eiga.com
 今月のお知らせ メールニュースの申し込み スタッフ募集
   
最新のランキング
これまでのランキング

 2006年
 2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年


メールニュース申し込み

トップ10速報
過去のランキングが1年まるごとご覧いただけるようになりました。去年ヒットした 映画は? とふと疑問に思ったときに便利です。最新ランキングと併せてお使いください。毎週火曜日更新。

トップ10速報 5月16日更新
毎週火曜日更新
全米、および国内のボックスオフィス速報
駒井尚文 (編集部)
全米ボックスオフィス速報 国内はこちら
5月16日発表  (毎週火曜日アップデート)
全米週末興行成績 2006年5月12日〜14日
(金額・順位は確定後のもの)
今週
順位
先週 タイトル/邦題 配給(日本配給) スクリーン数 上映
週末の興収($) 累計興収($)
1 1 Mission: Impossible III
「M:i:III」
Paramount
(UIP)
4059 2 25,008,971 85,100,142
2 Poseidon
「ポセイドン」
Warner Bros.
(ワーナー)
3555 1 22,155,410 22,155,410
3 2 RV
Columbia 3536 3 9,950,858 43,271,427
4 Just My Luck 20th Century Fox 2541 1 5,692,285 5,692,285
5 3 An American Haunting Freestyle Releasing 1703 2 3,564,379 10,814,081
6 5 United 93
「ユナイテッド93」
Universal
(UIP)
1871 3 3,508,125 25,555,100
7 4 Stick It
Touchstone/Spyglass 2009 2 3,166,426 22,145,314
8 6 Ice Age: The Meltdown
「アイス・エイジ2」
20th Century Fox
(フォックス)
1879 7 3,150,490 187,570,805
9 9 Akeelah and the Bee
 Lions Gate Films
1176 3 2,403,420 14,008,069
10 10 Hoot
New Line Cinema
3018 2 2,292,677 6,380,246

■「ポセイドン」期待はずれの2位。リンジーの新作は4位デビュー

2週目に入った今年のサマーシーズンは、意外にも「M:i:III」が約2500万ドルの成績で首位をキープした。「M:i:III」は10日間の累計で約8500万ドルを稼いでいるが、19日に「ダ・ヴィンチ・コード」、26日に「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」、そして6月にはサッカーW杯も控えているため、向こう1カ月はさらに厳しい戦いが予想される。このため「ミッション:インポッシブル」(約1億8100万ドル)、「M:I-2」(約2億1500万ドル)の成績を超えることはほぼインポッシブルということになりそうだ。そして、今週さらに奮わなかったのが2位の「ポセイドン」。72年に公開されたディザスター・ムービーの先駆け「ポセイドン・アドベンチャー」を「パーフェクト・ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン監督が製作費1億4000万ドルでリメイクした超大作だが、週末3日間の成績はわずか2215万ドル。キャストはカート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、リチャード・ドレイファス、エミー・ロッサムら。批評家受けもそれほど芳しくなく、転覆から沈没まではあっという間かもしれない。4位の「ジャスト・マイ・ラック」はリンジー・ローハン主演のラブコメ。オープニングで550万ドルの興収は辛いだろう。監督は「デンジャラス・ビューティー」のドナルド・ペトリ。来週はいよいよ「ダ・ヴィンチ・コード」が公開される。

国内ボックスオフィス速報 全米はこちら
5月16日発表  (毎週火曜日アップデート)
全国週末興行成績 2006年5月13日&14日
(全国動員集計) 興行通信社提供
今週
順位
先週 タイトル 配給 公開劇場 上映
1 1 LIMIT OF LOVE/海猿 東宝 日劇2ほか東宝系 2
2 明日の記憶 東映 丸の内TOEI1ほか東映系 1
3 2 名探偵コナン/探偵たちの鎮魂歌 東宝 有楽座ほか東宝系 5
4 ナイロビの蜂 ギャガ 丸の内プラゼールほか松竹・東急系 1
5 4 チェケラッチョ!! 東宝 TOHOシネマズ六本木ヒルズほか東宝系 3
6 3 アイス・エイジ2 フォックス 日比谷スカラ座ほか東宝系 3
7 2 クレヨンしんちゃん/伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! 東宝 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋ほか 5
8 ピンクパンサー フォックス みゆき座ほか東宝系 1
9 アンジェラ アスミック 丸の内ピカデリー1ほか松竹・東急系 1
10 テニスの王子様 松竹 渋谷Q-AXシネマほか 1

■渡辺謙「明日の記憶」が大奮闘の2位。「ナイロビの蜂」が4位

主演とプロデューサーを兼ねる渡辺謙が、宣伝に八面六臂の大活躍を見せた甲斐あって、「明日の記憶」が絶好調のスタートを切った。初日・2日目の成績は、動員が17万2700人、興収が2億600万円と「半落ち」(興収19億円)の134%という立派なもの。「北の零年」(興収27億円)対比では81%で、最終興収は20億円以上が確実との見方だ。4位には「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のメジャーデビュー作品「ナイロビの蜂」がランクイン。「オーラの泉」でおなじみ江原啓之のTVスポットも、まずまず効果があったということか? 丸の内プラゼール・チェーンでの公開は、作品の佇まいからするとややオーバースペックにも見えたが、初日・2日目の動員は7万8000人、興収1億円強となかなかの健闘を見せている。まずは興収10億円をクリアしたい。その他8位には「ピンクパンサー」、9位に「アンジェラ」、10位に「テニスの王子様」と、新作がさらに3本ランクイン。また、圏外ながら「間宮兄弟」が恵比寿ガーデンシネマの記録を更新するほどの大入りを見せたそうだ。さて、いよいよ今週末は「ダ・ヴィンチ・コード」が公開となる。初登場1位は確実なところだが、どれほどインパクトのある数字で飛び出すか。注目したい。


ホーム | お問い合わせ | eiga.comについて | 編集部より

© eiga.com inc. All rights reserved.

FROM HOLLYWOOD CAFE 掲示板 映画業界用語事典 リンク集 話題作超先取り 新作映画評 リアルタイム投票 ニュース&噂 トップ10速報 注目作特集 独占試写会