キーボードマニアックス

PC自作系の雑誌などでは、予算の削り所の用に扱われている

キーボード(マウス)ですが、本当は一番のこだわりのポイントと

思います、自分の好みに合って手にしっくりくる、キーボードを

探してみては如何でしょうか?


目次

MINIキーボード(名称不明)

HHKキーボード

MSナチュラルキーボード(初代)

MSナチュラルキーボードエリート

MSナチュラルキーボードPro(日本語版)

MSナチュラルキーボードPro(英語版)

IBM 5576-A01

ロジクールキーボード&マウス

KINESIS


Miniキーボード(名称不明)

秋葉原は若松で見つけたこのキーボード、小ささだけに惹かれて買ってしまいました(^^;

写真下にあるのがVAIO NotePCです。

これでおおよそのサイズがわかると思います。

左上には「MITSUBISHI」のロゴ、いったいもとは何だったのでしょうか・・・・

あなたも携帯用におひとついかがですか?(爆)

<あがの氏提供>

下に有るのは、SONYのバイオです^^;;

コンパクトなキーボードですが、一体何のPCに付いていたキーボードなのでしょう?

このサイズは、PCを複数所有するユーザーさんなら必須のキーボードでしょうね

これで英語キーボードなら嬉しいのですが>個人的希望
先頭に戻る


HHKキーボードLite

<しんしん提供>

Happy Hacking Keyboard LightはHappy Hacking Keyboardの廉価版です。

「ASCII配列60Key、カーソル・ファンクションキー無し、Ctrl・

Alt・Metaキー等をディップスイッチで入れ換え可能」という仕様で、

主にUnix系OS使い向けキーボードです(多分Winでは使い難いでしょう)。

なかなか尖った仕様ですが、これに慣れると手放せません。

この他に兄弟機として、HHKにカーソルキーを付けたFKB8579もあります。

 

キーボードマニアックスを名乗る以上、外せない一品ですね

余分なキーは何も無く、コマンド入力する為にあるキーボードです

Liteと言っても8Kと高価なキーボードですが、持っていて満足できる一品でしょう

<都合により仮の説明分です>

先頭に戻る


MSナチュラルキーボード(初代)

MSから発売されたエルゴノミクスデザインの初代ナチュラルキーボードです。

長時間使っても、手首に負担が掛からず快適に入力出来ますキーの配列

が分かれているので、タッチタイピング養成キーボードとしても使えます(

キーのタッチ感はメカニカルに近く、入力時にも「カチャカチャ」、と乾いた音

がします(人によっては五月蝿いでしょうが^^;;)

問題は、普通の106キーボードと比較して大きい事と、このキーボードに慣

れたら通常の配列のキーボードが使えなくなる事です(笑)

 

先頭に戻る

MSナチュラルキーボードエリート


此方は二代目に発売されたナチュラルキーボードエリートです。

USB接続で、初代と比べてサイズも一回りスリムになり普通のキーボード

と比較してあまり変わらないサイズになりました。

しかし、キーボードの命ともいえるキーのタッチ感が大きく変わり「ペッチャ」

と言う感じになり、私的には好きになれず個人では購入しませんでした

画像提供<ハンドルマニア−Jack氏>

 

先頭に戻る

MSナチュラルキーボードPro(日本語版)


三代目ナチュラルキーボードPro−日本語版です。

キータッチは先代(エリート)に比べて、格段に良くなり「カチッ」とした感じに

成りました、ファンクションキーの上に増設されたHOTキーも便利とまでは

行きませんが、マウスに手を動かさなくても、ブラウザ、メーラーの起動が

出来たり、若干のキーの割り振りが出来る為、多少便利です

問題は写真のナチュラルキーボードは日本語版の為、キートップに「ひらが

な」が打ってあり、スペースバーの横に日本語変換キーが並んでいる為、キ

ーボード全体がゴチャゴチャして見える為、私はパスさせて頂きました。

画像提供<ハンドルマニア−Jack氏>

 

先頭に戻る

MSナチュラルキーボードPro(英語版)

