このページは、JavaScript 対応ブラウザで表示してください。
JavaScript を有効にしていないと、正しく表示されない場合があります。


Click here to visit our sponsor
アーティスト
サイトトップ ニュース・トピックス リスナー アーティスト コラム/ラジオ コミュニティ ショップ ヘルプ




fripSide:
vocal:nao
composer:sat

Interviewer:muzie


今回は今年1発目のPickup Artistとして取り上げましたfripSideさんをお招きして、お話を聞かせていただきました。

【muzie】ではまず、ミュージーをご覧の皆様に自己紹介をお願いします。

sat
「コンポーズとアレンジを担当していますsatです。」
nao
「ボーカルのnaoです。」
sat
「あとはサブのメンバーにmasaというコーラス担当がいます。彼はウィンドシンセサイザーの奏者でもあります。」

【muzie】また珍しいですね♪今日はよろしくお願いします。

fripSide

「お願いします。」

【muzie】さて、fripSideの作業分担として、
      satさんは楽曲まわり全般でよろしいんですか?

sat

「そうですね基本的に僕が担当しています。」

【muzie】naoさんは作詞とかはなされないんでしょうか?

nao

「ごくまれにしますよ。」
sat
「でも結構やってるよね?」
nao
「あれ?そうだっけ?」
sat
「だって…(アルバムを手に取って指をさし始めるsatさん)」
nao
「ん〜じゃあ、たまにくらいで」

【muzie】(指差ししてる楽曲数を確認して)もぅ十分やってると思いますけど!?

nao

「あーそっか(笑」

【muzie】fripSideが誕生したきっかけはなんだったのでしょうか?

sat

「インターネットの掲示板とかでボーカルを募集して」
nao
「私が応募してきたのがきっかけかな。」
sat
「そうだね。」

【muzie】その頃から活動はネットベースなんですね。

sat

「そうですねえ。やっぱりfripSideはネットで始まったんで、ネットベースでいきたいと思います。」

【muzie】作業ベースというか、どういった形で
      fripSideの楽曲は出来上がっているのでしょうか?

sat

「僕が曲を書いて、デモ段階になったらnaoに渡して、お互い楽曲の理解を深めて作っていくって形ですね」

【muzie】なるほど、ずばりfripSideの目指すところはどこなのでしょうか?

sat

「本音は、もっと高いステージに行きたいです。売れるかどうかはおいといて物量のある世界にいきたいんですが、まだ自分たちの作品のクォリティに納得がいってないんで、勝負をかける時期ではないかなと考えています。」

【muzie】メジャーを視野にいれつつも、
     ネット以外のアクションとかはしないんでしょうか?

sat

「曲も大分たまっているので、春ころにライブをやろうかなと思います。」

【muzie】それはそれは随分とタイムリーですね♪今までライブの経験とかは?

sat

「僕はfripSideで活動する前にやっていたんですが」
nao
「私は初めてになります。」

【muzie】あら?naoさんはfripSide以前にライブをやったという事もなくですか?

nao

「はい、初ライブとなります。」
sat
「しかもなんですけど、某スキー場のゲレンデでやります。」

【muzie】え?いきなりゲレンデでライブですか!?

sat

「過激でしょ?
その前に1回ライブハウスなどでやっておきたかったりするんですけどね。」

【muzie】satさんはライブのときは何を演奏するんですか?

sat

「一応キーボードでやろうと思ってます」

【muzie】一応??

sat

「昔組んでたバンドでは、ギターだったもので(苦笑」

【muzie】器用なんですね♪ ではここでライブの告知をどうぞ!!

sat

「はい、それではこの場を借りて宣伝させて頂きます。

Date :2005年3月20日(日)13:00開場13:30開演
Fee :前売1,500円 当日2,000円(双方ともドリンク代別500円)
Place:六本木 Edge(TEL:03-3505-4561)
 東京都港区六本木5-18-21 FIVE PLAZA B2F
 地下鉄「六本木駅」より徒歩6分(日比谷線・大江戸線)
 (http://www11.ocn.ne.jp/~edge/)

3/27 高峰高原ASAMA2000parkスキー場(長野県)

となっています。 」

【muzie】fripSideの初ライブ以降の活動としてはどうなるのでしょうか?

sat

「ん〜〜〜どうですかね?正直ライブやるよりは曲を作りたいですね。」


【muzie】naoさんは人前で歌いたいとか思いませんか?

