聖地巡礼レポート「ひぐらしのなく頃に 背景探索編」


らすとあっぷでーと:6月19日



対象作品:『ひぐらしのなく頃に』(07th Expansion
聖地名:岐阜県白川郷
訪問日時:2005.06.11〜12
聖地まで行くのにかかる時間:東京から車でおよそ6時間

同行者:IDさん

一日目
二日目


一日目

 今回は『ひぐらしのなく頃に』の舞台となっている雛見沢という村のモデル、白川郷への聖地巡礼の旅のレポートです。IDさんとチャットで出発日の5日位前に話してそのまま出発するという、なかなか素敵な即決旅行でした。ただ、そのせいで事前の下調べが甘く、後ほど苦労することになるのですが……。
 6月は正に『ひぐらしのなく頃に』の季節。きっと綿流しをそこらでやっているはずです。布団も叩きますよ。えいえい。よそ者ということで祟り対象にならない事を祈るばかりです。

道の駅 align="center"

 はるばる東京から6時間かけて着きましたが、ちょっと天気悪いです。これでも台風のようだった富山付近に比べればマシなんですが……。ちょっと先行き不安です。

だむだむ align="center"

 とりあえず、持っていった資料(他の方の聖地レポを印刷したもの)を見て、一番分かりやすかった御母衣ダムに行きました。ここはひぐらし内で出てきたダム開発計画のモデルになった所だそうで。ただ、雨と風が強過ぎて傘が折れました(;´Д`)
 結局、資料とばっちり合う場所は見つけられませんでした。うーん。

 御母衣ダムの行き方……国道156号線を進んでいけばあります。白川郷の中心、合掌造り集落から車で20分程度。ダムサイドパークを抜けてトンネルに入ると途中に分岐する道があります。トンネル内で道が見難いので注意。

はんたーい! align="center"

 ダムの近くにあるダムサイドパーク、電力館に行きました。無料なので寄りました。中に「御母衣ダム絶対反対期成同盟死守会」の話が書いてあるパネルがありました。御母衣ダム建設の際にこのようなダム建設反対団体が作られたそうで。これがひぐらし内で出てくる「鬼ヶ淵死守同盟」の元ネタとか何とか……。でも死守会の努力の甲斐もなく、ダムは作られたわけですが。パネルを見ると“村人の約8割が会員となって”とあります。んー、北条家みたいなパターンもあったのかもなぁ。

綿流しですーにぱー☆ align="center"

 ダムの近くで元ネタスポットを見つけられないので(GSで店員のおばちゃんに「吊り橋〔祟殺し編で沙都子と話すシーンのやつ〕ないですかね?」と聞くもさっぱり分からないようでした)合掌造り集落内方面に戻り、古手神社の元ネタと思われる白川八幡神社へ。意外に狭いなぁ……という印象です。雨な上にこれといって見るものもないからか、閑散としていました。

 白川八幡神社への行き方……合掌造り集落内にあります。神社内に「どぶろく祭りの館」という施設があって有名なようです。ガイドマップなどを参照して下さい。

赤い橋は何処だ? align="center"

 どうしても吊り橋が見つからず、多分これでは?と思って結局別物だった吊り橋。いくらなんでもこんなに朽ちていなかった(笑)もう使われていないので近寄るのも大変でした。

 偽吊り橋への行き方……合掌造り集落内にあります。であい橋という観光用の橋の入り口脇から川沿いに降りられる小さな階段があるのでそこを下りて白川郷ICのある方向に5分くらい歩くとあります。

 ……という辺りで雨がかなりつらくなり、また時間も遅くなってきたのでこの日の探索終了。宿へ。

 ちなみにですが、白川郷の合掌造り集落の辺りは大きな宿泊施設があんまりありません。民宿はたくさんありますが。宿がたくさんあるのは隣の平瀬温泉の一帯です。ここも白川村の一部ではあります。泊まったお宿は白山館という所でしたが、囲炉裏でイワナを焼いたりしてご飯が美味しかったです。あとあと、イワナの焼き魚にしたやつを熱燗に入れて飲む「こちざけ」というのがとても美味しくて四合飲んでしまったです(^^ゞ
 帰ってきてから知ったのですが、白川郷ICから国道156号線を合掌造り集落方面に進み、橋があるのでそこを左折した所にある蕎麦屋やまこしが前原家のモデルになっているそうです。さらに宿泊も出来るらしいのでここに泊まるのもいいのでは、と思います。

二日目

晴れた!

ピーカン align="center"

 というわけで昨日も行ったダムですよ。昨日発見できなかった背景は……。

あった!

