eiga.com
 今月のお知らせ メールニュースの申し込み スタッフ募集
   
最新のランキング
これまでのランキング

 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年


メールニュース申し込み

トップ10速報
過去のランキングが1年まるごとご覧いただけるようになりました。去年ヒットした 映画は? とふと疑問に思ったときに便利です。最新ランキングと併せてお使いください。毎週火曜日更新。

トップ10速報 3月8日更新
毎週火曜日更新
全米、および国内のボックスオフィス速報
駒井尚文 (編集部)
全米ボックスオフィス速報 国内はこちら
3月8日発表(毎週火曜日アップデート)
全米週末興行成績 2005年3月4日〜3月6日
(金額・順位は確定後のもの)
今週
順位
先週 タイトル/邦題 配給(日本配給) スクリ
ーン数
上映週 週末の興収($) 累計興収($)
1
The Pacifier
Walt Disney Pictures
3131 1 30,552,694 30,552,694
2
Be Cool
「ビー・クール(原)」
MGM
(フォックス)
3216 1 23,450,212 23,450,212
3
2 Hitch
「最後の恋のはじめ方」
Sony
(ソニー)
3438 4 12,118,263 138,004,437
4
1 Diary of a Mad Black Woman
Lions Gate
1703 2 11,026,195 37,077,829
5
6 Million Dollar Baby
「ミリオンダラー・ベイビー」
Warner Bros.
(ムービーアイ/松竹)
2350 12 8,135,421 76,600,008
6
3 Constantine
「コンスタンティン」
Warner Bros.
(ワーナー)
2758 3 6,127,173 60,653,370
7
4 Cursed
Dimension
2805 2 3,867,052 15,281,069
8
5 Man of the House
Revolution/Sony
2442 2 3,506,726 13,982,619
9
7 Because of Winn-Dixie
Fox
2506 3 3,200,236 26,777,812
10
The Jacket
Warner Independent Pictures
1331 1 2,723,682 2,723,682

■ビン・ディーゼル主演作が首位。「ゲット・ショーティ」続編が2位
 先週末の全米ボックスオフィスは、ディズニー映画に初挑戦したビン・ディーゼル主演のホームコメディ「ザ・パシファイア」が首位デビュー。ディーゼル扮する海軍特殊部隊の隊員が、ワケありの科学者一家の護衛を請負い、家に訪問するというストーリー。監督は「ウェディング・プランナー」のアダム・シャンクマン。2位はジョン・トラボルタ主演でヒットしたコメディ「ゲット・ショーティ」(95)の続編「ビー・クール」。前作で映画プロデューサーに扮したトラボルタは、今回、音楽業界に殴り込みをかける。共演は、音楽プロデューサー役に、トラボルタとは「パルプ・フィクション」以来の顔合わせとなるユマ・サーマン。他にもザ・ロック、ダニー・デビート、エアロスミスのスティーブン・タイラーなど賑やかな顔ぶれ。監督は前回のバリー・ソネンフェルドに代わって「交渉人」「ミニミニ大作戦」のF・ゲーリー・グレイが担当。5位の「ミリオンダラー・ベイビー」は、オスカー受賞後再ランクアップで累計興収を約7700万ドルとした。イーストウッドは92年度のオスカー受賞作「許されざる者」以来の監督・主演での1億ドル突破を目指す。そして10位に初登場したのは、エイドリアン・ブロディが自らの未来を見てしまった兵士を演じたスリラー「ジャケット」。共演にキーラ・ナイトレイ、監督は「愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像」のジョン・メイブリー。

The Pacifier オフィシャルサイト(英語)
Be Cool オフィシャルサイト(英語)
The Jacket オフィシャルサイト(英語)


国内ボックスオフィス速報 全米はこちら
3月8日発表(毎週火曜日アップデート)

全国週末興行成績 2005年3月5日&6日
(全国動員集計) 興行通信社提供

今週
順位
先週 タイトル 配給 公開劇場 上映週
1
ローレライ 東宝 日劇2ほか東宝系 1 
2
シャーク・テイル アスミック・エース 丸の内ルーブルほか松竹・東急系 1 
3
ワンピース オマツリ男爵と秘密の島 東映 丸の内TOEI1ほか東映系 1 
4
1 オペラ座の怪人 ギャガ・ヒューマックス 日劇3ほか東宝系 6 
5
2 ハウルの動く城 東宝 日比谷スカラ座1ほか東宝系 16 
6
5 きみに読む物語 ギャガ・ヒューマックス 丸の内プラゼールほか松竹・東急系 5 
7
4 ボーン・スプレマシー UIP 日劇1ほか東宝系 4 
8
3 オーシャンズ12 ワーナー 渋谷東急ほか松竹・東急系 7 
9
8 アレキサンダー 松竹/ヘラルド 丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系 5 
10
香港国際警察 NEW POLICE STORY 東宝東和 有楽町スバル座ほか東宝系 1 

■潜水艦、サメ、海賊の海洋対決は、潜水艦に軍配
 ホリエモンが世間を賑わしている昨今だが、今年の春休みの興行にドラえもんが不在なのはあまり知られていない(「えもん」は平仮名の方が親しみやすい)。これによって宙に浮いた30億円を、潜水艦とサメと海賊が奪い合うという構図が先週末に出現した(何故か3本とも海洋映画になった)。結局、フジテレビと東宝による混成軍(潜水艦)が息の合った戦いでサメと海賊を出し抜き浮上、勝利の凱歌を上げている。「ローレライ」の公開2日間の成績は、動員が22万人、興収が3億1000万円と、「海猿」の141.6%というもの。興収30億円をほぼ手中に収め、東宝的には「ドラえもん」の穴をきっちり埋めた。そして2番手「シャーク・テイル」は、2日間で17万7600人、2億1900万円と、一応ドリームワークスのアニメ作品としては過去最高の出足。こちらは興収20億円超が当面の目標である。そして、案外伸び悩んだのが「ワンピース」。2日間で16万3000人、1億7500万円と、昨年の前作対比で63%という成績は期待はずれと言っていいだろう。続映組では「オペラ座の怪人」が引き続き粘り強く、「オーシャンズ12」が5ランクダウンと大失速。10位にはジャッキー・チェン久々の香港映画「香港国際警察」が入った。今週末は「あずみ2」と「レーシング・ストライプス」が公開を控える。

「ローレライ」オフィシャルサイト
「シャーク・テイル」オフィシャルサイト
「ワンピース オマツリ男爵と秘密の島」オフィシャルサイト
「香港国際警察 NEW POLICE STORY」オフィシャルサイト


ホーム | お問い合わせ | eiga.comについて | 編集部より

© eiga.com inc. All rights reserved.

FROM HOLLYWOOD CAFE 掲示板 映画業界用語事典 リンク集 話題作超先取り 新作映画評 リアルタイム投票 ニュース&噂 トップ10速報 注目作特集 独占試写会