nao

「私は思ってるんですけどね。」
sat
「ただ、fripSideのベースはやっぱりネットなんで、ライブを1回力を入れてやるよりは、1曲残せた方が自分達にあっているのかな?とも考えています。」

【muzie】どちらにせよ頑張ってくださいね♪
     ではミュージー内のお話で恐縮なんですが、
     他のアーティストとのコラボレーションをたくさんやられてますが、
     他のアーティストとコラボをやる時はどのようにしているのでしょうか?

sat

「僕達の場合なんですが、大体の場合はやりませんか?といわれる事が多いです。」

【muzie】例えばvin-PRADさん達とのコラボはどのようにされたのでしょうか?

sat

「一番初めは僕たちのアーティストBBSに彼らから、fripSideはうちらのライバルです。打倒fripSideで頑張ります。といった内容の書き込みがありまして、なんだ!?と思って連絡をとってみたんですが、メールで連絡しあううちに面白い奴だなと思って、コラボやってみませんかといった感じになりました。」

【muzie】vin-PRADさんは大阪ですが、実際に会ったりはしてるんですか?

sat

「楽曲を作る前に意識のすり合わせ程度で会いましたよ。」

【muzie】それ以外はあってないんですか?

sat

「そうですね、はじめにちょっと会っただけです。」

【muzie】となると製作はトラックを渡しあったりしたんですか?

sat

「いえ、楽曲を作るのはそれぞれで、実際にやりとりしたのは歌のデータのみですね。」

【muzie】アーティストの色を揃えるのに、ボーカルは大変じゃなかったですか?

nao

「いえ、私は何も考えずに自由に楽しく歌わせてもらいました」
sat
「今回はvin-PRADさん達がfripSide色にあわせてくれたので楽でした。あと、naoは自由に歌ってくれているので、僕としては楽でしたよ。」

【muzie】なるほどね〜。そういえばサイト内でも確固たる地位を築いていってる
     ように見受けられますが、ミュージー内で楽曲をきかれるポイントなどって
     ありますか?

sat

「やっぱり、ランキングに入る事ですかねえ。」

【muzie】ランキングですか…ポップスって楽曲多いのにfripSideさんは
     着実にランクインしてるんですよねぇ。

sat

「固定のファンをつかめてるのでありがたいですね。ファンの方たちがいてこそのfripSideですから。」

【muzie】インストを作っているミュージーのアーティストさんは、
     歌い手がいるのはうらやましいという方もいると思いますが…。

sat

「歌い手っていうのは育て上げないと駄目なんだと思います。彼女も募集した時は、まったく歌えませんでしたから。」
nao
「あはは(苦笑」
sat
「正直な話募集したときはよく応募してきたなと思ったりもしました。
ただ、やる気が尋常じゃなく凄かったのと、声の質が面白かったので頑張ってみる?といった運びになりまして、それから半年くらいかな?」
nao
「うん、大体それくらい。」
sat
「練習につぐ練習をさせましたね。」

【muzie】皆、募集の際のハードルが高すぎると?

sat

「そうだと思います。何かちょっとした頑張れる何かが見つかれば良いんだと思います。初めから何もかもが歌えるといった、おいしい話はそうそう無いですからね。」

【muzie】そんな感じで頑張り始めたnaoさんが、
     歌い始めたきっかけってなんですか?

nao

「きっかけですか?
小さい頃からピアノをやっていたので音楽には親しんでて、高校も管楽器の専攻で音楽科にいってたんですが、違うことをしたい!!と思って歌いたいと思うようになりました。ボーカルとしてはfripSideが初めての活動になります。」
sat
「3年目だよね。」
nao
「そうだね。(2005年3月でfripSideは3周年になります)」

【muzie】3周年…正直よくもってますね?

sat

「良くも悪くも僕は作り手、naoは歌い手として割り切って活動しているからだと思います。まぁ、だからライブをやってないというのもあるんですが。」

【muzie】何はともあれ、3周年おめでとうございます♪

fripSide

「ありがとうございます。」

【muzie】naoさんがピアノを弾けるのなら弾き語りとかはやってみないんですか?

nao

「譜面があれば出来るんですけど…。」
sat
「器用じゃないんで、ちょっと難しいかもしれないですねぇ。歌か演奏かどっちかが疎かになると思います。譜面の演奏は僕よりはうまいんですけどね。」
nao
「ピアノに関しては演奏家ですから(笑」

