「名言・格言・いい言葉」言葉の力、啓発サイト

Always can you feel it ?
あなたは、言葉の力を感じていますか?

Since 2004/02/02

   


 言葉を知る
 〜名言・格言・いい言葉〜 
 人の心に力を与える魔法の言葉を
 集めました。このサイトが、一番
 皆様に見て頂きたいページです。



 言葉を操る
 〜知って得する心理学・会話術〜
 言葉を自分の力に変える、処世術
 を集めました。



 言葉を伝える
 〜手紙の書き方・メールの作法〜
 時候の挨拶・手紙の文例集などを
 集めました。心を真直ぐに伝える
 書き方講座も必読です。



 言葉を身に付ける
 〜言葉の力をいつも身近に〜
 言葉から得られる力は、癒しにも
 励ましにも、そして心の支えにも
 なるものです。このサイトからの
 新しいライフスタイルの提案です



   
 名言・格言・いい言葉をカテゴリ
 別、人名(出展)別に検索する。

 人名・出展名で言葉を探す


   

   リンク

   お問い合わせ

   サイトマップ



  

 私達が生きる変遷の中、変わらぬ
 姿・言葉を残し続けてきた人物や
 出展・引用文献を、厳選して紹介
 します。

  

 『言葉ビレッジ』では、当サイト
 に訪れるビジター(ユーザー)皆様
 の声を募集しています。


 参考書籍の紹介
 〜珠玉の書籍から言葉を学ぶ〜
 言葉は、使う人によって様々な
 音色を奏でます。本は視覚的な
 スピーカー・・・、あなたは、
 どんな音色が聞こえますか?

 ▼書籍関連リンク

Amazon.co.jp アソシエイト


Amazon.co.jp アソシエイト


  『言葉ビレッジ』の自己紹介

 言葉は優しさを紡ぎ、愛を育みます。
 言葉は信頼を積み上げ、絆を深めます。
 言葉は人を動かし、癒しや励まし、また生きる支えに変わるものです。

 言葉は人を傷つけます。
 嘘を付き、愚痴をこぼし、
 人をおとしめることも言葉を使えば容易いことなのです。

 言葉は使う人となりを表します。
 その人の現実を如実に表すものだと思います。

 そんな言葉の力を、
 あなたは感じていますか?


 『言葉ビレッジ』では、言葉の持つ力を多角的視点から捉え、
 その情報を多くの人に提供していきます。

 そして、言葉を身近に感じながら日々を過ごす、そんな新しい
 ライフスタイルを提案していく、言葉の力啓発サイトです。

バナー

 新着情報 

 2004/10/14
 アンケートを設置しました!

 2004/10/11
 300000アクセスを達成!!

 2004/9/20
 不易流行のすすめが最新!
 第3回は上杉鷹山について!

 2004/9/9
 TSSテレビ新広島
 番組「ひろしま満点ママ」
 木曜日のコーナーで、
 当サイトが紹介されました!
       (2004.09.09)
 ▼紹介されたトピック
 「こんな口ぐせ...、」

 2004/9/9
 お役立ちリンク集
 −リンク集を追加しました!

履歴一覧

 ▼PickUp!リンク

 名言・格言・いい言葉
 ・名言
 ・心に残る人生の名言
 ・名言サイト【一千人の言葉集】
 ・いい言葉ねっと by Shu
 ・中国古典
 ・中国兵法

 辞書・語源
 ・語源由来辞典
 ・三省堂 Web Dictionary
 ・漢字家族

 手紙・文例集
 ・使えるビジネス文書集
 ・ビジネス文書の森
 ・直子の代筆

カテゴリ別リンク集

アンケート

あなたはどんな車に乗りたい?
風を切るスレンダーボディのスポーツカー
大は小を兼ねる、ゴツイ四駆
小回り重視、軽自動車かミニバン
ゆったりと走りたい、セダン車
容量重視、ワゴン、ワンボックスなどのファミリーカー


-Mini Vote-

自分だけの空間にはその人となりがよく表れる!

過去のアンケート結果



  2004.11.04



 「魚は水を得て逝き、

  しかして水を相忘れ、

  鳥は風に乗じて飛び、

  しかして風あるを知らず。



  これを識らば、

  以って物累を越ゆべく、

  以って天機を楽しむべし。」


  − 魚得水逝、而相忘乎水、
    鳥乗風飛、而不知有風。

    識此可以超物累、
    可以楽天機。


          『菜根譚』

  ※読み方:識る(シル)/累(ルイ)/天機(テンキ)



  魚は水の中を泳ぎまわりながら、
  水の存在を忘れている。

  鳥は風に乗って空を飛びまわりながら、
  風があることを知らない。

  あたりまえの風景だと捉えず
  これを道理だと悟れば、

  あらゆる束縛から解放され
  あらゆる天の贈り物を楽しむことができる。




 言葉は以上のように訳せます。



 ありふれた日常をあたり前だと思わせるのは何?



 毎週決まったテレビ番組。

 毎日の犬の散歩。

 いつもの家路。

 変わらない人間模様。

 それとも母の怒鳴り声。

 それともあなたにとって身近な人からのいつもの電話・・・?



 たぶんそれが原因じゃない。

 小さい頃はありふれた日常なんてなかった。

 毎日が新鮮で刺激的だった。



 大人になって余計な知識がついてから、
 だんだん持ち始めた感情じゃないかな。



 ただ流れている時間などなく、
 日々刻々と人は何かを積み重ねているもの。

 でも積み重ねたものが弊害となって、
 目を曇らせたり世の中を面白くなくさせたりしているとしたら、

 こんなに悲しいことってない。



 矛盾を自ら背負っているようなものだ

 って気付かなくちゃいけない。



 感じよう。

 感受性を磨こう。

 大事なものを見失わないようにしよう。



 ありふれた日常に

 あたり前に存在するすべては

 生きるために必要な

 かけがえのないもの。



 ・・・優しい考え方を啓発される言葉です。