冠婚葬祭マナーガイド
祝電の打ち方・スピーチのポイント


披露宴に招待されたら

式や披露宴に招待されたら、まず返事をすぐに送りましょう。返信用ハガキの場合、「御住所」の「御」「御芳名」の「御芳」表面の「○○行」の「行」を線で消します。出席の場合、「喜んで○○させて戴きます」などと続け、お祝いの言葉を添えましょう。欠席の場合は、お祝いの言葉と、お詫びの言葉を添えましょう。欠席理由については病気や、事故、その他不幸の時は「やむを得ない事情で」と、理由は明記しないほうがいいでしょう。代理人は、先方から申し出がない限りしません。

祝電の打ち方

披露宴に招待されなかったり、欠席するときは、祝電を打ちます。お祝い電報は、配達日(披露宴の日)の10日前から申し込めます。電報用紙もカラフルなものや、音の出るものなど、数多くの種類があるので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。披露宴会場に打つ場合は、会場の住所を調べておくことはもちろんですが、広い会場(例えばホテルなど)のときは、会場名や日時、始まる時間など間違えないようにしましょう。せっかくの気持ちが届かないのは残念です。できるだけオリジナリティのあるものがよいのですが、電話帳に出ている文例を利用するのもいいでしょう。文例に自分の言葉を加えることもできます。

スピーチのポイント

スピーチのポイントは、ダラダラしないように短くまとめること。次に自分の立場をわきまえること。そして、誰が聞いてもわかりやすいことがあげられます。披露宴などの規模や形式にもよりますが、内輪受けしかしないような話(例えば、新郎の学生時代の友人しか分からないようなもの)はやめましょう。また、明るい話題はよいのですが、必要以上に茶化すのはやめましょう。新郎新婦の過去の恋愛話なども、相手側の親族はいい気持ちがしませんから、しないのが常識です。自分は冗談のつもりでも、何も知らない人が聞いたら冗談になっていないことはよくあります。相手に恥をかかす様なことがないようにしましょう。

スピーチの流れ

スピーチの流れとしては、

  1. 簡単な自己紹介……新郎(新婦)の友人であるとか、同僚であるとか。
  2. お祝いの言葉……新郎新婦、ご親族などに対してのご挨拶。
  3. エピソード……新郎新婦にまつわるエピソードで、それに対する自分の感想も。
  4. 祝福と将来をたたえる言葉……友人や同僚ならではのお祝いの言葉。
  5. 二人への励まし……これからは二人で…。
以上の点を注意して原稿用紙2〜3枚にまとめます。だいたい原稿用紙1枚が1分です。

スピーチの成功の秘訣

スピーチを成功させるには、まず口に出して読んでみましょう。書いているときは気がつかない文の流れの良し悪しが分かります。何回も練習して、当日は箇条書きにしたメモを持つ程度にしましょう。原稿を棒読みしたのでは雰囲気があまり良くありません。また、 「別れる/切れる」等の「忌み言葉」が入っていないかは、原稿の段階でチェックします。 心配なときは、目上の方に一度スピーチを聴いてもらいましょう。当日、「忌み言葉」を言ってしまって、慌てて訂正をすると気づかなかった人にも意識させてしまうので、そのまま続ける方がいいでしょう。呼ばれたら、深呼吸をして心を落ちつけましょう。また、スピーチの順番を司会者に聞いておくのもポイントです。

スピーチの落とし穴

励ましやアドバイスをするのは良いのですが、あまり説教めいた口調にならないように気を付けましょう。特に同年輩の友人や同僚、まだ結婚していない人が教訓めいた話をするのは、新郎新婦やご親族、列席者などにおかしな印象を与えてしまいます。冗談混じりのスピーチは、笑いも多いので好まれますが、新郎新婦の昔の暴露話や、会社の宣伝または悪口などは誤解を招く恐れもあり、冗談ではすまなくなることもあるので、なるべくなら控えたほうがよいでしょう。


Copyright (C) , THE DAI-ICHI MUTUAL LIFE INSURANCE COMPANY All rights reserved.