ホーム

著書・訳書の紹介

記事&エッセイ

ライブトークについて
 ◆PalTalk利用方法
 ◆音質・音量調整
 ◆利用規定
 ◆よくある質問

井戸端BBS

掲示板

旧掲示板

リンク


Kei Mizumori
mizumori@knetjapan.net
*執筆、翻訳、講演依頼等は
上記まで直接メールをお願い
致します。
記事&エッセイ

癌・エイズ等難病を治すワクチンは存在していた!
- 誘導消失療法(IRT)
掲載未定
もう不治の病は存在しない!?
ガン、エイズ、心臓病をはじめとする数々の難病を99%以上の確率で癒してしまうワクチンが既にこの世に存在する。そう聞いたら、皆さんはどう思われるだろうか? そんな馬鹿なことがあるのかと信じられないに違いない。
もしそんなワクチンが存在したら、病に臥せる人々の数が激減することになり、なんとも喜ばしい事である。ところが、それは、医師、病院、薬の必要性が圧倒的に少なくなることをも意味する。つまり、医薬品業界にとっては大打撃であり、多くの人々が職を失い、大量のホームレスが生まれる等、世界中に計り知れない変化を与える事になる。
オーストラリアの医学博士サム・チャチューワ氏は、そのような大発見をしてしまったが故に、大きな災難に見舞われることとなった。
1995年夏、チャチューワ博士は、過去15年間の研究が報われ、人生において最も輝かしい体験をする予定であった。その10年以上も前に、彼が開発した療法とワクチンは完成していたが、まずは自分の研究成果を医療関係者に伝えるために世界中を回り、事前に医療機関で臨床実験が行われる必要があった。アメリカのコロラド大学、UCLA、そしてシーダース・サイナイ・メディカル・センター(CSMC)では、他のいかなる治療方法でも効果を上げることの出来なかった患者に対して、彼の開発したワクチンを投与する臨床実験が試みられた。
結果は、99%以上の患者にすぐに効果が現れる、驚くべきものであった。その実験に関わった医師達は皆興奮して、チャチューワ博士の開発したワクチンの奇跡的効果に感激を露にした。自分の開発したワクチンの効果を一流の医療機関で確認して、自信を持ってオーストラリアに帰国したチャチューワ博士は、世界に向けて、まさにその成果を発表する段階であった。
ところが、突然のようにテレビや新聞のインタビューはキャンセルされ、これまで好意的に彼の研究を支持してきた医学者達が態度を急変させた。彼は自分の研究成果を追検証する医療機関に10万ドルの資金提供を申し出ていたにも関わらず、どこの医療機関も彼の研究を取り上げる計画を取り止めてしまった。オーストラリア医学協会の者達は、明らかな嘘を付く詐欺師であるとして、チャチューワ博士を非難し始めた。また、彼の研究を協力していた医学者達ですら態度を一変させて、共同研究の継続を拒否してきたのだ。
チャチューワ博士の研究は、現在の医学界においては常識を逸脱したアプローチであり、その驚異的な効果は医薬品業界を揺るがすものであったのだ。
では、そのチャチューワ博士の研究成果と未曾有の一千万ドル訴訟の行方を紹介することにする。

