風のクロノア/開発者リレーエッセイ

今回のエッセイスト:田名網 英樹
はじめに
  ナムコファン、クロノアファンの皆さんはじめまして〜。
『風のクロノア』で主に敵デザインを担当した田名網です。
今回は開発日記調にまとめてみました。稚拙な文章だけどよかったら読んでみてね。
△月○日
ディレクターの吉沢さんから、『3Dアクションゲーム』の企画が提案された。

話によると、古代遺跡をモチーフとしたロボットアクションもので・・・ロ、ロボットもの!?自分の体を取り戻す為に戦う主人公のシリアスなストーリー・・・。うう、燃える!!
そのコンセプトを聞き、舞い上がってしまったのだろう、自分の力量など何も考えずに『やるやる〜!!』と無謀にも名乗りを上げてしまうのであった。

吉沢さんの話で盛り上がった直後から、あらゐ氏・オギ氏・田名網の三人でデザイン描きの日々。
あらゐ氏が主人公『アメンティ』のラフをUP、田名網も負けじと勝手にライバルメカをデザインしておおいに盛り上がる。う〜ん自分の趣味の仕事は楽しいねぇ・・・。
□月△日
上司に呼ばれ、『ワールドスタジアムEX』の開発の指令が下される。
野球を全く知らない田名網は、かなりの戸惑いと未練を残しアクションチームを去る。
必ず帰ってきてやるぅぅ!!
◇月※日
一年後、田名網はアクションチームに帰ってきた。
が、シリアスなストーリーやロボットは何処かへ消えてしまっていた。
ほへ? コミカルアクション?
遺跡は? アメンティは・・・?????
しばしとまどいつつも、思考が単純な田名網(←コミカルキャラも好き。一応SFCワギャンパラダイスのキャラをデザインした。宣伝、宣伝♪)は、頭のスイッチをコミカルモードに切り替え、『やるやる〜!!』とまたまた無謀にも名乗りを上げてしまうのだった。
△月*日
アクションチームのビジュアルスタッフで『夢の世界』をモチーフにデザイン描きの日々。
主人公『クロノア』(この時点では名前はシャディでした)はすでにキャラ募集によって完成していたので、キャラのイメージを合わせる形で敵キャラや舞台設定を進める事になった。

吉沢さんに敵キャラのイメージ聞くと『悪夢』との事。それをもろにストレートな自己解釈をしてしまった田名網が暴走を始め、ドロドロしたちょっと怖いキャラを描きまくりスタッフに迷惑をかける。恥ずかし〜。
☆月◇日
敵キャラ軌道修正。なんとか紆余曲折しながらメインの敵キャラ『ムゥ』完成。『ムゥ』の空想的な容姿と死んだ魚のような夢うつつな目が『夢』というコンセプトイメージに合っているので即採用。
以後、『ムゥ』を基本に敵のバリエーションを増やす事になり、苦闘の日々が続く。
ゲー。
(C) NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED