eiga.com
 今月のお知らせ メールニュースの申し込み スタッフ募集
   
最新のランキング
これまでのランキング

 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年


メールニュース申し込み

トップ10速報
過去のランキングが1年まるごとご覧いただけるようになりました。去年ヒットした 映画は? とふと疑問に思ったときに便利です。最新ランキングと併せてお使いください。毎週火曜日更新。

トップ10速報 10月11日更新
毎週火曜日更新
全米、および国内のボックスオフィス速報
駒井尚文 (編集部)
全米ボックスオフィス速報 国内はこちら
10月11日発表  (毎週火曜日アップデート)
全米週末興行成績 2005年10月7日〜9日
(金額・順位は確定後のもの)
今週
順位
先週 タイトル/邦題 配給(日本配給) スクリーン数 上映
週末の興収($) 累計興収($)
1 Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit
「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」
DreamWorks
(アスミック)
3645 1 16,025,987 16,025,987
2 1 Flightplan
「フライトプラン」
Touchstone
(ブエナビスタ)
3323 3 10,764,440 60,916,649
3 In Her Shoes
「イン・ハー・シューズ」
20th Century Fox
(フォックス)
2808 1 10,017,575 10,017,575
4 Two for the Money
Universal
2391 1 8,703,240 8,703,240
5 The Gospel
Screen Gems
969 1 7,523,571 7,523,571
6 3 Tim Burton's Corpse Bride
「ティム・バートンのコープスブライド」
Warner Bros.
(ワーナー)
3004 4 6,511,336 42,116,028
7 Waiting...
Artisan/Lions Gate
1652 1 6,021,106 6,021,106
8 2 Serenity
Universal
2189 2 5,352,090 18,020,875
9 4 A History of Violence
New Line Cinema
(ムービーアイ)
1340 3 5,067,000 16,638,684
10 5 Into the Blue
「イントゥ・ザ・ブルー」
MGM/Columbia
(フォックス)
2789 2 4,830,342 13,903,087

■「ウォレスとグルミット」が首位。「イン・ハー・シューズ」が3位

今週の全米ボックスオフィスは、トップ10内に新作が5本も入る混戦となった。そんな中、約1600万ドルの興収で首位デビューを飾ったのが、イギリスの人気クレイアニメシリーズ「ウォレスとグルミット」初の映画化作品「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」。だが、3645館という公開規模で1600万ドルという興収は、昨年同時期の「シャーク・テイル」のオープニング興収(約4760万ドル)と比べるとやや期待外れな感もある。監督は「ウォレスとグルミット」の生みの親であり、「チキンラン」も手がけたニック・パークと、本作が長編映画デビューとなるスティーブ・ボックス。3位、4位に入った新作はともにスター勢揃いのドラマとなった。3位の「イン・ハー・シューズ」はキャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーンが主演、監督は「L.A.コンフィデンシャル」のカーティス・ハンソンという布陣だったが、オープニング3日間の興収は約1000万ドル。4位のアル・パチーノ、マシュー・マコノヒー、レネ・ルッソ主演「Two for the Money」も、3日間で約870万ドルと、ともに振るわなかった。5位「The Gospel」は成功したR&Bシンガーが父親の病気のために帰郷するという黒人向けドラマ。そして7位には「ブレイド3」のライアン・レイノルズ主演のコメディ「Waiting...」が入った。

国内ボックスオフィス速報 全米はこちら
10月11日発表  (毎週火曜日アップデート)
全国週末興行成績 2005年10月8日&9日
(全国動員集計) 興行通信社提供
今週
順位
先週 タイトル 配給 公開劇場 上映
1 ステルス ソニー 日劇1ほか東宝系 1
2 1 チャーリーとチョコレート工場 ワーナー 丸の内ピカデリー2ほか松竹・東急系 5
3 この胸いっぱいの愛を 東宝 有楽座ほか東宝系 1
4 2 蝉しぐれ 東宝 日劇2ほか東宝系 2
5 3 NANA 東宝 みゆき座ほか東宝系 6
6 4 シン・シティ ギャガ 丸の内ルーブルほか松竹・東急系 2
7 5 四月の雪 UIP 日比谷スカラ座ほか東宝系 4
8 6 SHINOBI 松竹 丸の内プラゼールほか松竹・東急系 4
9 7 シンデレラマン ブエナビスタ 丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系 4
10 9 タッチ 東宝 シャンテ・シネほか東宝系 5

■「ステルス」が初登場で首位。「この胸いっぱいの愛を」は3位

ある意味、人工知能が主人公の人情噺とも言えるアクション大作「ステルス」が、「チャーリーとチョコレート工場」を辛くもかわして首位に立った。公開後3日間の動員は約33万8000人、興収およそ4億2600万円。「レイ」でオスカー主演男優賞を獲ったジェイミー・フォックスが意外な役回りで出演しているが、オスカー受賞前に撮影された作品ということでご愛敬。また、主演女優のジェシカ・ビールは、このほど米エスクワイア誌の調査で“世界でもっともセクシーな女性”に選ばれており、そのサービスショットもきっちり収録。ひょっとしたら、ジェシカ・アルバとともにダブル・ジェシカ時代の到来かも知れない。全米ではティーンエイジャー向けの映画だが、日本ではやや高めの層が動員の中心だ。2位「チャーリーとチョコレート工場」は30億円を突破し、40億円まであと少し。ティム・バートン監督の日本でのベスト記録「PLANET OF THE APES/猿の惑星」(45億円)が視界に入ってきた。そして3位の「この胸いっぱいの愛を」は、3日間で動員17万人、興収2億4000万円。ちなみに「いま、会いにゆきます」(興収48億円)は、公開2日間で21万人の動員と3億円弱の興収だったので、その水準にはまったく届かない。塩田明彦監督以下主要スタッフは「黄泉がえり」と共通だが、現時点では「黄泉がえり」(興収30.7億円)の半分程度の興収が見込めよう。


ホーム | お問い合わせ | eiga.comについて | 編集部より

© eiga.com inc. All rights reserved.

FROM HOLLYWOOD CAFE 掲示板 映画業界用語事典 リンク集 話題作超先取り 新作映画評 リアルタイム投票 ニュース&噂 トップ10速報 注目作特集 独占試写会