしてました(笑)


さて、話が長くなりすぎたのでそろそろカイ救出に向かおうかと思いますが、その前に今回の目的だったりするのですが、最初は上記の理由からMZ-1500、ファミコン、アーケードの比較をやればいいかな?なんて思ったんですよ。MZ-1500をある意味目玉にするような感じで。ですが、攻略を進めるにあたって他所のサイトを見ると完全攻略どころか詳しい説明が多過ぎでとてもじゃないけど、他所にないネタを出すことは難しいなって思ったんですよね(汗)
というわけで、何を血迷ったかそれならお得意の全機種比較をやればいいじゃん!という安易なノリで準備をしたりしてます。ただ、あくまでも今回はレトロPCで発売されていた時期までに限定で、PCエンジンやゲームボーイなどはやってません。まぁアイテムがずらっと並ばないですし、そういう意味では欲求を満たしてくれない作品ですしね(笑)。あとX68000版もやってません。あれは同人ですし。
というわけで結局アーケード、MZ-1500、MZ-2500、FM-77AV、X-1、ファミコン、MSXの比較をやってます。といったところで、本当に前置きが長くなりすぎたので今度こそカイを救出に行きましょう。

■アーケード
  

さて、まず何はさておき紹介しなくちゃいけないのがこのアーケードだと思いますが、改めて言うのもおかしいですが今回レビューしたゲームの中では最も完成度が高いです。そりゃそうだと怒られそうですが、なんていうか他のゲーム以上にそう感じるんですよね。とにかく映像が綺麗というのもそうなんですが、動きの滑らかさも正直他機種とは比較にならないほど完全勝利といった感じです。しかもこのドラゴンの炎を見たら、もうなんて言うか本当に理屈じゃないですね。とにかく、いちいちカッコ良すぎです(笑)

それとふと思ったのがこのスライム。ハイドライドでもこの形でしたし、ドラゴンクエストでもこの系統の形のような気がしますが、それまでのゲームや本では壁にジェル状になってくっついてる映像の方が多かったような?ということはドルアーガが最初ということなんでしょうか?
うーん、詳しいことはわかりませんが、ドルアーガ好きとしてはこれがオリジナルだ!と宣言したくなりますね(笑)

■MZ-1500
 

で、次は憧れ続けたMZ-1500ですが、今回わざわざクオックスが正面向きの画像を準備してみました(笑)
はぁ、長年の疑問がやっと晴れましたよ。やっぱりクオックスだったのかぁ・・・

画面構成はアイテムの表示が右側になったり、得点表示が無くなったりとオリジナルとは随分違ってる部分もありますが、ゲーム自体は全然大満足のできです。いや、気持ちが入りすぎて何でも今は許せちゃうだけなのかも(笑)

■MZ-2500
 

これはMZ-2500版ですが、今度はさらに画面構成が変わってアイテム表示が左側、得点が右側になったりしてますね。ただ、この両サイドで挟み込む画面構成のために、フロアの横の表示が微妙に狭く感じるというか。実際画面以外から飛んでくる魔法については他の機種より焦ったりしますし。
それにしてもMZ-1500とMZ-2500という数字の差から過度の期待をしすぎたせいでしょうか?ちょっと平凡な作品過ぎる仕上がりのような気が多少しちゃうのも事実ですね。

■FM-77AV
 

さて、今度も画面構成はこれまでのものとまた違ったりするのですが、FM-77AV版ではアイテム表示も得点もどちらも右側表示になってますね。ちなみにFMというとFM-7版があったらしくOh!FM-7さんのここに画像があったりしますが、スクリーンショットが無かったり、また手持ちの雑誌を調べてもFM-7版については記述を見つける事ができなかったため、どことなく幻の作品のように感じてならないです。詳細を知ってる人がいたら教えてもらいたいというか。ただ、数ヶ月に渡ってベーマガ内の広告では取り上げられてますし、発売されてるようにも感じますが・・・
ま、とりあえず今は77AV版に話を戻すと、レトロPC系の中では最も出来が良く、また映像が凄く綺麗だった印象を持ちました。

■X1
 

もっともレトロPCの中で印象の良かったFM-77AV版の後の紹介となると多少可愛そうな気がするX1版ですが、まず操作性は全機種の中で最も辛く、今回は自力クリアは不可能でした・・・というわけで、仕方なくちょこちょことずるしたわけですが、これはゲームが悪いのではなく私の腕が悪いというわけです。はい。フォローになったかな?(汗)
画面構成はまたまた違ってどちらかと言えばアーケード版のような構成ですね。アイテムと得点で上下から挟まれてますし。ただ、他機種に無い点としてフロアの表示が右上にあることでしょうか?
なーんだって感じもしますが、ある意味では親切設計かな?

■ファミリーコンピュータ(NES)
 

と、ここまでレトロPCが連続した中で次に紹介するのがこのファミコンですが、一番思い出があるのがこのファミコン版ということは間違いないでしょうね。フロア選択の裏技もそうだしアナザードルアーガの存在を知ったのもこれが最初だし、ゲーム攻略本が流行るきっかけになったゲームですしね。
うーん、それにしても完成度抜群と思ったファミコン版ですが、いろんな機種と比較すると映像的には見劣りする部分があったりするからある意味今回驚きました。アーケードの次はファミコンが一番良いだろなぁなんて思ってましたし。ただ、操作性の点については間違い無くアーケードの次にくるような。まぁアクションものは得意分野だし。
画面構成はこれまでの機種と比較するともっともシンプルで、下にアイテムとタイムの表示があるだけ。比較するまで気づかなかったのですが本当にシンプルですね。

■MSX
 

で、最後に問題作のMSX版ですが、何が問題作かというのはMSX3さんのならむらさんのレビューを見てもらえばわかるかと(汗)
画面構成はファミコンと同じですが、とにかく違うことだらけ。1色のキャラクターなんてのはMSXユーザーなので全然慣れっこなわけですが、それでも画面を見た瞬間にやる気をここまで感じられない作品は珍しいような・・・。ただ、本当の酷さというかショックなのはBGMの移植が酷すぎる点。PSG3和音だからこれが限界って思ってるのかもしれませんが、さすがにMSXユーザーの私でもフォローしきれない酷さに切なさを感じちゃいましたよ。しかも、ドルアーガのBGMは「通常」「ドラゴン」「ドルアーガ」「プリンセス」出現時の4つなのに、このうちのドルアーガ、プリンセス出現の2つが移植されてないのはあまりに酷すぎです。しかもエンディング曲も無くファンファーレが終わった瞬間に終了。
せめてMSX2にでも移植すればいいのに何故MSXにナムコはこだわったんでしょうね?しかもメガロムの時代へ突入してる段階での発売だったからこそ、とにかく疑問だけが残る作品ということに間違いは無いと思います。

ざっと機種ごとの画面構成の比較などしてみましたが、いやはや何て言うか電波新聞社万歳って感じでしょうか?とにかく、ここまで多くの機種にこれだけ違う画面構成にすることで個性を出してる点が凄いですよ。ほんと。愛情に近いものを感じるというか(笑)
さて、次のページではまずみなさんが知ってるゲーム内容を改めて復習してみたいと思いますね。

NEXT