eiga.com
 今月のお知らせ メールニュースの申し込み スタッフ募集
   
最新のランキング
これまでのランキング

 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年


メールニュース申し込み

トップ10速報
過去のランキングが1年まるごとご覧いただけるようになりました。去年ヒットした 映画は? とふと疑問に思ったときに便利です。最新ランキングと併せてお使いください。毎週火曜日更新。

トップ10速報 12月20日更新
毎週火曜日更新
全米、および国内のボックスオフィス速報
駒井尚文 (編集部)
全米ボックスオフィス速報 国内はこちら
12月20日発表  (毎週火曜日アップデート)
全米週末興行成績 2005年12月16日〜18日
(金額・順位は確定後のもの)
今週
順位
先週 タイトル/邦題 配給(日本配給) スクリーン数 上映
週末の興収($) 累計興収($)
1 King Kong
「キング・コング」
Universal
(UIP)
3568 1 50,130,145 66,181,645
2 1 The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」
Walt Disney
(ブエナビスタ)
3680 2 31,837,683 113,169,644
3 The Family Stone
「ザ・ファミリー・ストーン(原)」
20th Century Fox
(フォックス)
2466 1 12,521,027 12,521,027
4 3 Harry Potter and the Goblet of Fire
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
Warner Bros.
(ワーナー)
3185 5 5,952,452 252,598,259
5 2 Syriana
「シリアナ」
Warner Bros.
(ワーナー)
1755 4 5,605,167 22,462,362
6 4 Walk the Line
「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」
20th Century Fox/Sony Pictures
(フォックス)
2664 5 3,688,031 82,607,528
7 5 Yours, Mine & Ours
MGM/Paramount
2723 4 3,511,110 45,202,963
8 15 Brokeback Mountain
「ブロークバック・マウンテン」
Focus
(ワイズポリシー)
69 2 2,508,494 3,474,311
9 7 Just Friends
New Line Cinema
1882 4 2,080,852 29,572,142
10 2 Aeon Flux
「イーオン・フラックス(原)」
Paramount
(ギャガ)
2058 3 1,751,220 23,215,672

■「キング・コング」首位。「ブロークバック・マウンテン」が8位

いよいよ本格的にクリスマスシーズンに突入した全米ボックスオフィス。今週は、ピーター・ジャクソン監督入魂の一作「キング・コング」が首位に立った。だが、興収は3568館、約7500スクリーン以上で上映された割りにはパッとせず、14日水曜日からの5日間で約6620万ドルに終わった。しかしながら、メディア、観客ともに作品を観た人間は大方満足しており、これ以降の踏ん張りに期待がかかる。3位はクレア・デーンズ、ダイアン・キートン、サラ・ジェシカ・パーカー共演の「ザ・ファミリー・ストーン」。アメリカ・ニューイングランド地方の白人家族が過ごすホリデーシーズンを描くファミリードラマ。プロデューサーは「サイドウェイ」のマイケル・ロンドン。そして8位に入ったのが、最近、ありとあらゆる映画賞に名前が挙がり、巷を騒がせているアン・リー監督の問題作「ブロークバック・マウンテン」。ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホールという若手男優2人が扮する、カウボーイによる同性愛のクロニクルをアメリカ南西部の美しい映像とともに綴るラブストーリー。本年度のゴールデン・グローブ賞に最多7部門でノミネートされるなど、目下最もオスカーに近い映画といえる。そして今週末はもう一つの本命、スピルバーグ監督の「ミュンヘン」がいよいよ公開される。

国内ボックスオフィス速報 全米はこちら
12月20日発表  (毎週火曜日アップデート)
全国週末興行成績 2005年12月17日&18日
(全国動員集計) 興行通信社提供
今週
順位
先週 タイトル 配給 公開劇場 上映
1 1 ハリー・ポッターと炎のゴブレット ワーナー 丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系 4
2 男たちの大和/YAMATO 東映 丸の内TOEI1ほか東映系 1
3 キング・コング UIP 日劇1ほか東宝系 1
4 2 Mr.&Mrs.スミス 東和 日比谷スカラ座ほか東宝系 3
5 3 あらしのよるに 東宝 日劇2ほか東宝系 2
6 劇場版超星艦隊セイザーX/劇場版甲虫王者ムシキング 東宝 有楽町スバル座ほか東宝系 1
7 4 SAYURI ブエナビスタ/松竹 丸の内プラゼールほか松竹・東急系 2
8 5 ふたりはプリキュア マックスハート2 雪空のともだち 東映 T・ジョイ大泉ほか 2
9 7 ザスーラ ソニー サロンパス・ルーブル丸の内ほか松竹・東急系 2
10 ブラック・ジャック ふたりの黒い医者 東宝 みゆき座ほか 1

■「男たちの大和」が初登場2位。「キング・コング」が3位

去る17日には17本の正月映画が封切られ、映画館は大いに賑わった。その中で、国内ランキングのトップ10にランクインした作品は4本である。まず、2位には東映&角川春樹のコラボレーション「男たちの大和/YAMATO」。初日・2日目の成績は、動員26万5542人、興収3億4328万円と「鉄道員(ぽっぽや)」対比で150%という鋭い出足を見せている。「鉄道員」の最終興収が37億円だそうなので、最終的には50億円以上も夢ではない。続いて3位には「キング・コング」がランクイン。スクリーン数は709と超拡大規模ながら、2日間の動員がおよそ23万7000人、興収で3億1300万円というもの。これには3日間の先行上映も含まれるわけで、上映時間(3時間6分)を考慮してもちょっと寂しい数字。最終興収は30億円程度に止まる可能性も? そして6位には、東宝の新たな正月番組「超星艦隊セイザーX/ムシキング」の2本立て。このカップリングがまっとうなのか、無理があるのかは良く分からない。10位には、手塚眞監督が父親の偉大な原作に挑んだ「ブラック・ジャック」。こちらも東宝作品。4週連続首位の「ハリポタ」の強さは揺るぎないが、今週末の「チキン・リトル」が引き続き不気味である。


ホーム | お問い合わせ | eiga.comについて | 編集部より

© eiga.com inc. All rights reserved.

FROM HOLLYWOOD CAFE 掲示板 映画業界用語事典 リンク集 話題作超先取り 新作映画評 リアルタイム投票 ニュース&噂 トップ10速報 注目作特集 独占試写会