新潟の最大手CATV局 上越ケーブル 民法が地デジ再送信申請を拒否    [2006年4月17日]


 JCVは、新潟県内で放送とインターネットサービスを行っている県内最大手のCATV事業者で、放送サービスには、4月1日現在で3万7000世帯が加入している。JCVは県内で唯一、テレビ東京の受信点を持っており、86年の設立時から、同局のアナログ放送再送信を開始している。
 4月1日からは、県内でNHKと新潟放送(TBS系列)、新潟総合テレビ(フジテレビ系列)が地上デジタル放送を開始したことに伴い、各局の同意の下に地上デジタルの再送信を開始する予定だった。しかし、この再送信については、区域内再送信にもかかわらず県内民放の賛同が得られていない。新潟放送と新潟総合テレビに対して行った再送信申請はいずれも拒否され、10月から開始予定のテレビ新潟放送網(日本テレビ系列)、新潟テレビ21(テレビ朝日系列)からも再送信を認めない旨が伝えられた。



(詳細は映像新聞4月17号、1、3面)



記事一覧へ戻る back_to_HOME<a href=

VISUAL COMMUNICATION JOURNAL THE EIZO SHIMBUN
Copyright Eizo Shimbun, Inc. 映像新聞社