JavaOne JavaOne
JavaOne Tokyo メニュー
JavaOne Tokyoトップページ
開催概要
基調講演
無料セッション
有料セッション
タイムテーブル
11月8日
11月9日
11月10日
展示会
スポンサー
会場アクセス情報
参加登録
参加特典
Myページ
スケジュールビルダー
ハイライト
Night イベント
Fun!
English
2005 JavaOne Conference
San Francisco
サン・マイクロシステムズ
個人情報の取扱いについて

当サイトは次のブラウザ環境でご利用ください。

Microsoft Internet Explorer 5.5以上またはMozilla 1.7以上
なお、Netscapeをご利用の方は、7.2以上をご利用ください。
(Netscape 7.2以上は英語版となります。)

また、登録完了時に登録確認メールが自動配信されますが、エンコードはUnicode(UTF-8)に設定し受信ください。

タイムテーブル
11月10日(木)Day-2
11月8日(火) 11月9日(水) 11月10日(木)
9:30
|
12:00
General Session
JGKN200-01  
サン チーフ オープンソース オフィサー  
Sun Microsystems, Inc. VP of Technology Standards at Infravio
Chair of OASIS SOA Adoption Blueprints Technical Committee
サイモン・フィプス(Simon Phipps)
ミコ・マツムラ(Miko Matsumura)
ヘッドフォン ヘッドフォン
  ビジネス・セッション ハンズオン・ラボ
13:00
|
13:45
JBSJ202-01  
”変化に強い”Java業務システムの実現-稼働後の苦労が少ないアプリケーション運用の実現-
日本電気(株)
大倉 高広
資料ダウンロード
JBSJ203-01 ヘッドフォン
Java™ システムパフォーマンスチューニング手法とサービス継続に向けた取り組み
Hewlett-Packard Company
Joseph Coha
資料ダウンロード
JBSJ213-01
パネルディスカッション「待望! 次世代ITリーダー」── オルタナティブ・ブロガーらがその実像に迫る
●モデレーター: 栗原潔 (テックバイザージェイピー社長)
●ゲスト: 大野 豊 (ソニーグローバルソリューションズ カスタマーリレーションシップソリューション部門 部門長)
●パネリスト: 熊谷 恒治 (豆蔵) 安藤 浩二 (マイクロソフト) 西脇 資哲 (日本オラクル) 伊藤 敬 (サン・マイクロシステムズ)
JBSJ211-11  
ケータイJavaの進化とゲームアプリの進化〜DQ・FFからコード・エイジまで〜
(株)スクウェア・エニックス
洞 正浩
JBSJ204-01
企業システムにおいてSOAを実践するための方法とは?
SAPジャパン(株)
後藤 健司
資料ダウンロード
JHOL209-01 有料
EJB 3.0 Hands-OnLab
稚内北星学園大学情報メディア学部
植田 龍男
佐賀 孝博
安藤 友晴
稚内北星学園大学東京サテライト校
王子東
川添 真智子
山田 和夫
※13:00から18:00まで
JHOL214-01 有料
Java Studio Creator2で「かんたん」に作るリアルイフアプリケーション
寺田 佳央
※13:00から15:00まで
14:00
|
14:45
JBSJ202-02  
これまでのシステム構築は「場当たり」ではありませんでしたか? 強力な統合基盤が企業競争力を強化します
(株)NTTデータ イントラマート
下村 光男
JBSJ203-02 ヘッドフォン
Moving to EJB 3.0: A Roadmap to Success
Oracle Corporation
Michael Keith
資料ダウンロード
JBSJ211-02
ユーザ企業とSIerのためのコンポーネント・ベース開発のススメ〜コンポーネント再利用調査結果より〜
(株)コンポーネントスクエア
田村 俊明
(株)コンポーネントスクエア
中台 高宏
資料ダウンロード
JTSJ204-02 有料
AJAXを活用したリッチクライアント構築
日本オラクル(株)
佐藤 直生
15:00
|
15:45
JBSJ202-03  
ユビキタスネットワーク上で動く汎用プラットフォーム技術とJAVAミドルウェア製品のご紹介
(株)システム・ウェアハウス
柴本 猛
林 靖彦
資料ダウンロード
JBSJ203-03 ヘッドフォン
High Performance Persistence
Oracle Corporation
Doug Clarke
資料ダウンロード
JBSJ213-03  
"日経システム構築プレゼンツ" 開発現場へのO-Rマッピング・ツール導入の実態
エスエムジー(株)
小森 裕介
資料ダウンロード
JBSJ211-03  
失われた Java 開発におけるコントロールと品質を取り戻す 〜 チーム内の開発標準の必要性を問う
Enerjy Software
加藤 満
資料ダウンロード
JBSJ204-03
SOAによるシステム構築の現実とは?ユーザ事例からの考察
日本BEAシステムズ(株)
藤田 真一
早津 俊秀
資料ダウンロード
16:00
|
16:45
JBSJ202-04  
ユビキタス機器を活用したビジネスを支える情報システム
(株)日立製作所
進藤 成鈍
JBSJ203-04 ヘッドフォン
J2EE Technologies for Simplifying Business Integration: A Comparative Analysis and Best Practices
Frances Zhao(Oracle Corporation)
Anton Vorsamer(Fujitsu-Siemens)
資料ダウンロード
JBSJ213-04  
"日経システム構築プレゼンツ" O-Rマッピング・ツール『Hibernate 2.1.6』の検証実験結果
日経BP社
松山 貴之
JBSJ211-04  
Webサービス・セキュリティのベスト・プラクティス
XMLコンソーシアム
松永 豊
JTSJ204-04 有料
Apache Geronimo ハッキング - Apache Geronimo は Eclipse の夢を見るか?
 