ガンに冒された父親を救いたい!
1975年、サム・チャチューワ少年が思春期に入った頃、父親にいくつもの骨髄腫(脊髄癌)が見つかった。その時、兄と姉が医学部に進学しており、サムも将来は医学部に通うつもりでいた。そのため、父親はすぐに息子に癌のことは告げずにいた。また当時は、特別な症状が発生しない限り、何の治療も行わない状況であったため、父親はいつもながらの生活を続けることにした。しかし、次第に症状が現れ容態が悪化すると、仕事の鬼であった父親も、家族と友に過ごす時間を大切にするようになっていった。サムは、何とか癌を治す方法を見つけ出し、父親の健康を取り戻したいと切に願っていた。サムは、物理・化学において非常に秀でていた。そして、医学、殊に癌について独学を始めた。
サムは、次のようなことを考えた。超音波は、目標物の密度に応じて異なる発熱係数を持つ。つまり、超音波に曝されるものが、密度が高く硬ければ、より熱くなる性質がある。癌は通常の組織よりも密度が高い。骨に囲まれた父親の癌は、他の柔らかい組織よりも密度が高くなっているはずで、超音波による熱によって癌を殺すことが出来るのではないか?
サムは何人かの癌研究者に連絡を取った。すると、彼らは興味を持ってくれて、まずはそのようなことが過去に試されていないかどうか調べるように彼にアドバイスした。調べてみると、30年ほど前にそれは試されており、僅かながらの効果と同時に、時折害となる反応の方も確認されていることを知った。
そのようにして、過去そして現行の癌治療に関してサムは次々と学んで行き、ほとんど効果が得られていないにもかかわらず、化学療法や放射線療法が広く普及している現状も学んでいった。
そして1977年、サムは18歳にして、のちに自らが命名したIRT(Induced Remission Therapy = 誘導消失療法)の基となる癌の治療法を発見し、前代見聞の若さでオーストラリアの癌研究機関で研究・発表を行うに至った。

18歳の少年の閃き
癌に関して学んでいったサムは、ある現象に関心を持った。どんなに悪性でも、ある器官・組織は癌の攻撃に抵抗力を示すことである。それは小腸である。小腸だけは、癌の拡大に抵抗力を示すばかりか、癌を進展させることがほとんどないのである。小腸はパイアー斑と呼ばれるリンパ組織の小節で自らの免疫保護力の恩恵を受けている。おそらくそれが癌の進行と腫瘍の拡大を妨げるものと考えられる。
サムは考えた。胸腺は脊椎動物の免疫機能に重要な物質を分泌する内分泌腺であり、ヒトの場合は首の付け根に近い胸部にある。しかし、例えば鳥の場合、免疫を司る器官は胸腺ではなく、未発達状態の腸内にある。ヒトの免疫のこの部分は、進化の過程で、不公平にも退化して譲り受けてきたのであろうか? 
他の動物にとっては命取りとなる病気に対して、ある種の動物達は完全なる抵抗力を示す能力は、ヒトの小腸が示す免疫能力と関連付けられる。例えば、HIVの場合、人間にだけ感染し、死をもたらすものである。実験を行ったほとんどの動物達は、その感染を退ける抵抗力を持っている。それでは、どうしてエイズに対するワクチン生成のために、動物の免疫反応を利用しないのだろうか? 
薬学が未発達の時代には、医者達は、狂犬病、灰白髄炎、天然痘や他の伝染病等の治療に馬の血清を用いていた。どうして今日でも同じ理論を用いないのだろうか?
サムは、それを応用しようと試みた。過去の治療法においては、ウィルスの突然変異という問題が見られたが、彼はそれを解消し、動物の持つ抵抗力を人間に移植して完全なる治癒を実現するワクチン開発を考えたのである。サムは1984年にメルボルン大学医学部を優等で卒業して、正真証明の医者になった。そして、動物の免疫反応を利用するという独自のアプローチは、動物実験においても、人間に対する臨床実験においても、注目すべき成功を収めていった。