【muzie】歌い方の工夫とかってありますか?

nao

「自由気ままに歌わせてもらっているんで、特に何もないんです。」

【muzie】歌っていて辛いことってありますか?

nao

「イメージした通りに歌えないのが辛いです。でも、満足してもいけないなと思うので日々精進してます。」

【muzie】では逆に嬉しい事は?

nao

「自分が表現できなかった壁を越えられたときとか、ファンの方からお褒めの言葉を頂いたときとかは嬉しいですね。悲しい事をファンの方から言われちゃったりする時もあるんですが、負けず嫌いなんで、次の時は良いと言わせてやろうと頑張ってます!」
sat
「2人とも負けず嫌いなんですよ(笑」

【muzie】2人とも負けず嫌いだと曲の方向性とかで衝突とかしちゃいませんか?

sat

「曲に関しては僕の一方通行です。」

【muzie】楽曲に関して、いい感じにバランスとれてるんですね。

sat

「その分、楽曲をアップロードする以上1位を取りたいですから、僕が責任をもって楽曲を作っています。
fripSideは曲作りの基礎が「pain(悲しみ)」だったりするんですが、その上に、ポピュラーな物を作っていこうと心がけています。」

【muzie】楽曲について責任をもって作っていると良い曲を作らないといけないと
     いった類のプレッシャーは感じませんか?

sat

「いい意味で2人ともマイペースなんで、プレッシャーは感じてませんね。」
nao
「おっちょこちょいでもありますよ」
sat
「すぐに物をなくしたりするんですよ。」

【muzie】2人ともですか?

sat

「2人ともですね。」

【muzie】色々と共通点が多いんですね(笑

sat

「かもしれませんね(笑」

【muzie】satさんは楽曲作りで行き詰ったりしたらどうしてますか?

sat

「僕は車やバイクがすきなんで…かっ飛ばしますね。特にバイクが好きです。」
nao
「気持ち良いからって無理やりのせられた事ありますよ(笑」

【muzie】naoさんは行き詰ったりしたらどうしてますか?

nao

「ひたすら寝ます。」

【muzie】寝る?!睡眠ですか?

sat

「凄いんですよ。平気で24時間寝てたりしますからね。」

【muzie】24時間?!

nao

「本当に寝ますよ。へこんだときはとにかく寝ます!!寝た時間に起きて日付が変わってたりしますから。」

【muzie】それだけ寝られるのうらやましいですねぇ…。
      ちなみに寝るときに凝っている事はありますか?

nao

「枕に凝ってます。機能的なものじゃなくて、自分の好きな枕にうずくまって寝ます。かわいければなんでもいいんです。」

【muzie】見た目なんですねぇ。

nao

「えぇ、夢を与えてくれる枕ですから。」

【muzie】…やっぱり詩書いた方がいいんじゃないですか?

sat

「かもしれませんね(笑」

【muzie】ねむくなる曲とかは書かないんですか?

sat

「どうでしょう…ちょっと難しいかもしれないですね。」

【muzie】ノリノリな曲が多いですもんね♪さて、今後の野望とかは?

sat

「売れたいです。曲を売りたいですね。」
nao
「私も同じです。」

【muzie】CDとか新譜は出ないんですか?

sat

「出ますよ。3月に3rdアルバムが出ます!!」

【muzie】なんと、それはこれまたタイムリーな?!

nao

「ありがとうございます(笑」

【muzie】それではここで、ファンの方へのメッセージを!!

fripSide

「いつもfripSideを応援して頂いてありがとうございます!!」

【muzie】本日は貴重なお時間ありがとうございました!!

fripSide

「ありがとうございました!!」

【muzie】終始真面目な顔を浮かべるsatさんとおどけた表情を見せるnaoさんの
     バランスが面白いなと感じるインタビューでした。
     今年は何かとfripSideが動く年になりそうなので、皆様こうご期待です!!

fripSideのアーティストページはこちら

ページトップに戻る
 MENU

当サイトにある楽曲の著作権はすべて各アーティストに属します。 権利者の許諾なく販売、賃貸目的の行為は固く禁じます。
また、当サイトの許可なくMP3、RealAudio等のファイルの無断転載は著作権法に違反します。
なお、リンクにつきましてはページへのリンクは自由ですが、 MP3、RealAudio等のファイルへのリンクは禁じます。