1952 / ホンダ カブ F型
“白いタンクに赤いエンジン”で親しまれた自転車用補助エンジン。全国の自転車店を新規販売網とし、段ボール箱詰め発送を採用など、斬新な拡販戦略がとられた。


エンジン種類 空冷2サイクル単気筒
排気量 50cc
最高出力 1PS / 3,600rpm
最大トルク 0.20kgm / 3,000rpm
最高速度 35km/h
価格 (当時) \25,000

| クルマ | バイク | 汎用製品 | コミュニティ | スピリット | モータースポーツ | テクノロジー |
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All RightsReserved.

| プライバシー | リーガル |