自発的消失現象と癌のミステリー
これまでの歴史において、癌のように、通常ならば治るはずのない病気が、奇跡的に消失してしまうという、常識では考えられない現象がいくつも報告されている。チャチューワ博士はそのような現象に興味を持って調べてきた。突然のように病気自体が自発的に消失してしまう奇跡のような現象である。多くの科学者達は、ある病気に掛かっている際に、別の感染が起こり、それが癌細胞を破壊する能力を有していたのだと結論付けた。
そこで、癌組織を殺すためにウィルスやバクテリアのエージェントが使われてきた過去がある。その攻撃的な感染により、一時的に癌を抑制する効果がしばしば見られたが、時に強烈な病状がしっぺ返しに現れ、患者たちは死亡するケースが多かった。このような試みは期待に応えるものではなかったが、大いなるミステリーを投げかけるものであった。
過度に熱心な医者達は、普通の人であれば死に至らしめる天然痘、マラリア、脳炎や他の感染症のウィルスを癌患者に投与したが、彼らがその感染によって死ぬケースはほとんど無かった。癌患者達は、それらの強烈なウィルスの攻撃に対して、自らを守ることができるのである。また、白血病の場合、子供が麻疹に掛かると、そのウィルス粒子が白血病細胞の内部に見られるようになる。3週間以内で、発生した麻疹に対抗する抗体が、麻疹のウィルスとすべての癌(白血病)細胞を破壊してしまうのである。
統括する要因は、癌が発病している間に、病気に対する免疫反応を効果的に発動させる患者自身の能力にあるようであった。
そして、数年に渡る動物実験を繰り返した後、チャチューワ氏は、癌は洗練された免疫学的メカニズムを持つことを突き止めた。癌細胞は生体をその母体内で被包し、その細胞と取り込まれたものを破壊するために、抗体を発することになる。体が打ち負かす事の出来ない感染がみられれば、癌細胞はそれを被包しようとして急速に成長しようとする。しかし、感染を受けた生体を注入すると、単純に癌が広がることはない。癌細胞は広範囲に抗菌・抗ウィルス性のエージェントを発生させるが、その中には、HIVに対してさえ効力のあるエージェントも含まれるのである。

IRT(Induced Remission Therapy = 誘導消失療法)
偶然なのか、そもそもそのようにデザインされているのか、癌やエイズのような病気の細胞は、容易に冒され、蔓延る遺伝子的・代謝的構造を持っている。もし患者の免疫反応が適切に評価されれば、病気はそれ自体を破壊に導く抗原を発生させることが出来る。単純に投与すれば、1つの癌細胞は健康な細胞よりも遥かに異なる遺伝子情報を発生させるようになり、それ故に様相を変化させ、細胞とその内部のウィルスを刺激して免疫学的に多量の免疫細胞に注意を向けさせるようにする。癌やエイズを効果的に破壊することはできないが、病気に冒された細胞とその元の両方の様相を変えることができる。そして、それらを効果的に根絶させるように、大量の免疫細胞を発生させることができる。病気を、我々が対処可能なものと似た状態にすることで、それを簡単に取り除けるようにするのである。
癌やエイズの自発的消失は、病気に冒された遺伝子を容易に認識・破壊させられるように仕向ける自然の感染に従う。IRTは、細胞治癒を確実にするために、病原性の無い有機物のみを利用し、通常の遺伝子材料を持った細胞であふれさせるというメカニズムを洗練させたものである。ウィルス自体の逆転写酵素を利用した多くのワクチンは、目標であるウィルスのDNA近辺に注射され、駆除される結果をもたらす。
例えば、次のケースは、おそらく最も治療が困難な肝臓癌である。別の場所からの転移で、ひとたび癌が肝臓に到達すると、非常に治療が困難となる。図1は、42歳女性の肝臓のCT画像である。上に丸で囲まれた黒い点は、患者が生まれ持って有する嚢胞である。左側の大きな黒い点が癌である。この癌は、患者には無害な死んだバクテリアの抽出液を使って、ブドウ球菌感染にくっ付けたものである。図2は、わずか2週間の治療で癌が消えたことを示している。

図1.治療前

図2.治療後2週間

数々の奇跡的治癒の例
図3は激しいウィルスの攻撃に会い、構造的に崩壊の危機のある細胞を示している。ウィルスは細胞質を通して小さな黒い粒子として見ることができる。この細胞は流動血球計算によって分離された部位の代表である。驚くべきことに、患者のプロテアーゼ共生生物は検知不可能なPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)を示した。この病気の進行を診断するために共通して利用される技術すら疑うことにもなるのだが、PCRレベルが20万を超える他の患者たちは、細胞内ウィルス粒子の数がより少なく、さらに効率的な免疫反応を示している。

図3. ワクチン投与前
いくつものウィルス粒子に感染したTリンパ球(T細胞)が、細胞質の中に小さな黒い円として見られる。細胞は冒されており、外側の細胞膜は不規則に破壊されている。

図4. ワクチンを投与後3日目
T細胞の細胞膜が、不定期なウィルスの輪(おそらくはリソゾームの形成を表す)と伴に、ウィルス粒子が減少し、より規則正しくなっている。