夷藤 勇人
JHOL214-03 ヘッドフォン
(逐次)
Sun Java Studio Enterprise 8ではじめるエンタープライズアプリケーション開発(J2EEからJUnit, UMLまで体験!)
Anatoli Fomenko
※15:45から17:45まで
17:00
|
17:45
JBSJ202-05  
Spring Frameworkを活用したシステム開発 〜こう活かす!最新フレームワーク〜
(株)NTTデータ
高橋 和也
資料ダウンロード
JTSJ203-05 ヘッドフォン有料
Java Platform Performance
Sun Microsystems, Inc.
Tom Marble
資料ダウンロード
JBSJ213-05
ネットワーク型アプリケーション開発環境「Sun Developer Grid」
サン・マイクロシステムズ
寺澤 慎祐
藤井 彰人
JTSJ211-05 ヘッドフォン有料
Project Glassfish, Sun Java System Application Server 9.0
Sun Microsystems, Inc.
Jerome Dochez
資料ダウンロード
JBSJ204-05
ビジネスからSOAアプリケーションを構築する方法
日本アイ・ビー・エム(株)
伊津野 安梨沙
資料ダウンロード
  BOF ハンズオン・ラボ
18:00
|
18:45
JBOF204-06  
アプレットよみがえる、アプレットを活用した教育実践
富山県立大学
西田 泰伸
19:00
|
19:45
JBOF207-07  
POJO + Annotation = 次世代のJavaアプリケーション開発!?
日立ソフトウェアエンジニアリング(株)
河村 嘉之
JBOF204-07  
大学の研究室におけるJava
富山大学
辻合 秀一
20:00
|
20:45
JBOF207-08  
JavaとGUIのランデヴー 〜 JavaがFlashやAjaxとよりよく付き合うために 〜
(株)ペルペトゥーム
吉岡 史樹
クリスチャン ブツケ
千々松 修平
早森 美音
JBOF204-08  
「U30」の現役技術者が語る「転換期のJava技術」
モデレータ:
佐藤 毅(有限会社エヌジィ・マット・コーポレーション)
黒幕(プロデューサ):
星 暁雄(株式会社日経BP)
パネラー:
橋本 吉治(株式会社日本総合研究所)
岩永 寿来(株式会社豆蔵)
鈴木 雄介(アークランプ)
竹内 祐介(TIS株式会社)
※セッションタイトル、スピーカーは11月3日現在のものであり、変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。また、これらは現在決定済みのセッションだけであり、今後 追加されるものがあります。
なお、フルカンファレンスパスに登録いただいた方のみ受講できるセッションがありますので、ご注意ください。
※ハンズオンセッションは、開始5分を経過しても定員に満たなかった場合、キャンセル待ちの方の入場を開始いたします。事前登録を頂いておりましても、キャンセル待ちの方の入場で定員に達してしまった後にお越しいただいた場合、入場をお断りさせていただく場合がございますので、お早めに会場にお越しください。
※有料ハンズオンセッションに限り、当日、会場前でキャンセル待ちの受付を行います。開始後に空席がある場合には、先着順でご案内申し上げます。
※資料ダウンロードは、フルカンファレンスパス(有料参加者)お申込の方々にご利用いただけます。
※資料ダウンロードには、登録完了時に自動配信されたメールに記載の登録ID(WまたはCが先頭)とメールアドレスを入力して下さい。
ヘッドフォンがついているセッションには同時通訳が入ります。
有料がついているセッションは有料となります。
11月8日(火) 11月9日(水) 11月10日(木)
次ページへ
 
Active Tabビジネス・セッション & ハンズオン・ラボ

ページ先頭へ

Sun Microsystems