今日のできごとは
「infoseek ニュース」

初心者講座


ここでは、シューティング初心者に送るページです。



 1 序章
  あなたがシューティングゲームをプレイしていると、2〜3面まで行っただけで終わってしまう。
  でもうまい人がやると、簡単に先へ進んでしまうという状況があると思います。
  この時にあなたは、「あの人には才能があるから、うまいんだ。」と思うことでしょう。
  でもそれは、大きな間違いです。
  ここでは、脱初心者への道を示していきたいと思います。

 2 相違点
  うまい人と初心者では、何が違うのでしょうか?
   ?@知識
   ?Aパターン作成能力
   ?B弾避け技術
   ?Cプレイ時間
   ?D才能
   ?E環境
  おそらく、この6つに絞られてくると思います。
  これを見ると、「な〜んだ。やっぱり、才能も必要じゃないか。」と思われますが、
  才能以外にも必要なものは、たくさんあります。
  うまい人は、?@〜?Dまでの要素を兼ね備えているから、うまいのです。
  ?Eについては、また違う話になります。
  では、一つずつ詳しく説明していきたいと思います。

 3 知識
  ・どんなゲームでも、何も知らない状態では、上達の妨げになります。
   例えば、自機の性能ゲームシステム等、知らないと厳しいものがあります。
   このような知識は、実際に遊んで覚えるよりも、まずは情報を仕入れていくことが肝心です。
  ・仕入れ先としては、下記のようなものがあります。
    ?@インストカード
    ?Aゲーム雑誌
    ?Bインターネット
   特に?@と?Aは、重要です。
   ?@は筐体にセットしてあるはずなので、ゲームをやる前に確認します。
   ?Aはゲームが出る前に、詳しく書いてあることが多いので、予習・復習に便利です。
   ?Bはうまくいけば、かなりの情報を仕入れることが出来ます
   このように知識を得た状態で遊べば、少しずつ先へ進めるようになっていくと思います。

 4 パターン作成能力
  ・個人的には1番重要なものだと思っています。
   これがあれば、いくら下手な人でも確実に先へ進めるようになるからです。

  ・では、パターンとは何でしょう?
   STGには、敵の出現順攻撃の順番があります。
   これが毎回同じなら、毎回同じ動きを行えば確実に抜けることが出来ます
   弾を撃たれると展開が苦しくなる場面も、撃たれる前に壊せるようにすれば楽になります。
   また弾避けも毎回同じ動きをすれば、抜けれるようになります。
   これを俗にいう、パターン化といいます。
   これが出来るようになると、何も分からない状態と違い、精神的な負担が減ります
   またプレイが安定するので、その分先へ進めるようになってきます。

  ・STGを難しいと思う人に多いのが、パターン化が必要だということに気づいてないからだと思います。

5 弾避け技術
  ・シューティングゲームをやる上において、欠かせないのが弾避けです。
   常に弾を避ける場面があるため、これが出来れば生き残れる確立も高くなります。
   では弾避け技術とは、どのようなことを言うのでしょうか?

  ?@避ける
   ・ただ単純に敵弾を避けるだけでも、違いがあります。
    たとえば1発の自機狙いの弾が来た際は、半キャラ程度かわせば避けれる場面が多いです。
    また最小限の動きで避けることにより、画面全体を見る時間が多くなり、次の展開へ移りやすくなります。
   ・しかし大きく避けすぎてしまうと、次の行動へ移るのに出遅れてしまったり、他の何でもない弾に当たりやす
    くなってしまいます。

  ?A視線
   ・プレイ中の視線ですが、画面のどこを見ているかで大きな違いがあります。
    初心者にありがちなのが、自機の周辺しか見ていないため、遅い弾はそこそこ避けれても、
    速い弾が来た際には、すでに避けれない状況になっているということです。
   ・では上手い人達は画面のどこを見ているかというと、自機前方から画面全体をカバーするように見ています
    これですと、敵が弾を撃ってくるというのが認識しやすいため、考える時間が多くなり、結果弾が避けやすく
    なります。
   ・自機の周辺に弾が密集している場合は、主に自機の周辺を見て、弾避けに集中します。
   ・これから分かるように、自然に視線を変えれることにより、敵が攻撃してくるタイミングが分かりやすくなり、
    結果弾が避けやすくなるという事です。
    これらは最初のうちは分かりずらいことですが、慣れれば自然と出来るようになります。