図4. ワクチン投与後6日目
細胞内のウィルス粒子の数が著しく減少している。リソゾーム又は他の細胞内の免疫・疾病拒否現象と考えられるが、破壊されつつあるウィルス粒子の周りに輪が現れる現象が見られる。

図5. ワクチン投与後9日目
細胞核内のワクチンの影響を表す核内の凝縮組織の成長が、ウィルス物質の駆除と細胞質のウィルスの除去を伴っている。細胞構造が正常に戻っている。

IRTは、心臓病を含む多くの病気に驚くべき治癒反応をもたらしている。図7、図8は、深刻な心臓病を経験したことのある、50歳の糖尿病患者の心電図である。わずか2日間の治療で心臓の機能が高まり、R波進行において改善が現れたことを示している。患者のトリグルセリド値は、3分の1に降下している。また、コレステロール値とグルコース値も改善している。遺伝子レベルで効果を発揮するIRTには限界がなく、炎症性の病気、ぜん息、多発性硬化症、尋常性狼蒼、慢性疲労症候群、関節炎、乾癬、痴呆等にも効果がある。

図7.治療前

図8.治療後2日目

図9は、小細胞の癌腫が脳にいくつも転移している状態を示している。図10は、2ヶ月の治療で癌腫が消えていることを示している。

図9.治療前

図10.治療後2ヶ月

図11は、22歳男性の胸部CT画像である。横隔膜の片側を貫く肝臓癌が、右側の肺を包み込んでいる。図12は、6週間の治療の後のCT画像で、肺を取り囲んでいた癌が消えていることが判る。

図11.治療前

図12.治療後6週間

図13は、ボディー・ビルディングを行う32歳女性の胸部レントゲン写真で、非ホジキンリンパ腫を煩っている。中央の大きな白い塊が癌である。彼女は約1週間の治療を受け、ほぼ癌が消えていることが図14から判る。

図13.治療前

図14.治療後1週間

図15は、乳癌に掛かった65歳の女性のレントゲン写真である。図16は、治療後10日後のレントゲン写真で、正常な状態に戻っている事がわかる。

図15.治療前

図16.治療後10日目

図17で、青い点は白血病の細胞である。これが1週間の治療で図18のように消失している様子が判る。

図17.治療前

図18.治療後1週間

未曾有の1000万ドル訴訟
2000年8月11日、ロサンゼルス連邦裁判所では、被告シーダース・サイナイ・メディカル・センター(以下CSMC)は原告サム・チャチューワ博士に対して約1000万ドルの支払いを命じる判決が言い渡された。
そもそも、そのような裁判が行われた背景として、次のような過去があった。
チャチューワ博士が独自の治療法で前立腺癌の治癒を実現したニュースが広まると、UCLAやCSMAの一流の研究者達はチャチューワ博士にアプローチして、癌やエイズに対して臨床実験を行いたいと申し出たのだ(のちに、南カリフォルニア大学もその実験・研究に関わっている)。
1994年秋より始められた試験においては、大きな成功を納めて、医学界より極めて好意的かつ積極的な反応を得る事が出来た。CSMCのエイズ・免疫異常センターの所長エリック・ダール博士は、「データを見ると、実験に使われた多くの血清サンプルが、感染を大いに抑制していることが判る」とコメントしている。UCLA医学部の教授ポール・テラサキ博士は、「大規模な実験が着手され、興味深い結果を出している」と記事にしている。また、同医学部のシュロモ・メルメッド博士は「興奮すべき治療機会を与える新しい世界」と評した。
さらに、コロラド大学、ストックホルム大学等の医療機関でも、チャチューワ博士の研究とワクチンの効果が、臨床実験を含めて十分確認されていた。そして、20世紀末までには、20世紀最大の発見をおさめた医学者として賞賛されるものと思っていた。
ところが、チャチューワ博士の名声が広まると同時に、災難も彼を襲うことになった。メキシコのあるクリニックが、チャチューワ博士の名前を利用して、ワクチンと称する偽物を販売し始めたのだ。現実には、そのクリニックは患者に水道水を高額で売りつけていた。しかし、数人の患者が死亡し、メキシコ政府にクレームが届くほどに事態は発展した。チャチューワ博士はそのクリニックを訴えて、最終的にはそのクリニックは営業停止に追い込まれたが、チャチューワ博士にとっては、大きな打撃であった。多額の訴訟費用を負担しただけではない。
それを切っ掛けに、UCLAとCSMCはチャチューワ博士との関係を一切否定し、チャチューワ博士の信頼性に問題があるとして、過去に行われた実験データすら否定する態度に出た。 ところが、最も悪質であったCSMCは、チャチューワ博士の研究を盗用して、病院側が独自に発見した研究内容として、彼の理論をジャーナルに掲載すら行っていた。そして、矛盾することではあるが、CSMC側は99%以上という驚異的な治癒率を誇った臨床実験のデータ公表を拒み、チャチューワ博士が開発したワクチンをすべて没収し、彼に返すことは行わなかった。