ダム建設反対! align="center"

 もう完成しているダムの前で抗議しても……。ちなみに抗議しているのはトミー(富竹ジロウ)です。
 トミーとは、ジャケットの右から2番目の人です。それにしても最初に撮った写真が後ろ姿なのは悔やまれます。カメラマンは自分が被写体となると無頓着ですね。

ケンタッキーは無い align="center"

 レナさんがお宝を探していたと思われる所……。つーか、ダムのゴミ溜まり。

碑 align="center"

 近くにあった記念碑もついでに。

喉が苦しいよぉ align="center"

 一気にダムから戻って合掌造り集落も過ぎ、しばらく行くと白川診療所。もちろん入江診療所モデルですね。トミーは喉が苦しいらしく掻き毟っていました。日曜は休診でした。

 白川診療所への行き方……国道156号線を走っていればまず間違いなく見つけられるはず。白川郷ICから合掌造り集落へ行く途中の道です。数少ない信号がある所なので分かりやすい。

タイトル align="center"

 タイトル画面で使われた展望台へ。良い景色……というか、もうタイムスリップぽいですよ。

記念写真ぽく

 タイトルをバックに、気合を入れるトミー。これからの惨劇も知らずに……。

 展望台(萩町城跡)への行き方……国道156号線途中、白川診療所の近くから展望台へ行く道があります。車でも登れます。

ココハドコ?

 白川郷ICから合掌造り集落とは逆方向に走って、トンネルに入らずに脇道に入ってみたりしたら……落石がゴロゴロしているような荒地に来てしまった(>_<)

前原さんの大邸宅

 主人公の前原さんちです。すごく探し回りました。モデルはクリーンセンターという公共施設です。処理場らしいです。宿の人に「クリーンセンターってありますか?」と聞いたら「……処理場を見に行くんですか?」とかなり怪しまれました。

 白川クリーンセンターへの行き方……白川郷IC近く、道の駅のすぐ裏です。国道156号線から見えます。隣町にも平瀬クリーンセンターがありまして、似た感じの建物ですが別物です。

DASH!

ピンポンダッシュを仕掛けるトミー。

侵入

 飯島八幡神社。宝物殿のモデルでーす。忍び込もうとするトミー。そんなことしているから……。

 飯島八幡神社への行き方……白川郷IC近く、道の駅の国道挟んで向かい側です。

嘘だッ!

 「嘘だッ!」道です。ここを探すのは大変苦労しました……。合掌造り集落内だったのは分かるんですが、かなり人の来ないような所なんですよ。嬉しさの余り、レナさんっぽく叫んでみたトミー。

ボロ屋

 梨花・沙都子の住んでいる家。なかなかボロい感じです。とりあえずご案内モードのトミー。

にーにー!

 沙都子の元々住んでいた家……北条家。というわけで苛められて泣いているトミー。にーにー!

 嘘だッ!道、梨花・沙都子の家、北条家への行き方……合掌造り集落内です。徒歩で展望台へ行く道の入り口手前。集落中心からは割と外れています。和田家が近いと言えば近い。ちなみにこの三つはほぼ同じ場所にあります。

にーにー!

 園崎家への途中だか、主人公が轢かれかけた所だか……らしい場所。写真はお呼び出しを食らって元気に向かうトミー。

 よく分からない(笑)あぜ道への行き方……合掌造り集落内です。北条家モデルの家から国道156号線に向かう道の途中。家が少ない田んぼのような所です。

改装

 園崎家モデルの家は事前に聞いていた通り、屋根の葺き替え中でした。和田家という所です。

 和田家への行き方……合掌造り集落内です。ガイドブック見れば書いてあります。国道156号線から見えます。

そして拷問部屋へ……。

 園崎家の庭みたいな所。綿流し編の終盤の辺りで出てくるのが有名かな。で、園崎さんの所に向かうので楽しそうなトミー。数日後に死体になって帰ります。

 合掌造り民家園への行き方……合掌造り集落内です。ガイドブック見れば書いてあります。"であい橋"を渡った向こう側。

ばいばい

 というわけでいかがだったでしょうか。実はまだいくつか背景元ネタがあったようです。下調べが不足していたなぁ。今度来る事があったらもっとちゃんと調べて期待と思いますよ!というわけで、どぶろくアイスという酒臭いアイスを食べながら無邪気にブランコに乗るトミーと共に
さようならぁ〜〜〜!

参考サイト

IDさんの白川郷レポ1日目
IDさんの白川郷レポ2日目

追伸

 このレポートを上げた、6月19日は綿流し祭の日らしいですよ……。

聖地巡礼ページに戻る

ほ〜む