eiga.com
 今月のお知らせ メールニュースの申し込み スタッフ募集
   
最新のランキング
これまでのランキング

 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年


メールニュース申し込み

トップ10速報
過去のランキングが1年まるごとご覧いただけるようになりました。去年ヒットした 映画は? とふと疑問に思ったときに便利です。最新ランキングと併せてお使いください。毎週火曜日更新。

トップ10速報 7月5日更新
毎週火曜日更新
全米、および国内のボックスオフィス速報
駒井尚文 (編集部)
全米ボックスオフィス速報 国内はこちら
7月5日発表 (毎週火曜日アップデート)
全米週末興行成績 2005年7月1日〜3日
(金額は見積です。興収確定後、順位が変動する場合があります。先週の順位は確定後のもの)
今週
順位
先週 タイトル/邦題 配給(日本配給) スクリーン数 上映
週末の興収($) 累計興収($)
1 War of the Worlds
「宇宙戦争」
Paramount/Dreamworks
(UIP)
3908 1 64,525,000 100,207,000
2 1 Batman Begins
「バットマン・ビギンズ」
Warner Bros.
(ワーナー)
3858 3 15,685,000 151,146,000
3 3 Mr.& Mrs.Smith
「Mr.&Mrs.; スミス」
Fox
(東宝東和)
2985 4 10,225,000 143,584,000
4 2 Bewitched
「奥さまは魔女」
Columbia
(ソニー)
3188 2 9,100,000 38,606,000
5 4 Herbie: Fully Loaded
「ハービー/機械じかけのキューピッド」
Walt Disney
(ブエナビスタ)
2462 2 8,669,000 35,001,000
6 6 Madagascar
「マダガスカル」
Dreamworks
(アスミック・エース)
2526 6 5,400,000 170,800,000
7 Rebound
Fox
2464 1 5,000,000 5,000,000
8 7 Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」
Fox
(フォックス)
1759 7 4,025,000 365,496,000
9 8 The Longest Yard Paramount
(ソニー)
1790 6 2,925,000 147,613,000
10 5 George A. Romero's Land of the Dead
「ランド・オブ・ザ・デッド」
Universal
(UIP)
2253 2 2,681,000 16,176,000

■「宇宙戦争」が首位デビューも、新記録樹立はならず

6月29日の水曜日に全世界同時公開された「宇宙戦争」が、公開6日間で約1億1300万ドルを稼ぎだし、ボックスオフィス首位を飾った。週末3日間の興収がおよそ6450万ドルというのは、昨年の「スパイダーマン2」(約8820万ドル)、「オースティン・パワーズ/ゴールドメンバー」(約7660万ドル)、ティム・バートン版「猿の惑星」(約6850万ドル)に次ぐ4番目の成績。また、公開初日の興収は約2100万ドルで、水曜日公開作品としては「スパイダーマン2」(約4050万ドル)、「王の帰還」(約3400万ドル)より大分下回る、歴代7位という記録になっている。トム・クルーズにとっては00年の「ミッション:インポッシブル2」以来、最速の1億ドル突破作品となった。2位の「バットマン・ビギンズ」は順当に興収1億5000万ドルを超え、3位「Mr.&Mrs.スミス」も1億5000万ドルまであと一息となっている。そして7位にランクインしたのは、マーティン・ローレンス主演のバスケットボールを題材にしたコメディ「リバウンド」。オープニングで興収約500万ドルはかなり痛いところで、日本公開も微妙だ。そして、いよいよ日本公開を今週末に控えた「スター・ウォーズ エピソード3」は急ブレーキ。4億ドル突破はかなり厳しいか?

国内ボックスオフィス速報 全米はこちら
7月5日発表 (毎週火曜日アップデート)
全国週末興行成績 2005年7月2日&3日
(全国動員集計) 興行通信社提供
今週
順位
先週 タイトル 配給 公開劇場 上映
1 宇宙戦争 UIP 日比谷スカラ座ほか東宝系 1
2 1 電車男 東宝 VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズほか東宝系 5
3 2 バットマン・ビギンズ ワーナー 丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系 3
4 3 戦国自衛隊1549 東宝 日劇2ほか東宝系 4
5 マラソン シネカノン/松竹 丸の内ルーブルほか松竹・東急系 1
6 4 交渉人 真下正義 東宝 日劇3ほか東宝系 9
7 5 ダニー・ザ・ドッグ アスミック・エース 丸の内プラゼールほか松竹・東急系 2
8 逆境ナイン アスミック・エース 渋谷アミューズCQNほか 1
9 7 ミリオンダラー・ベイビー ムービーアイ/松竹 丸の内ピカデリー2ほか松竹・東急系 6
10 6 ザ・リング2 アスミック・エース 有楽座ほか東宝系 3

■「宇宙戦争」怒濤のスタート。「スター・ウォーズ」と覇権争いへ

「スター・ウォーズ エピソード3」の先々行上映の興奮冷めやらぬ6月29日、全世界同時公開を敢行した「宇宙戦争」が、日本でも期待に違わぬ見事なスタートダッシュを見せた。封切り日の29日はレディースデイということもあってか、1日で約3億5000万円を荒稼ぎ。初日からこの日曜までの5日間で、動員130万6000人、興収16億4000万円という成績となり、これまでの水曜初日の記録であった「マトリックス・レボリューションズ」(03)を上回った。このまま推移すれば興収80億円以上、うまくいけば100億円をも狙える位置につけている。しかし今年の夏は、「スター・ウォーズ エピソード3」が同規模かそれ以上のポテンシャルを持っているので、同じジャンルの超大作2作がぶつかることによって相乗効果が生まれるのか、あるいは観客を食い合う結果になるのか、まだ見極めがつかないところだ。それ以外の作品では、5位に「マラソン」、8位に「逆境ナイン」と2作品がランクイン。いずれも微妙な位置ではある。さあ、今週末9日には、いよいよ「エピソード3」が封切りだ。早くもリピーター発生中で、どんな記録が出るのか楽しみ。


ホーム | お問い合わせ | eiga.comについて | 編集部より

© eiga.com inc. All rights reserved.

FROM HOLLYWOOD CAFE 掲示板 映画業界用語事典 リンク集 話題作超先取り 新作映画評 リアルタイム投票 ニュース&噂 トップ10速報 注目作特集 独占試写会