  ?B弾の性質
   ・敵弾の中には単発弾もあれば、3WAY弾や扇弾等と呼ばれる色々な弾があります。
     ここで重要なのは、敵弾の性質を知っておく必要があるというものです。

    a 奇数弾・・・・中心の弾が自機を狙っているため、引きつけて半キャラ程度動けばかわせます。
    b 偶数弾・・・・自機をはさむように撃ってくるため、動かなければ当たりません。
    c 復合弾・・・・主に奇数弾と偶数弾を複合して、撃ってくる攻撃です。
             奇数弾のみを見て避ければ、問題はありません。
    d 扇弾・・・・・扇状に撃ってくる弾です。
             当たる弾だけを避けるか、外側へ避けるのが有効です。
    e 固定弾・・・・自機を狙っていない弾で、毎回同じように撃ってきます。
    f レーザー・・・ボスの攻撃の一種で、撃ってくるのはしっかりパターンになっています。

?Cレバー捌き
    ・自機を正確に動かすのは重要なことですが、目的の位置に正確に移動するというのは難しいです。
     あるポイント(座標)に移動する際に、そのポイントに合わせるというのは難しいです。
    ・例えば、『背景の木』(自機と同じ大きさ))が安全地帯だった場合、その『木』に自機を重ねようとした場合、
     ある程度の位置まで移動できても、完全に重ねようとすると予想以上に難しいはずです。
     ここで重要なのは1回の移動でそこに行くのではなく、その近くまで移動してからレバーの微調整を行い、
     目的の位置に合わせるということです。
    ・レバーの微調整ですが、これが以外に難しいです。
     少し動かそうと思っても、予想以上に動いてしまったりすることがよくあります。
     これについては、練習しかないです。
     ボスを倒した後や敵が出てこない場面があるので、そういう場面で練習することは重要です。
     これが出来ると、必要最低限の移動で攻撃を避けれるようになるので、その後の展開が楽になります。

   ?Dイメージトレーニング
    ・敵の出現パターンや攻撃パターンを、自分の頭の中で整理し、考えることは必要だと思います。
     ちょっとした時間でやってみても、効果はあるのでやりましょう。
     しっかり記憶しているということは、本番でも通用しやすいからです。
     記憶があやふやだと、本番でも怪しいですから・・・

6 プレイ時間
  ・上手い人に重要なのが、プレイ回数です。
   いくら上手い人でも、1・2回のプレイで、極めているわけではないです。
   何十・何百回といったプレイ回数をこなしているから、上手くなっていくわけです。
  ・しかし単純に プレイ回数を増やしていっても、あまり上達は見込めません。
   ここで重要なのは、上記の3〜5の要素を頭に入れておき、死んだ原因を考えることです。
   死んだ場所や敵の攻撃パターンを少しずつ覚えていくことにより、少しずつ先へ進めるようになります。

 7 才能
  ・スポーツや芸術のように、一部の人に与えられたものです。
   ゲームでいいますと、動体視力や反射神経、発想でしょうか?
   特にこれがある人たちは、ゲームの攻略スピードがとても早いです。
   凄く難しいゲームでも、短い期間でパターン化しクリアーしてしまいます。
   また、アドリブでの弾避けがすごく、どう考えても死ぬような弾幕でも、簡単に避けてしまいます。
   これがあるととても便利なのですが、訓練しても手に入るようなものでは・・・

 8 環境
  ・ゲームをやる上での環境についてです。
  ・ゲームをやる際にレバーの利きが悪かったり、ボタンが反応しないといった、店のメンテナンスが悪いところで
   やるのはお薦めしません。(すぐに直してくれるのなら、問題はなさそうですが。)
   お店によっては、連射装置という科学の結晶(笑)を付けている店があります。
   手でボタンを連打するより、連射装置を使用した方が効率が良く、プレイに集中することが出来ます。
   なるべくならメンテナンスがよく連射装置を付けてくれるお店でプレイした方が、良いと思います。
  ・店でやる場合には、自分以外にもやる人はいると思います。
   もしその店に上手い人がいる場合には、その人のプレイを参考にするといいです。
   自分でパターンを考える必要がなく、先の面がどのようになっているかを知ることが出来るからです。
   (ちなみに稼ぎに走っているようなプレイを参考にすると、かえって先に進めないこともあります(笑))
   その上手い人と知り合いになると、色々な情報を得ることが出来るため、上達のスピードが早くなります
  ・さらに上達を促したい場合には、ライバルを作ることです。
   ライバル自体は、友達でも知らない人でもかまいません。
   こいつには負けたくないという、競争意識で行うと、伸びること間違いなしです。

 9 まとめ
  ・シューティングゲームを上手くなるにはどうしたらいいのか、ということでとりあえず書いてみました。
   私も最初はかなり下手でしたが、少しずつパターン化して、先へ進める楽しみから、はまってしまいました。
   「自分には才能がないから」と諦める前に、上記のことを頭に入れて遊べば、違う面が見えて来ると思います。
   才能以外に必要なことが、大量にあることを
   これを読まれて少しでも多くの人が、少しずつでも上手くなっていってもらえれば幸いです。


戻る