そこで、秘匿されたデータの公表、奪われたワクチン奪取、そして名誉回復のためにも、チャチューワ博士はCSMCを訴えたに至った。
現実には、矛盾だらけのCSMC側の対応が次々と暴露されたばかりか、チャチューワ博士のワクチンのお蔭で奇跡的に癒された患者達が証人になり、彼の信憑性が高まることとなった。判決は明らかであった。傍聴者の中には、病院側を悪魔呼ばわりして騒ぐ人も現れた。結局、チャチューワ博士は勝訴した訳だが、失うものの方が大きかったと言えるだろう。
大変な時間、お金、労力を掛けて開発した、最も効果の大きかったワクチンが無くなってしまい、一から製造を始めねばならない状況になった。開発には少なくとも数年は要する。もっと早い時期に臨床実験のデータが公表されて、チャチューワ博士の研究内容が普及していれば、今なお死者が多数出ている癌、エイズ患者ばかりでなく、その他不治の病を煩う人々の命が救えたはずである。これは、チャチューワ博士個人ばかりでなく、人類にとって甚大なる被害を与えた訳である。そのような意味において、1000万ドルの賠償金程度で済まされる問題ではなかった。チャチューワ博士は、いくつもの裁判を戦い抜いており、今なも他の裁判で、膨大な出費をしている。
チャチューワ博士が体験した災難は、過去に例のないユニークな研究を支持しないアカデミズムの世界と、効果のあり過ぎる治療法を歓迎できない巨大な医薬品業界からやってきた。その証拠に、チャチューワ博士の研究を支持してきた世界各地の医療機関が、突然口を揃えたように態度を一変させ、彼を非難した。当事者同士だけでなく、直接チャチューワ博士と関係の無い医療機関やニュース・メディアが一斉に彼を非難した。また、メキシコの移民局の役人は、何者かに金銭提供を受け、チャチューワ博士を拘留し、脅迫すら行った(のちにその役人は投獄されている)。
どうやら世界中に監視機関が存在し、効果のあり過ぎる治療法の発見や、歴史を覆すユニークな発見が行われると、そのような研究者の信用を落す手段が瞬時に講じられ、専門の研究機関はそれに関わらないよう通達を受ける現状があるようだ。そもそも、医学的大発見のニュースは、必ず大きな医療機関の研究者達からやってくる。チャチューワ博士のように、自らの努力で資金を得て、研究を続けてきた個人の発見がニュースになることはない。大きな医療機関自体が一種の監視機関に成り得ており、そのような機関に所属せずして、世界に研究成果を公表することすら困難な状況が存在するのは、まことに残念なことである。
今我々に必要なことは真実の情報が公開される事である。そして、チャチューワ博士に研究に専念させる環境を与えることである。これが現在最も必要なことであると考えるのは筆者だけではあるまい。
判決

※現在、サム・チャチューワ博士の消息が不明です。どなたか、連絡先をご存知の方がいらしたら、メール頂けましたら幸いです。
Back


ホーム 著書・訳書 記事&エッセイ 井戸端BBS 掲示板 旧掲示板 リンク
ライブトークについて: 利用法 音調整 利用規定 質問