JR西日本 西日本旅客鉄道株式会社 イメージ
お問い合わせ よくいただくご意見(FAQ) サイトマップ・検索 GLOBAL SITES
イメージ
HOME おでかけ情報 JRニュース 鉄道ギャラリー 企業活動 企業・IR情報 グループ会社案内 法人お取引窓口
ニュース一覧 ズームイン! JR西日本 JRを支えるエキスパートたち ブルーシグナル 鉄道いまむかし
平成16年 7月21日 
7月定例社長会見(7月21日 14:00〜)
7月定例社長会見
○福井地方大雨の影響について
 北陸で大雨が降り、大きな被害が発生しました。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。当社施設でも越美北線で線路の盛土が流れたり橋脚が流されるなど、大規模な被害が発生しました。当面はバスによる代行運転を行い、お客様へのご迷惑を最小限にとどめるよう努めてまいります。

○平成17年春のダイヤ改正について
 昨年秋のダイヤ改正で、毎時1本の運転であった「のぞみ」を、毎時2〜3本に拡大しましたが、ダイヤ改正後半年間のご利用は前年比104%と増加し、大変好調に推移しています。特に首都圏〜岡山・広島がいずれも10〜20%増と、大幅に増加しています。こうしたニーズにお応えするため、夏季期間中は東京に直通する臨時「のぞみ」を前年の約3.5倍と大増発し、ご利用の多い朝夕時間帯には、7月1日から毎日、東京〜岡山・広島間の「のぞみ」を合計3本増発しています。
 平成17年春のダイヤ改正では、新幹線の魅力をさらにブラッシュアップし、首都圏のお客様が、新大阪よりも西へ訪れていただきやすいダイヤにしたいと考えています。具体的には、岡山から東京に直通する「のぞみ」のフリーケンシーアップなどにより、利便性をさらに向上したいと考えています。
 また、「DISCOVER WEST」キャンペーンの効果を最大限に高めるため、今年6月に東京営業部を設置し、首都圏におけるプロモーション強化などに取り組んでいます。設置後早くも、東京から岡山・広島に向けた1,000名規模の新たな団体を獲得するなど、成果をあげています。今後も、地元自治体の皆様と共同でイベントを開催するなど、取り組みを進めたいと考えています。

○女性専用車の線区拡大について
 「女性専用車」は、平成14年12月の本格実施以降、大阪環状線、JR京都線、JR神戸線などで実施しており、多くのお客様からご支持いただいていると考えています。
 これまで、阪和線、大和路線は、車両編成が多様なため、お客様へのご案内がきわめて複雑になるという懸念などから、導入を見合わせていました。しかし、導入を望む「お客様の声」が根強いこと、お客様への定着度合いなどをふまえ、これら2線区にも導入することとしました。多様な編成の列車を運行していますので、「お客様のわかりやすさ」という観点から、阪和線では青色の6両編成の電車、大和路線では黄緑色の6両編成の電車に限定しての実施とします。車両位置は、大阪環状線との乗り換えの便利さなどから、天王寺方面行きの列車で前から4両目とします。他線区に比べ比率は低くなりますが、朝の最も混雑する時間帯に天王寺駅に到着する列車に限れば、全ての普通列車が対象となります。実施時期としては、10月18日からを予定しています。

○阪和高架上り線供用開始について
 阪和線美章園・杉本町間で実施中の高架化工事は、10月16日に上り線を切り換え、高架化する運びになりました。事業主体の大阪市のご熱意と、工事にご理解とご協力を賜りました地域の皆様、多くの工事関係者の皆様のおかげであり、感謝申し上げます。上り線高架化で、12箇所の踏切の遮断時分が短縮され、交通渋滞の緩和が図られ、踏切事故解消に向け一歩前進することになります。全線開業は平成18年春頃を目ざしており、引き続き下り線の高架化工事が続くことから、近隣の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

収入概況 (7月20日現在)
  収入計 近距離券 中長距離券 定期券
前年比 計画比 前年比 前年比 前年比
16年度累計 102.1% 101.0% 101.6% 102.6% 101.0%

ご利用状況
 
新幹線(前年比)
アーバンネットワーク(前年比)
7月1日〜20日 105% 99%
 
前のページへ戻る
Copyright(c) WEST JAPAN RAILWAY COMPANY all rights reserved. サイトご利用にあたって
個人情報の取扱いに関する当社の基本方針