で・・・・チャットのお知り会いの<あがの氏>の休日を返上して探して頂い

た、秋葉のTWO-TOPにて見つけて頂いて来た、<英語版>です、当然な

がらキートップには余分な文字は有りません、入力フェチである<Jack氏>

に見せた所、<欲しいーっ>と、絶叫されていました(笑)

キーボードのサイズや、タッチ感は全然変わりませんが、余分なキーが無い

お陰でキートップの右半分も無理にキーを詰め込まれてなく、余裕のあるキ

ー入力が楽しめます(殴)

キーボード自体はPS/2タイプですが、USBハブとしての機能も付いている

ため、大変お徳なキーボードに仕上がっています(蹴)

<トラブル>

WIN98(SE)において、たいした問題ではありませんがトラブルが有りました

ナチュラルキーボードに付属している<IntelliTypePro>なのですが

これをインストールしない事には、新機能であるHOTキーが使えませんが

これをインストールすると、WIN98(SE)の起動の最後に、自分がシステム

→サウンドで設定しているサウンド<デフォルトではChord.wav>が一度だけ

鳴ってくれます、某掲示板に質問して解決方法を教えて頂いたので、掲載

させて頂きます。

 

どうやらInstallerが必要なDLLを組み込まないらしいく、しかもそのDLLはIntelliTypeにもWindows98SEには入ってなということです(^^;)。

Win98があるならBase5.cabから”MMHID.DLL”を抜き出しsystemフォルダーにコピーしてやればOkです。

 

先頭に戻る

IBM 5576-A01

ネットのお知り合いで、私の拡張の師匠である<でゅら>さんから、投稿を頂きました。

有難う御座います^^

IBM 5576-A01キーボード(IBMでは「鍵盤」と呼びます)は我々が普段使って

いる 106(109)キーボードの直接のご先祖様で、このキーボードの配列そのも

のがOADG標準規格として策定されています。因みに定価は22000ですが、

ちゃんとその元が取れるぐらい物凄くしっかりした作りになっています。

キースイッチはメカニカルなんですが、かちゃかちゃという安っぽい音ではなく

、ほんとに「かちっ、かちっ!」とスイッチが入るかのような入力感が味わえます。

もちろん、安物メカクリのようにキーが不安定にぶれたりすることは殆どありません。

キーストロークは若干深めで、押下げ感覚は他のキーボードより堅いと思います。

しかし、この深くて堅い感覚がしっかりとしたクリック感に反映されています。

このタッチに魅せられて、このキーボード以外使えない!と言う方は意外と多いです。

今となっては入手困難ですが、運良く見つけたら是非とも保護してあげてください。

 

このキーボードのサイドビューです。「シリンドリカル・ステップスカルプチャー」を強調するために撮影しました。

ステップスカルプチャーとは、キーの配列が手前から遠い列ほど高くなっていることをいい、タイピング時の運指距離を

なるべく一定にするために行われている配列方法です。

シリンドリカルとは、ステップスカルプチャーの段差が円筒に面しているように弧を描いて配列されてい

る様子のことをいい、更に運指距離を一定にすることが出来ます。この画像で、その様子がよくわかると思います。

 

先頭に戻る

ロジクールキーボード&マウス

私と同じ入力デバイスフェチの<JACK氏>から新しく購入されたキーボードマウスの画像を頂きました。

ロジクールのナチューキー&マウスです、お約束の英語キーボードですが

一番のポイントはケーブルレス、ワイヤレスです!!、これはさぞかし便利

でしょうね(^^)、寝転んで使っても良し、何処に片付けても良しと最高の

キーボードでしょう。

マウスが行方不明にならないか心配ですが(笑)

 

先頭に戻る

KINESIS

こちらも、チャット常連さんで入力デバイスフェチの<さぎょ>さん御愛用の

キーボード(KINESIS)です、もう何も言う事は有りません、ドラえもん専用です(違)

これを越える形の物はまず無い事でしょう^^;;、さぞ使い難い事でしょうね

普通のキーボードを触れなくなる事は間違い無いでしょう。

 

先頭に戻る

単なる思い付きで始めたコーナーですが、キーボードに対する熱い思いをお

持ちの方からの投稿(画像も)をお待ちしております、われこそキーボードマニ

アと言う方からのメールお待ちしております。

メインに