現在位置 : asahi.com > 暮らし  > 暮らし一般  > 記事 ここから本文エリア

イエローカードで2億円増収、福岡県が自動車税収確保

2006年04月17日10時52分

 自動車税の徴収対策で、福岡県の「秘策」が効果をあげている。納税を促す催告書と、差し押さえ予告書を送付する封筒の色を、それぞれ黄色と赤色に変えたところ、効果てきめん。黄色の封筒で催告書を送った後の今年2、3月の税収は計12億4千万円と、昨年同期の2倍以上になった。同県の自動車税徴収率は都道府県で6年連続最下位。汚名返上は果たせるか。

写真

催告書を送る黄色の封筒(左)と、差し押さえ予告書を送る赤色の封筒

 同県によると、福島県の一つの事務所で赤色の封筒を送っている例はあるが、県全体で取り組むのは全国初という。黄色や赤色にしたのは注意を引くため。サッカーで「警告」を意味するイエローカードや「退場」に当たるレッドカードをイメージした。

 これまでも5月末の納付期限に間に合わなかった人には、督促状や催告書を送っていたが、茶色や青色の封筒では「また催告書か」と、簡単に捨てられるケースが少なくなかった。電話で督促しても「そんな封筒、見ていない」と言われることもしばしばだった。

 一方、色つき封筒の注目度は抜群だ。黄色の封筒に催告書を入れて1月31日付で約6万通発送したところ、直後から県に「驚いた」などと電話が殺到。催告書の内容も、これまでの「給与や預貯金等を差し押さえる場合があります」から「差し押さえに着手します」と、表現を強めたのも効果的だったようだ。

 黄色封筒でも納付しなかった滞納者には、赤色の封筒に入った差し押さえ予告書を、3月14日付で3万5千通発送。赤色という色に、70代の男性から「戦時中の召集令状を思い出す」と「苦情」もあったが、男性は最後には「県もよくやっている。支払う」と約束したという。「それだけインパクトがあった証拠」と県の担当者は話す。

 増収効果も目に見える形に。2月の税収は7億3千万円。黄色封筒の効果で、昨年の約6倍と大幅アップした。赤色封筒を送った3月の税収も昨年より5千万円増の5億1千万円。2カ月の納税件数は昨年に比べて計2万件伸びて、税収は倍になった。

 県が自動車税対策に取り組むのには訳がある。自動車税の徴収率が6年連続最下位だからだ。04年度は、課税額645億5千万円に対し、実際に納付されたのは619億8千万円。納税率は96.01%で、全国ベースの98.08%を下回る。

 昨年4月に滞納整理の部署に50人の「自動車税係」を新設。自動車税の滞納でも給料などを差し押さえる方針だ。県の担当者は「自動車税は年間3万5千〜4万円程度だが、身近な税金で県が厳しく徴収に臨んでいることをアピールできる」と話している。(蔵前勝久)

PR情報


この記事の関連情報


暮らし

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

特集

朝日オープン将棋 写真特集
五番勝負第2局の写真はこちらからご覧いただけます。
住まい家を飾るキャンバス
ショッピングTVで活躍、盆栽店の女店長
健康エンバーミングに関心高まる
教育ダイヤモンドなぜ硬い
BOOK「とにかく好き」 古本通
将棋羽生三冠らが挑戦者決定戦へnew
beパチンコ30兆円の行方
今日の朝刊天声人語が読める
就職・転職超自然体、菱山裕子さん
トラベル自治体「るるぶ」出版相次ぐ
愛車アテンザ100万台突破記念new
デジタルワンセグ効果?携帯DVD加速
囲碁棋聖戦リーグ最終予選大詰め
中国特集胡錦涛氏、スタバ大好き?
クラブA&A花おりおりDVDを割引価格で
サイエンス一家に1枚ヒトゲノムマップ

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.