Yahoo! JAPAN ゴールデンウィーク特集
Part1:GW映画情報 映画

 映画情報 

 特選サイト 

GW映画一覧
エネミー・オブ・アメリカ
シン・レッド・ライン
エバーアフター
ヤジャマン/踊るマハラジャ2
永遠と一日
グッバイ・モロッコ
キャメロット・ガーデンの少女
デッドマンズカーブ
グロリア
アンジャリ
視線のエロス
ライフ・イズ・ビューティフル
恋に落ちたシェイクスピア
スタートレック/叛乱
プラクティカル・マジック
スパニッシュ・プリズナー
カラー・オブ・ハート
ラウンダーズ
ニュートン・ボーイズ
GWの過ごし方!!
暇つぶし
セルフケア
ホームパーティー
作る
自慢する
トップページへ


情報協力:CINEMA POV



映画画像

『ヤジャマン/踊るマハラジャ2』

あらすじ

映画画像 インドのある地方で、賄賂まみれの選挙をボイコットする村人たちがいた。彼らの尊敬を一身に集め、神の化身のようにあがめられているのは大地主ヤジャマン(ラジニカーント)だ。おかげで村の指導者になりそこねた悪党ワッラワラーヤン(ナポレオン)は手下を集めて暴力に訴えるが、ヤジャマンはたった一人で撃退する。とはいえ、完全無欠のヒーローというわけでもなく、畑で働く村人達が木陰に置いていた弁当をすべて盗んで食べちゃうような、お茶目な悪ガキでもあった。父も怖い母に隠れて『カーマスートラ』を読みふけるようなひょうきん者だ。やがてヤジャマンは、村一番の美しい娘ワイティーシュワリ(ミーナ)を巡って、牛車レースでワッラワラーヤンと対決することになる。卑怯な手にも負けずに勝利した彼は、めでたく結婚する。だが、嫉妬に狂ったワッラワラーヤンは、ワイティーシュワリが世継ぎを産めないように毒を盛るのだった。先に別の女と結婚し子供を産ませた彼は「子供を作れない男など本当の男ではない」と悪評を流す。やがて毒のせいで妻は死に、悲しみに打ちひしがれるヤジャマンだったが……。

みどころ

映画画像 昨年大ヒットした超娯楽マサラ・ムービー『ムトゥ/踊るマハラジャ』(95)。その第2弾がついに登場する。実は邦題は『2』だが『ムトゥ』の2年前に作られた別の映画。ヒットした映画にありがちなネーミングだが、派手なアクションや華やかな集団群舞、ズッコケ・ギャグやおおげさな効果音は『ムトゥ』そのままの楽しさで、しかも愛する妻を想うスーパースター・ラジニカーントの涙と怒りとがじっくり描かれる、ちょっと任侠映画風味も入ったスペクタクル大作だ。『ムトゥ』のラジニカーント&ミーナが初の共演を果たした映画でもあり、今年の夏公開の新作『アルナーチャラム/踊るスーパースター』(97)が待ちきれない人は是非観てほしい。インド映画音楽界の楽聖イライヤラージャの、『ムトゥ』とはまた一味違った伝統的でメロディアスな音楽も魅力だ。ともあれマサラ・ムービーの特徴の“笑い”(しかも日本では違う所で笑われているような)の側面だけでなく、“泣き”のスペクタクルも味わえることは保証する。

データ

邦題:ヤジャマン/踊るマハラジャ2
原題:YAJAMAN
  :1993年/インド映画(タミル語)/2時間45分/シネマスコープ/ジェイ・シー・エー、EDEN提供/ジェイ・シー・エー配給

※4月17日より銀座シネパトスにて公開

【スタッフ】

監督・脚本・歌詞:R・V・ウダヤクマール
製作:M・サラヴァナン、M・バーラス ブラマニアン
製作補:M・S・グーハン
音楽:イライヤラージャ

【キャスト】

スーパースター・ラジニカーント
ミーナ
ナポレオン
センディル

ほか多数
 


▲

ゴールデンウィーク特集トップへ | Yahoo! JAPANトップへ

特集ページについてのご意見・ご感想をfeature_info@mail.yahoo.co.jpまでお寄せください。
Copyright (C) 1999 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.